リトポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

リトポン(Lithopone)は、硫酸バリウム硫化亜鉛の混合物である白色顔料である。室内塗料琺瑯に用いられる[1]。白色塗料に広く用いられている。

歴史[編集]

Krebs Pigments and Chemical Company社やその他の会社によって製造された[2]。硫化亜鉛の割合を変えることによって、異なった封が付けられた。金の封と銅の封は40から50%の硫化亜鉛を含み、隠蔽力や強度がより強い[3][4]

性質[編集]

良い手触りの鮮明な白色で鉛白にまさった[5]アマニ油ワニス等の油とよく混ざり、日光が当たると素早く灰色に変化し、暗いところでは白色に戻った。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gerhard Auer, Peter Woditsch, Axel Westerhaus, Jürgen Kischkewitz, Wolf-Dieter Griebler and Marcel Liedekerke "Pigments, Inorganic, 2. White Pigments" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2009, Wiley-VCH, Weinheim. doi:10.1002/14356007.n20_n01
  2. ^ Krebs Pigment & Chemical Company”. DuPont. 2011年10月24日閲覧。 “Founded in 1902 by Henrick J. Krebs, Krebs Pigments and Chemical Company produced lithopone, a widely used white paint pigment also manufactured by DuPont. But Krebs' company had another asset of special interest to DuPont. ...”
  3. ^ Booge, J. E. (1929). Lithopone Composition and Process of Making Same. 
  4. ^ Lithopone. (2010). 
  5. ^ W. J. O'Brien (1915). “A Study of Lithopone”. Journal of Physical Chemistry 19: 113–144. doi:10.1021/j150155a002.