リブ (インド神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

リブRbhu, : ऋभु)とはインド神話に登場する三柱のである。リーダー格であるリブクシャン(Rbhuksan)、ヴァージャ(Vaja)、ヴィヴヴァン(Vibhuvan)からなる。スヴァンダン(「好弓士」)という親に生まれた三兄弟である。『リグ・ヴェーダ』には彼らへの讃歌が十一篇収められている。スヴァンダンについての記述は乏しいが、子供達の勤労により夫婦ともども若返ったとされている。

彼らはその卓越した技能から天界に達し神となった名工であり、他の神々にその作品を提供した。ものを作ることで彼らは神々に近づき、ソーマ祭に参加する資格を得た。太陽神サヴィトリと深い関わりを持ち、年末の十二日間、彼らがサヴィトリの住居で眠ると大地は豊かになり、水が溢れるとされている。

制作物[編集]

この他、ヴィシュヴァカルマンの作った杯を四つに作り変えた。これを認めたヴィシュヴァカルマンは女神達の間に身を隠したとされる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 辻直四郎訳『リグ・ヴェーダ讃歌』岩波文庫、1970年