リトルツインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

リトルツインズ(Little Twins)は、リトルツインズ・プロジェクト製作のアニメ作品。リトルツインズ・プロジェクトとは、ヒーロー・コミュニケーションズ、バンダイ(92年10月以降はバンダイビジュアル)、東映動画ケイエスエスの4社からなる製作委員会。

コロックル島に住む小人たちの生活を描いた作品で、チフル(妹)とタフル(兄)の双子の小人が主人公。

概要[編集]

まず、1992年7月23日にOVAとして発売された。当時のOVAは制作スタッフを売りにすることが多かったが、この作品は、『とんがり帽子のメモル』の美術担当である土田勇の作品というのが宣伝文句になっていた。メモル同様、メインキャラクターが小人である。OVAは夏・冬・春・秋と4部構成で、各部が3巻の計12巻。翌1993年まで掛けて発売された。どれも一話完結形式になっている。

また、1992年6月には「夏休みマンガまつり」の一作として劇場版アニメリトルツインズ ぼくらの夏が飛んでいく』が全国松竹洋画系にて公開された。同時上映は『花の魔法使いマリーベル フェニックスのかぎ』、『楽しいムーミン一家 ムーミン谷の彗星』で、3本立てだった。

1993年9月〜12月に、テレビ東京系で月曜18時からテレビアニメとして放送されるが、これは、それまでに発表されたOVAと劇場版の計13話をテレビアニメとして再構成して放送したものである。OVAの発売順序は季節の移り変わりの順になっていなかったので、これを時系列順に並び替えて話数を振り直している。このテレビ版は1997年NHK BS2でも再放送された。

アニメ以外では、「リトルツインズものがたり」というシリーズ名で、土田勇による絵本がフレーベル館より発売された。『みちくさのてんさい』『こわれたカヤのす』『きえたあしあと』『ちいさなまいご』の4冊で、これもそれぞれ4つの季節のお話となっている。この他、アニメ版絵本13冊(アニメ各話に対応)もある。

また、C・W・ニコルによる朗読CDや、チフルとタフルのキャラクター商品もいくつか発売された。

キャスト[編集]

主役2人の声優は共に当時12歳だった。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

以下に挙げるのはテレビ版の放送順序。第7話が劇場版由来の話で、その他がOVA由来の話。全13話。

  1. 森の神様 フォーラボー
  2. 風の吹く日の侵入者
  3. なんて素敵なプレゼント
  4. 飛べ! グルー
  5. 祭の夜 オスカが呼ぶ
  6. 湖が吠えた日
  7. ぼくらの夏が飛んでいく
  8. 笛の音は秋風にのって…
  9. フェアリーリングの真ん中で
  10. 感謝祭の夜のできごと…
  11. オスカが家にやって来た
  12. 明日 天気になあれ…
  13. 旅立ち
テレビ東京系 月曜18:00枠(テレビせとうち制作枠)
前番組 番組名 次番組
リトルツインズ