リリカ (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

LYRICA 〜リリカ〜』(リリカ)は、かつて株式会社サンリオから発行されていた日本漫画雑誌

概要[編集]

1976年9月、月刊誌として誕生[1]

海外で英語版の出版を計画していたために、日本の漫画雑誌で初めての左綴じで横書き、全ページ、オールカラーで創刊された[1]。また、辻信太郎によれば、左から右の横組み活字の雑誌は、左綴じにするのが自然だという理由もある[2]。だが、右綴じの他の漫画雑誌に慣れた読者にとっては左綴じは読みづらく、売り上げは伸び悩んだ[2]

創刊号の執筆陣は手塚治虫水野英子ちばてつや山岸凉子永島慎二おおやちき、他、当時人気、実力ともに最前線の漫画家が名を連ね、その後も石ノ森章太郎竹宮恵子萩尾望都らが加わる。

マンガのほか、懸賞(サンリオ商品)、インテリアコーディネイト、ファッションコーディネイト、料理など、ティーンが好む情報を写真ではなく、カラーイラストで特集した。

しかし、人気漫画家にとって、月刊誌でオールカラーという企画はかなりスケジュールを圧迫する。そのために漫画ではなくイラストに詩や物語を書いたものや、三色刷り・二色刷りのページが増え、号を追うにしたがって当初の美しさはなくなり紙質が落ち、雑誌の勢い・人気は徐々に低下。ついには「休刊」(事実上の廃刊)になった。

1979年、3月号(第29号)をもって廃刊[1]

掲載作品[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 手塚治虫ユニコ』、2009年11月講談社、手塚プロダクション資料室長、森晴路による解説ページより
  2. ^ a b 上前淳一郎『サンリオの奇跡―世界制覇を夢見る男達』PHP研究所、1979年、239-241頁。ASIN B000J8IY7Y

注釈[編集]