リンカーン伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リンカーン伯爵
Earl of Lincoln
Blason Clinton.svg
創設時期 1572年5月4日
創設者 エリザベス1世
貴族 イングランド貴族
初代 エドワード・クリントン(9代クリントン男爵)
現所有者 ロバート・ファインズ=クリントン (19代伯)
相続人 ウィリアム・ハウソン
相続資格 初代伯の直系の嫡出男系男子
付随称号 無し

リンカーン伯爵英語: Earl of Lincoln)は、イングランド貴族伯爵位。

過去に8回創設されており、現存する8期目のリンカーン伯爵位は1572年に9代クリントン男爵エドワード・クリントンイングランド貴族爵位として叙されたのに始まる。1768年には9代リンカーン伯爵ヘンリー・ペラム=クリントンが伯父トマス・ペラム=ホールズからニューカッスル公爵位を継承し、姓名を「ペラム=クリントン」に改めた[1]。以降リンカーン伯爵位はニューカッスル公爵位の従属爵位としてペラム=クリントン家に継承されていたが、ニューカッスル公爵位は1988年に継承者が絶えて廃絶した[2]。一方リンカーン伯爵位は2代リンカーン伯まで遡っての分流のファインズ=クリントン家によって継承されて現存している[3]

リンカーン伯 第1期 (1143年)[編集]

リンカーン伯 第2期 (1143年より後)[編集]

  • 初代リンカーン伯ウィリアム・ド・ルマール英語版 (1096–1155) (王冠に戻る)

リンカーン伯 第3期 (1149年頃)[編集]

  • 初代リンカーン伯ギルバート・ド・ガント英語版 (1120–1156) (王冠に戻る)

リンカーン伯 第4期(1217年)[編集]

  • 1217-1231 初代リンカーン伯爵ラナルフ・ド・ブロンデヴィル英語版 (1172–1232)
  • 1231-1232 初代リンカーン女伯爵ハヴィス・オブ・チェスター英語版 (1180–c.1242) (1231年4月に生前贈与として受ける)
  • 1232-1240 第2代リンカーン伯爵ジョン・ド・レイシー英語版 (1192–1240) (彼の妻の権利を共同。下記参照)
  • 1232-1266 第2代リンカーン女伯爵マーガレット・ド・クインシー英語版 (c. 1206頃–1266) (1232年11月23日に生前贈与として受ける)
  • 1272-1311 第3代リンカーン伯爵ヘンリー・ド・レイシー英語版 (1251–1311) (1266年から1272年まで彼の母アリス・オブ・サルッツォ英語版が後見人として伯爵領を管理)
  • 1311-1348 第4代リンカーン伯爵アリス・ド・レイシー英語版 (1281–1348) (第5代ソールズベリー女伯、後継者なく王冠へ返還)

リンカーン伯 第5期 (1349年)[編集]

リンカーン伯 第6期 (1467年)[編集]

リンカーン伯 第7期 (1525年)[編集]

  • 初代リンカーン伯爵ヘンリー・ブランドン英語版 (1516–1534)

リンカーン伯 第8期 (1572年)[編集]

  • 初代リンカーン伯エドワード・クリントン (1512–1585)
  • 2代リンカーン伯ヘンリー・クリントン英語版 (1539–1616)
  • 3代リンカーン伯トマス・クリントン英語版 (1568–1619)
  • 4代リンカーン伯シオフィラス・クリントン英語版 (1600–1667)
  • 5代リンカーン伯エドワード・クリントン (-1692)
  • 6代リンカーン伯フランシス・クリントン (1635–1693)
  • 7代リンカーン伯ヘンリー・クリントン (1684–1728)
  • 8代リンカーン伯ジョージ・クリントン (1718–1730)
  • 2代ニューカッスル公・9代リンカーン伯ヘンリー・ファインズ・ペラム=クリントン (1720–1794)
  • 3代ニューカッスル公・10代リンカン伯トマス・ペラム=クリントン英語版 (1752–1795)
  • 4代ニューカッスル公・11代リンカーン伯ヘンリー・ペラム・ファインズ・ペラム=クリントン (1785–1851)
  • 5代ニューカッスル公・12代リンカーン伯ヘンリー・ペラム・ファインズ・ペラム=クリントン (1811–1864)
  • 6代ニューカッスル公・13代リンカーン伯ヘンリー・ペラム・アレグザンダー・ペラム=クリントン英語版(1834–1879)
  • 7代ニューカッスル公・14代リンカーン伯ヘンリー・ペラム・アーチボルド・ダグラス・ペラム=クリントン英語版 (1864–1928)
  • 8代ニューカッスル公・15代リンカーン伯ヘンリー・フランシス・ホープ・ペラム=クリントン=ホープ英語版 (1866–1941)
  • 9代ニューカッスル公・16代リンカーン伯ヘンリー・エドワード・ヒュー・ペラム=クリントン=ホープ英語版 (1907–1988)
  • 10代ニューカッスル公・17代リンカーン伯エドワード・チャールズ・ペラム=クリントン英語版 (1920–1988)
    • ニューカッスル=アンダー=ライン公爵位廃絶
  • 18代リンカーン伯エドワード・ホレイス・ファインズ=クリントン英語版 (1913–2001); 10代ニューカッスル公の十従兄弟
  • 19代リンカーン伯ロバート・エドワード・ファインズ=クリントン (1972-)

法定推定相続人はいない。推定相続人は現当主の弟ウィリアム・ロイ・ハウソン(1980-)。彼は1996年に政府の許可を得てハウソンに改姓している[4]。2015年現在、彼と彼の息子ジョーダン・ライダー・ハウソン(2004-)のみが継承可能な人物。

家系図[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Pelham-Clinton, 10th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Pelham-Clinton, 10th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ Heraldic Media Limited. “Lincoln, Earl of (E, 1572)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2012年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “William Roy Howson” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。