リトル・チャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リトル・チャイルド
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年9月11日12日10月3日
ジャンル ロックンロール
時間 149 (monaural version)
1分46秒 (stereo version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

リトル・チャイルド」(Little Child)はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のA面5曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作品で、当初はリンゴ・スターのボーカル曲として書かれていた。しかし、アルバムにおけるリンゴのボーカル曲は最終的に「彼氏になりたい」に変わることとなった[1]

歌詞にある「I'm so sad and lonely」というフレーズは、エルトン・ヘイズの楽曲「Whistle My Love」からの引用[2]

この曲は3回のセッションで録音されており、1963年9月11日に2テイク録音され、翌日に16テイク録音されて、ポール・マッカートニーによるピアノジョン・レノンハーモニカがオーバー・ダビングされた[3]10月3日には新たに3テイク録音されて完成となった。

ステレオ・ミックスは、ジョンによるハーモニカ・ソロが左右にパンするアレンジになっている。

プレイヤー[編集]

※出典[1]

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 96. ISBN 1-84413-828-3. 
  2. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. p. 153. ISBN 0-8050-5249-6. 
  3. ^ "Little Child" by The Beatles. The in-depth story behind the songs of the Beatles. Recording History. Songwriting History. Song Structure and Style”. Beatles Music History. The in-depth story behind the songs of the Beatles. Recording History. Songwriting History. Song Structure and Style. (1963年9月11日). 2018年9月2日閲覧。