リビア・アラブ航空1103便空中分解事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リビア・アラブ航空1103便
事故の概要
日付 1992年12月22日
概要 空中衝突空中分解撃墜など諸説あり
現場 リビアの旗 リビア トリポリ
死者総数 157
生存者総数 2
第1機体

ボーイング727 事故機の5A-DIA
機種 ボーイング727-2L5[note 1]
運用者 リビア・アラブ航空
機体記号 5A-DIA
出発地 ベニナ空港
目的地 トリポリ国際空港
乗客数 147
乗員数 10
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 157 (全員)
生存者数 0
第2機体

同型機のミグ23
機種 ミグ23
運用者 リビアの旗 リビア 空軍[note 2]
機体記号 不明
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 2 (全員)
テンプレートを表示

リビア・アラブ航空1103便空中分解事故とは、1992年12月22日リビア・アラブ航空1103便がトリポリ国際空港トリポリ)への着陸直前に空中分解し、乗員・乗客157名が死亡した航空事故であるリビア空軍[note 2]ミグ23と空中衝突したとされる。

概要[編集]

当日、リビア・アラブ航空1103便(機体番号5A-DIAボーイング727)はベニナ空港ベンガジ)からトリポリ国際空港トリポリ)行の国内便としてベニナ空港を出発した。トリポリ国際空港への着陸態勢に入り、3500フィート(1067メートル)地点で航空機に何かが衝突し、空中分解を起こした。乗客147名、乗員10名全員が死亡した。公式声明ではリビア空軍所属のミグ23の衝突を非難した。問題のミグ23を操縦していたパイロットと教官が拘束された。この事故はリビアで発生した最悪の航空事故である。

20年後、ムアンマル・アル=カッザーフィー(カダフィ大佐)の死後、アブデル・マジッド・タヤリがミグ機の教官として公式の場で、リビア・アラブ航空1103便が撃墜されたものと主張した。それは、「トカゲの尻尾切り」のようなもので、ミグ機はいくつかの原因不明の理由で撃墜され、研修生とともに落下直前に脱出を余儀なくされたと話した[1]。カダフィ政権(大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)とリビア国民評議会の外交官を務めたアリー・スレイマン・アウジャリは、カダフィ大佐はパンアメリカン航空103便爆破事件後、リビアへ課せられた国際的な制裁の悪影響を示すために、撃墜命令を出したと主張している。アウジャリは、カダフィ大佐が時限爆弾によって航空機を爆破する予定だったが、それが失敗したときに「航空機は空中で撃墜せよ」と命じたとも話した[2]

注釈[編集]

  1. ^ 航空機はボーイング727-200型。ボーイング社は航空会社毎にカスタマーコードを割り当てており、リビア・アラブ航空用には「L5」が適用されている。
  2. ^ a b カダフィ政権下のリビア空軍

脚注[編集]