リテイルネットワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社リテイルネットワークス
Retail Networks Co., Ltd.
NakameguroGT tower.JPG
かつてリテイルネットワークスが入居していた
中目黒GTタワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
153-8925
東京都目黒区上目黒二丁目1番1号中目黒GTタワー8階
設立 2002年4月1日
業種 小売業
事業内容 日本国内におけるディズニーストアの経営・運営
代表者 ポール・キャンドランド(代表取締役
資本金 8億4,400万円(2010年3月31日時点)
売上高 157億1,900万円(2010年3月期)
営業利益 1,900万円(2010年3月期)
純利益 △3億9,200万円(2010年3月期)
純資産 21億4,000万円(2010年3月31日時点)
総資産 78億8,600万円(2010年3月31日時点)
従業員数 246人(2009年12月31日時点)
(他に、契約社員287人、アルバイト949人)
主要株主 ウォルト・ディズニー・ジャパン 100%
外部リンク https://store.disney.co.jp/
特記事項:2010年7月にウォルト・ディズニー・ジャパンへ吸収合併され解散
テンプレートを表示

株式会社リテイルネットワークスは、かつて日本国内においてディズニーストアを経営・運営した会社。

2010年3月までは、オリエンタルランドグループ・京成電鉄グループの企業の一つであったが、同年4月にウォルト・ディズニー・ジャパンの子会社となり、同年7月に同社に吸収合併され解散した。

概説[編集]

前身となる企業は、1991年5月設立のディズニー・ストア・ジャパン株式会社で、1992年8月より日本におけるディズニーストアの展開を行ってきた。同社は、2000年4月に、他のディズニーグループ3社と合併してウォルト・ディズニー・インターナショナル・ジャパン株式会社(現在のウォルト・ディズニー・ジャパン)となる。

2002年4月に、ディズニーストア事業をオリエンタルランドに譲渡する目的で、ウォルト・ディズニー・インターナショナル・ジャパンが会社分割を行い、ディズニーストア事業を行う子会社株式会社リテイルネットワークスを設立し、株式譲渡によりオリエンタルランドの完全子会社となる。

2004年3月期に、売上高247億円、営業利益40億円でピークを迎えて以降は低迷し、2007年3月期には営業赤字となった。そのため、2010年3月31日に、親会社であったオリエンタルランドが、リテイルネットワークスの全株式をウォルト・ディズニー・ジャパンに売却して、ディズニーストア事業から撤退した。

沿革[編集]

  • 2002年4月1日 - ウォルト・ディズニー・インターナショナル・ジャパン株式会社の会社分割により、同社の100%出資子会社として設立。
    ディズニーから日本国内に於けるディズニーストア事業を行う会社として分社化およびライセンスが付与され、同時に全株式をオリエンタルランドに売却し、同社の完全子会社となった。
  • 2010年3月31日 - オリエンタルランドが、全株式をウォルト・ディズニー・ジャパンに売却し、同社の完全子会社となる。
    • 7月20日 - ウォルト・ディズニー・ジャパンが吸収合併し、リテイルネットワークスは解散する旨を官報公告