リンジー・ホイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
リンジー・ホイル
Sir Lindsay Hoyle
Official portrait of Rt Hon Sir Lindsay Hoyle MP crop 2.jpg
公式肖像写真(2020年撮影)
生年月日 (1957-06-10) 1957年6月10日(63歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
ランカシャー州アドリントン
前職 実業家
現職 庶民院議長
庶民院議員
所属政党 無所属(2019年から)
労働党(2019年まで)
称号 ナイト(Knight Bachelor)
配偶者 リンダ・アン・ファウラー
(1974-1982)
キャサリン・スウィンドリー(1993-)
親族 ダグ・ホイル英語版
(実父、貴族院議員)

内閣 ジョンソン内閣
在任期間 2019年11月4日 - 現職
女王 エリザベス2世

内閣 キャメロン内閣
メイ内閣
ジョンソン内閣
在任期間 2010年6月8日 - 2019年11月4日
議長 ジョン・バーコウ

選挙区 チョーリー選挙区
当選回数 7回
在任期間 1997年5月1日 - 現職

イングランドの旗 イングランド
チョーリー自治区評議員
選挙区 アドリントン教区
当選回数 5回
在任期間 1980年5月1日 - 1998年5月7日
テンプレートを表示

サー・リンジー・ハーベイ・ホイル英語: Sir Lindsay Harvey Hoyle, 1957年6月10日 - )はイギリス政治家庶民院議長

メージャー政権時の1997年イギリス総選挙労働党から出馬し、初当選。その後、庶民院副議長歳入委員長2010年6月8日から2019年11月4日まで約9年間務め、前庶民院議長ジョン・バーコウの勇退に伴い、庶民院議長に就任した[1]

政治家となる前[編集]

1957年6月10日、元労働党議員ダグ・ホイル英語版とポーリン・スペンサーの息子として、ランカシャー州アドリントンで生まれた[2]。アドリントンのアンダートン郡小学校とボルトンのローズカレッジに通った[3]。なお、庶民院議員として選出される前は、スクリーン印刷事業を経営していた[2][4]

政治家として[編集]

チョーリー自治区評議員[編集]

1980年のイギリスの地方選挙で、アドリントン教区のチョーリー自治区評議員に選出され、現職の保守党議員を破った[2]。4回再選され、1994年から1997年まで副議長を務めた[5]。庶民院議員に選出された後も、1998年の地方選挙まで区長として評議会に出席した[6]

新人議員[編集]

1996年2月1997年イギリス総選挙でのチョーリー選挙区労働党候補に選ばれ、過半数の得票率で勝利した。チョーリー選挙区で労働党の候補が勝利するのは18年ぶりだった[7][8]

1997年8月ダイアナ元妃の死の数日後、彼女の記念碑として新しい国立小児病院を建設することを提案した[9]。また、ロンドン・ヒースロー空港の運営会社であるヒースロー・エアポート・ホールディングスに手紙を送り、空港の名前を「ダイアナ,プリンセス・オブ・ウェールズ空港」に変更するよう促した[10]。しかし、結局どちらの提案も実現しなかった。

1998年から2010年まで産業委員会(後のビジネス委員会)の委員、および2005年から2010年まで欧州監視委員会の委員を務めた[11]

ジブラルタルや授業料などの問題をめぐって当時のトニー・ブレア首相と衝突した。それらの衝突に関して、「私は反トニーではありません。彼のおかげで私たちは当選でき、3回も総選挙に勝利できました。しかし、彼が破ってはならない原則と約束があります。」と述べた[2]

庶民院副議長[編集]

2010年6月8日庶民院副議長歳入委員会委員長兼任)に選出された。この任命は、庶民院議長の指名ではなく、庶民院議員の投票により初めて行われた。
また、2013年1月には枢密顧問官(Privy Counsellor)に任命された[12]

2013年3月20日、予算審議への対応が広く英国民の称賛を得た[13]

2016年の国民投票では、残留か離脱かどちらに投票したかを明言しなかった[14]

2017年2月、庶民院でのEU離脱法案の採決中に欧州国歌を歌ったスコットランド国民党の議員に対して、「議会は合唱をする場所ではない」と述べ強く注意した[15]。同日夜には、その行為が適切であったかを巡って、スコットランド自治政府の前首相アレックス・サモンドと激しい議論を交わした[16]

2017年3月ソーシャルメディア企業に対して、イスラム教徒の女性とユダヤ人の国会議員就任の阻止を唱える侮辱的な投稿を取り締まるために、迅速な行動を取ることを要請した[17]

2017年3月22日のウェストミンスターでのテロ攻撃、それに続く庶民院の休会と閉鎖の間、議長代行を務めた。
また、議員活動での功績が認められ、2018年の新年叙勲エリザベス女王からナイト(Knight Bachelor)に叙された[18]

庶民院議長[編集]

2019年11月4日ジョン・バーコウの後任として議長選挙に立候補した。投票に至るまでの数日間、メディアから最有力候補と見なされていた。選挙の1回目、2回目、3回目の投票でかなりのリードを維持したが、勝つために必要な過半数の得票には達しなかった[19]

