リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン
Revenge of the Green Dragons
監督
脚本
  • アンドリュー・ロー
  • マイケル・ディ・ジャコモ
製作
  • アレン・バイン
  • ジェシー・スコラロ
  • マイケル・バシック
  • スチュワート・フォード英語版
出演者
音楽 マーク・キリアン
撮影 マーティン・アルグレン
編集 ミシェル・テゾーロ
製作会社 7th Floor
Artfire Films
IM Global Octane英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 A24
香港の旗 高先電影
日本の旗 AMGエンタテインメント/武蔵野エンタテインメント
公開 カナダの旗 2014年9月10日TIFF英語版
アメリカ合衆国の旗 2014年10月24日
香港の旗 2014年12月11日
日本の旗 2015年5月1日
上映時間 95分
製作国 香港の旗 香港
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
広東語
普通話
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 香港の旗 $47,928[2]
テンプレートを表示

リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン』(Revenge of the Green Dragons)は、2014年アメリカ合衆国犯罪映画。香港出身のアンドリュー・ラウ監督、マーティン・スコセッシ製作総指揮。

1980年代から1990年代にかけてニューヨークで暗躍した中国系ギャング「The Green Dragons」の実話をもとに映画化している。

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国・ニューヨークのクイーンズ中国から密入国したソニーは、スティーブンとともにクイーンズのチャイナ・タウンを拠点とするギャング団「青龍(グリーン・ドラゴン)」のメンバーとなる。

ソニーは組織の中でのし上がっていくが、抗争の中でスティーブンが誤って白人を殺したことをきっかけに中国人ギャングへの警察の取締が始まり、さらに恋人のティナが父親を助けるために司法取引を持ちかけたことから組織から狙われてしまう。

キャスト[編集]

出典[編集]