リンガジャティ協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

リンガジャティ協定インドネシア語: Perundingan Linggarjati, : Overeenkomst van Linggadjati, : Linggadjati Agreement)は、インドネシア共和国オランダの間で1946年11月に成立した協定。

1945年8月17日、インドネシア独立宣言が示され、翌18日から22日までの間で、インドネシア共和国憲法が制定された。しかし、宗主国オランダは「インドネシア連邦共和国」の構想をもっており、ジャワ人の覇権を恐れるインドネシア地域の諸民族の支持をうけつつ、インドネシア共和国を同連邦の一部に組み込んでしまうことで勢力を維持することを狙った。インドネシア共和国とオランダの間で結ばれたこの協定は、両勢力の思惑が反映されたもので、主要な内容は以下の通りである。

  • インドネシア共和国がジャワ島マドゥラ島スマトラ島で実効支配を行っていることを承認。
  • 連合軍・オランダ軍占領地域は漸次共和国に編入。
  • オランダ領東インドの全版図からなるインドネシア連邦共和国の設立。
  • オランダ王国とインドネシア連邦共和国によるオランダ・インドネシア連合を設立。
  • 共和国は非インドネシア人の権利回復と財産返還請求権を認める。

反対も多かったが、当時のインドネシアの指導者であったシャフリルは多数派工作に成功し、1947年2月の国民委員会総会で承認され、翌月批准された。

オランダはこの協定を足がかりに植民地支配の復活をもくろんだ。そのため、シャフリルは支持を失い、政権は崩壊した。インドネシアとオランダの武力衝突は続いたが、インドネシア人の粘り強い抵抗もあって、1949年、オランダは正式にインドネシア独立を認めることになった。

参考文献[編集]

  • 鈴木恒之ら『世界現代史5 東南アジア現代史Ⅰ』山川出版社、1984年