選挙当日の午後8時20分頃、4回目の投票で議長に選出され、対抗馬のクリス・ブライアントを破り、合計540票中325票を獲得した。その後、貴族院で正式に王室の承認を得た。慣例に従い、選挙後、労働党から離脱した。

就任演説で、「この議会は変わる。良い方向に変わるのだ。」と述べ、「透明性のある」議長になることを表明するとともに、下院職員の福祉の実現を真剣に目指すことを誓った[20]2019年の総選挙後、全会一致で議長に再任された。

私生活[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 英下院議長に労働党リンジー・ホイル氏 バーコウ氏の後任”. BBCニュース (2019年11月5日). 2020年10月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e White, Michael (2013年3月22日). “Lindsay Hoyle, deputy speaker and budget star: 'Once a year, it's my day'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/2013/mar/22/lindsay-hoyle-deputy-speaker-budget 2020年4月9日閲覧。 
  3. ^ Home”. 2020年4月9日閲覧。
  4. ^ Women shortlist veto” (1996年1月4日). 2020年4月9日閲覧。
  5. ^ Chorley-1973-2012”. Elections Centre. 2020年4月9日閲覧。
  6. ^ Person Page”. The Peerage. 2020年4月9日閲覧。
  7. ^ UK Polling Report Chorley”. UK Polling Report (Anthony Wells). 2020年4月9日閲覧。
  8. ^ Labour's Lindsay is election choice” (1996年2月15日). 2020年4月9日閲覧。
  9. ^ MP calls for Diana children's hospital”. The Bolton News. 2020年4月9日閲覧。
  10. ^ “Members of Parliament in Lancashire”. Lancashire Telegraph. http://www.lancashiretelegraph.co.uk/li/member_of_parliament.in.Lancashire/ 2020年4月9日閲覧。 
  11. ^ Rt Hon Sir Lindsay Hoyle MP”. UK Parliament. 2020年4月9日閲覧。
  12. ^ Downing street announcement”. 2020年4月9日閲覧。
  13. ^ “Outspoken Deputy Speaker wins public acclaim”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/finance/budget/9943101/Outspoken-Deputy-Speaker-wins-public-acclaim.html 
  14. ^ Hope, Christopher (2019年11月4日). “Who are the candidates running to be Speaker of the House of Commons, and when will we know the result?”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/politics/2019/11/04/speaker-house-commons-candidates/ 2020年4月9日閲覧。 
  15. ^ “SNP MPs told off for singing Ode To Joy during Brexit Bill vote”. The Daily Telegraph. (2017年2月9日). https://www.telegraph.co.uk/news/2017/02/09/snp-mps-sing-ode-joy-brexit-bill-vote/ 2020年4月9日閲覧。 
  16. ^ Hartley-Parkinson, Richard (2017年2月7日). “There was a proper barney in Parliament over Brexit between SNP and Deputy Speaker”. Metro. http://metro.co.uk/2017/02/07/there-was-a-proper-barney-in-parliament-over-brexit-between-snp-and-deputy-speaker-6432052/ 2020年4月9日閲覧。 
  17. ^ “Jewish and Muslim women MPs 'face most abuse'”. BBC News. (2017年3月21日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-39339487 2020年4月9日閲覧。 
  18. ^ “New Year Honours 2018: Lindsay Hoyle MP knighted”. BBC News. (2017年12月29日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-lancashire-42505543 
  19. ^ Sparrow, Andrew; O'Carroll, Lisa; Morris, Steven; McDonald, Henry (2019年11月4日). “General election: Lindsay Hoyle extends lead in Speaker ballot, but still short of 50% of votes needed – live news”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/live/2019/nov/04/general-election-news-latest-health-chief-urge-parties-not-to-use-nhs-as-political-weapon-live-news 
  20. ^ BBC News, Sir Lindsay Hoyle elected Speaker of House of Commons, published 4 November 2019
  21. ^ Chorley MP reveals modest expenses”. Chorley Guardian (2009年5月20日). 2020年4月9日閲覧。
  22. ^ House of Commons Speaker's Residence (Online Video). C-SPAN. 1 July 1995.
  23. ^ A table of the work done and costs incurred to furnish the Speaker's accommodation in the Palace of Westminster between 22 June 2009 and end October 2009”. House of Commons (2010年). 2020年4月9日閲覧。
  24. ^ Hart, Simon (2001年12月8日). “Inside Sport: Split looms over transfer windows”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/sport/3018368/Inside-Sport-Split-looms-over-transfer-windows.html 2020年4月9日閲覧。 
  25. ^ “Sir Lindsay Hoyle: The new Speaker is a world away from Bercow - in more ways than one”. Sky News. (2020年4月9日). https://news.sky.com/story/sir-lindsay-hoyle-long-winded-bercow-is-giving-way-to-a-straight-talking-rugby-devotee-11854346 
  26. ^ Speaker reveals diabetes diagnosis” (2019年12月20日). 2020年4月9日閲覧。
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ジョン・バーコウ
イギリスの旗 庶民院議長
2019年 -
次代:
現職
先代:
アラン・ハセルハースト
イギリスの旗 庶民院副議長歳入委員長
2010年 - 2019年
次代:
エレノア・ライング