リボースイソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リボースイソメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.1.20
CAS登録番号 57534-76-6
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

リボースイソメラーゼ(Ribose isomerase、EC 5.3.1.20)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

D-リボース\rightleftharpoonsD-リブロース

従って、この酵素の基質はD-リボース、生成物はD-リブロースである。

この酵素は、異性化酵素、特にアルドースケトースを相互転換する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、D-リボース アルドース-ケトース-イソメラーゼ(D-ribose aldose-ketose-isomerase)である。

出典[編集]

  • Izumori K, Rees AW, Elbein AD (1975). “Purification, crystallization, and properties of D-ribose isomerase from Mycobacterium smegmatis”. J. Biol. Chem. 250 (20): 8085–7. PMID 240851.