リディル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リディル
Ridill(horse)20111029(1).jpg
英字表記 Ridill
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2007年5月8日
登録日 2009年7月16日
抹消日 2012年11月23日
アグネスタキオン
エリモピクシー
母の父 ダンシングブレーヴ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 ノースヒルズマネジメント
馬主 前田幸治
調教師 橋口弘次郎栗東
競走成績
生涯成績 12戦5勝
獲得賞金 1億6557万1000円
テンプレートを表示

リディル日本競走馬。おもな勝ち鞍は2009年デイリー杯2歳ステークス2011年スワンステークス

馬名の由来は北欧神話に出てくる剣名リジルから。母はエリモシック全妹で現役時代7勝を挙げたエリモピクシー。

経歴[編集]

2009年(2歳)- 2010年(3歳)[編集]

2009年8月23日小倉競馬場の新馬戦(芝1800メートル)でデビュー。2番人気の支持を受けたが、パドックで馬っ気を出すなどし、7着に終わる。鞍上に小牧太を迎えての未勝利戦では、やや評価を落とした2番人気ながらも好位から抜け出し初勝利を挙げる。

3戦目は10月17日デイリー杯2歳ステークスに出走し1番人気に支持される。レースでは直線大外からの末脚(上がり3ハロン33秒8)で、ゴール前でエイシンアポロンを捕らえ重賞初制覇。次走は朝日杯フューチュリティステークスを予定していたが、11月13日に放牧先の鳥取県・大山ヒルズで左第1趾骨複骨折を発症し、11月16日に栗東トレーニングセンター競走馬診療所で螺子固定術による整復手術が行われた[1][2]。全治まで1年以上かかり、2010年を棒に振った[2]

2011年(4歳)[編集]

スワンステークス

ニューイヤーステークスに登録を行ったものの除外され、白富士ステークスで復帰[3]し2着、洛陽ステークスでも2着となった。大阪杯では先団を追走したが直線で伸びあぐねて8着に終わった。谷川岳ステークスでは3番手に付けると、残り400mあたりで先頭に立ち後続の追撃を振り切って勝利した。次走の安田記念では中団追走も直線で伸び切れず7着に終わった。米子ステークスでは好スタートから押し出されるように先頭に立つが、3番手に下げると直線で前を捕らえ、最後に大外から伸びたスピリタスを3/4馬身差しのぎ勝利した。スワンステークスでは道中好位を追走すると、直線で逃げ粘るジョーカプチーノを捕らえ1馬身1/4差をつけて快勝した。本番のマイルチャンピオンシップは好位集団でレースを進めたが引っ掛かってしまい14着と大敗した。阪神カップでは好位に控えたが直線で伸びず11着に終わった。

2012年は2月に左前脚球節炎を発症[4]したこともあり一度も出走せず、11月23日に競走馬登録を抹消された。引退後は福島県南相馬市の大瀧馬事苑で乗馬となる[5]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬)
2009.08.23 小倉 2歳新馬 芝1800m(良) 12 04.5(02人) 07着 1:51.0 (35.4) -0.8 幸英明 54 リルダヴァル
0000.09.13 阪神 2歳未勝利 芝1600m(稍) 16 06.8(02人) 01着 1:34.8 (34.6) -0.3 小牧太 54 (フォースフルバイオ)
0000.10.17 京都 デイリー杯2歳S JpnII 芝1600m(良) 13 02.9(01人) 01着 1:33.7 (33.8) -0.0 小牧太 55 エイシンアポロン
2011.01.29 東京 白富士S OP 芝2000m(良) 10 06.2(03人) 02着 2:01.1 (33.3) -0.0 内田博幸 55 カリバーン
0000.02.20 京都 洛陽S OP 芝1600m(稍) 16 01.7(01人) 02着 1:35.3 (36.4) -0.7 小牧太 56 キングストリート
0000.04.03 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(良) 15 13.9(06人) 08着 1:58.6 (35.4) -0.8 武豊 57 ヒルノダムール
0000.05.01 新潟 谷川岳S OP 芝1600m(稍) 15 03.0(01人) 01着 1:32.8 (34.1) -0.2 中舘英二 56 (スズジュピター)
0000.06.05 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 34.2(12人) 07着 1:32.3 (34.3) -0.3 中舘英二 58 リアルインパクト
0000.07.03 京都 米子S OP 芝1600m(良) 11 01.5(01人) 01着 1:33.3 (33.3) -0.1 小牧太 56 (スピリタス)
0000.10.29 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 18 03.1(01人) 01着 1:19.4 (33.6) -0.2 小牧太 57 ジョーカプチーノ
0000.11.20 京都 マイルCS GI 芝1600m(稍) 18 04.5(02人) 14着 1:35.0 (36.1) -1.1 小牧太 57 エイシンアポロン
0000.12.17 阪神 阪神C GII 芝1400m(良) 18 04.7(02人) 11着 1:21.5 (35.9) -1.0 小牧太 57 サンカルロ

血統[編集]

リディル血統サンデーサイレンス系 / 5代目までに生じたクロスなし

アグネスタキオン
1998 栗毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アグネスフローラ
1987 鹿毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー *リマンド
イコマエイカン

エリモピクシー
1998 鹿毛
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
1983 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
エリモシューテング
1984 黒鹿毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
*デプグリーフ Vaguely Noble
*デプス F-No.9-f

脚注[編集]

  1. ^ リディルが放牧先で骨折”. netkeiba (2009年11月18日). 2009年11月18日閲覧。
  2. ^ a b 大ショック!クラシック候補リディル全治1年”. スポニチ (2009年11月19日). 2009年11月19日閲覧。
  3. ^ ダノンシャンティの復帰2戦目は京都記念に決定”. umajin (2011年1月18日). 2011年1月23日閲覧。
  4. ^ リディル左前脚球節炎で秋まで休養”. 日刊スポーツ (2012年2月29日). 2012年11月23日閲覧。
  5. ^ リディル号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2012年11月23日). 2012年11月23日閲覧。