リバー産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リバー産業株式会社
ロゴ
大阪御堂筋ビル.JPG
リバー産業株式会社大阪本店
種類 株式会社[1]
本社所在地 日本の旗 日本
596-8555
大阪府岸和田市沼町2-1
本店所在地 541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3
大阪御堂筋ビル2階
設立 1966年4月
業種 不動産業
事業内容 分譲マンション・戸建住宅の企画・設計・開発・建設・販売等
代表者 代表取締役 河 啓一
資本金 6億3,109万円
外部リンク http://river.co.jp
特記事項:

宅地建物取引業 国土交通大臣(7)第4311号
特定建設業 国土交通大臣許可(特-28)第107号

測量業 国土交通大臣登録 第(7)-第13766号
テンプレートを表示

リバー産業株式会社(リバーさんぎょう)は、大阪府大阪市中央区に本店を置く不動産デベロッパーである。

概要[編集]

大阪市内を中心に、新築マンションの建設・分譲を中心とした建設業を行っている[1]。用地取得から企画・施行・販売までを一貫して行う総合デベロッパーである[2]。環境・堅固・省エネ・利便性に着目した、将来財産の街づくりを企業理念としており[3][4]、図面上の平面的な緑化率ではなく、実際に目に入る緑の量「緑視率」を重視し、せせらぎや巨木を配した特徴的な景観づくりにこだわる[5]

自社が建設するマンション近隣の公園の整備や[6][7]、自治体への寄付などの社会貢献活動も行っており[8][9]、2016年には大阪府から紺綬褒章を伝達された[10]

沿革[編集]

  • 1963年 - 現在の代表取締役 河 啓一[注 1]が、個人事業として、土木建築請負業リバー産業を創業[13]
  • 1966年 - 法人組織に変更しリバー産業株式会社を設立
  • 1971年 - 宅地開発・分譲住宅建築販売進出のため、大阪府より宅地建物取引業者免許を取得
  • 1972年 - 建設大臣許可(土木工事、建築工事、水道施設工事)を取得
  • 1991年 - 建設大臣(現・国土交通大臣)より宅地建物取引業者免許を取得
  • 1999年 - ISO9001認証を取得
  • 2007年 - ISO14001認証を取得

事業[編集]

マンション事業[編集]

大阪市内を中心に、2016年12月現在、大阪府および兵庫県で32物件を建設・分譲している[14][注 2]。 主力ブランドはリバーガーデンである。リバーガーデンブランドは植栽を用いた緑視率の高い景観とともに[15][16][17]、防災性の高さを特色としている[18][注 3]。環境への配慮に関しても自治体等から評価を受けている[注 4]。 このほか、ブリティッシュティンバー、カプリース、リバーカントリーガーデンといったブランド[注 5]のマンションも手掛けている。

その他の事業[編集]

上記のマンション建設・分譲のほか、戸建ての建設・分譲や[22]、岸和田だんじり会館・此花総合高等学校などの公共施設の建設[23]、道路・橋梁の施行や整地などの土木事業も行っている[24]

注釈[編集]

  1. ^ リバー産業代表取締役のほか、大阪ボディビル・フィットネス連盟会長[11]、社会福祉法人ユニバーサルケア(保育所運営)代表[12]などの役職を歴任。
  2. ^ 32物件目のリバーガーデン福島 木漏れ日の丘は2017年1月現在分譲中となっている[14]
  3. ^ 例として、敷地内に高台・避難放送設備を有し、分譲マンションとしては全国初の津波避難ビル指定を受けた「三国の川辺の森 リバーガーデン」[19][20]、大阪市防災力強化マンション認定を受けたリバーガーデン井高野ECO[19]、災害用トイレ・小型造水機を備え津波避難ビル指定を受けた「リバーガーデン福島 木漏れ日の丘」[21]など。
  4. ^ 2005年にはリバー平野ガーデンズおよびリバーガーデンこのはなが、マンションとしては日本で初めて、環境省から「二酸化炭素排出抑制対策事業地域協議会代エネ・省エネ対策推進事業」の認定を受けている。2009年にはリバーガーデンシティさくらの丘およびリバーガーデン森の城がそれぞれ、大阪府サステナブル建築賞の優秀賞および特別賞を受賞した[19]
  5. ^ リバーカントリーガーデンは景観を重視しており、リバーカントリーガーデン京橋は1998年に景観照明感謝賞を、2000年に全国花のまちづくりコンクールで企業部門最優秀賞および建設大臣賞をそれぞれ受賞し、また2001年には大阪市緑化施設として表彰されている[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b 会社概要”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。以下特に断りのない限り、本テンプレート内の情報は左記ウェブサイトに依拠している。
  2. ^ 自社施工 〜現場主義〜”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  3. ^ 企業理念”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  4. ^ 関西の活性化に汗”. きらめきびと. 大阪日日新聞. 2017年2月8日閲覧。
  5. ^ 「緑視率」という考え方”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  6. ^ 「希望と愛」の公園に”. 読売新聞 (2015年1月22日). 2017年2月8日閲覧。
  7. ^ 民間寄付で公園をリニューアル”. フジサンケイビジネスアイ (2015年1月22日). 2017年2月8日閲覧。
  8. ^ 府2事業に2000万円 リバー産業が寄付”. 産経新聞 (2015年12月4日). 2017年2月8日閲覧。
  9. ^ リバー産業、府に2000万円寄付”. 産経新聞 (2016年12月8日). 2017年2月8日閲覧。
  10. ^ リバー産業へ紺綬褒章を伝達”. 読売新聞 (2016年7月7日). 2017年2月8日閲覧。
  11. ^ 連盟発展へまだまだ汗”. 関西あの人この人. 大阪日日新聞. 2017年2月8日閲覧。
  12. ^ 社会福祉法人 ユニバーサルケア”. 大阪市. 2017年2月8日閲覧。
  13. ^ 沿革”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。以下特に断りのない限り、「沿革」節の情報は左記ウェブサイトに依拠している。
  14. ^ a b 分譲実績”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  15. ^ 緑視率高め街に潤い (PDF)”. 日本経済新聞 (2012年4月28日). 2017年2月8日閲覧。
  16. ^ 目には青葉 感覚重視で「緑視率」 (PDF)”. 産経新聞 (2012年5月22日). 2017年2月8日閲覧。
  17. ^ JR難波駅前に大型マンション (PDF)”. 日本経済新聞 (2012年10月20日). 2017年2月8日閲覧。
  18. ^ 防災力でマンション選び (PDF)”. 毎日新聞 (2010年9月27日). 2017年2月8日閲覧。
  19. ^ a b c d 受賞歴”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  20. ^ 住まい再考(16)災害に備える”. 読売新聞(夕刊). 2017年2月8日閲覧。
  21. ^ 防災配慮の850戸マンション開発”. 読売新聞. 2017年2月8日閲覧。
  22. ^ 一戸建の建築実績”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  23. ^ 公共事業の実績”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。
  24. ^ 土木工事の実績”. リバー産業株式会社オフィシャルウェブサイト. リバー産業. 2017年2月8日閲覧。