リラ・キャボット・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リラ・キャボット・ペリー
Lilla Cabot Perry
Lilla Cabot Perry, 1913 - The Green Hat.jpg
リラ・キャボット・ペリー(自画像)
生誕 1848年1月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, ボストン
死没 1933年2月28日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,ニューハンプシャー州

リラ・キャボット・ペリー(Lilla Cabot Perry 、Lillaは愛称、本名はLydia、1848年1月13日 - 1933年2月28日)はアメリカ合衆国の画家である。夫の言語学者、英文学者、ペリー(Thomas Sergeant Perry:1845-1928)と来日し、日本の一般の人々を描いた人物画を残したことでも知られる。

略歴[編集]

ボストンに生まれた[1]。父親は有名な外科医である[2]。家族からはリラと呼ばれそれを画家になってから名乗った。ボストンの上流階級で育ち、母親のサロンにはラルフ・ワルド・エマーソンルイーザ・メイ・オルコットなどの若い文学者たちが訪れ、リラも彼らと交流した。南北戦争中は奴隷解放主義者の家族は、マサチューセッツ州カントンの農場に移り、負傷兵士や逃亡奴隷の世話に尽力した。

1874年4月にハーバード大学の英文学の教授のトーマス・サージェント・ペリーと結婚した。ペリーは幕末の日本を開国させたマシュー・ペリーの一族(甥の息子)である。トーマスとの間に3人の娘を育てた。

結婚後10年たった1884年から、本格的に美術教育を受け始め、最初、肖像画家のコリンズ(Alfred Quinton Collins)に学んだ[3]。1885年に父親が死んで遺産を継承し、美術に専念することができる経済的な状態になった。[1]ボストンのカウルズ美術学校の印象派の画家、ブンカー(Dennis Bunker)に学んだ。1887年にペリー家はパリに移住し、リラはアカデミー・コラロッシに入学し、ギュスターヴ=クロード=エティエンヌ・クルトワや ブラン(Joseph Blanc)に学び、パリの美術館で巨匠の作品を学んだ。スペインも旅し、プラド美術館も訪れ巨匠の絵画を模写して修行した。[3]その後、ミュンヘンフリッツ・フォン・ウーデに学び、パリに戻りアカデミー・ジュリアントニ・ロベール=フルーリーにも学んだ。

パリのアンデパンダン展に出展し、サロン・ド・パリへの出展も受理された。その後オランダ、ベルギーを旅し、1891年にボストンに戻った。

1897年に夫が慶應義塾大学に英語教授として招かれたため、来日し、1901年ころまで滞日し、日本人を描いた人物画や日本の風景画を残した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b American Women Artists 1830-1930. Washington, D.C.: The National Museum of Women in the Arts. (1987). p. 50. ISBN 0-940979-02-0. 
  2. ^ A Cyclopedia of American Medical Biography: Comprising the Lives of Eminent Deceased Physicians and Surgeons from 1610 to 1910. W.B. Saunders Company. (1920). pp. 188–189. https://books.google.com/books?id=GPssAAAAYAAJ&pg=PA188 2011年7月30日閲覧。. 
  3. ^ a b Carol Kort; Liz Sonneborn (January 1, 2002). A to Z of American Women in the Visual Arts. Infobase Publishing. p. 178. ISBN 978-1-4381-0791-2. https://books.google.com/books?id=iCcpVOQRtN0C&pg=PA58. 

参考文献[編集]

  • Alma S. King: Lilla Cabot Perry: Days to Remember, Santa Fe East Pubns (1983) ISBN 0-941430-06-5
  • Meredith Martindale, Pamela Moffat und Nancy Mowll Mathews: Lilla Cabot Perry: An American Impressionist, Cross River Press (1995) ISBN 0-7892-0045-7
  • Ortrud Westheider und Michael Philipp: High Society. Amerikanische Portraits des Gilded Age, Hirmer Verlag (2008) ISBN 978-3-7774-4185-6