リンス・リマ・デ・ブリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はリマ第二姓(父方の)はデ・ブリットです。
リンス Football pictogram.svg
名前
本名 リンス・リマ・デ・ブリット
Lins Lima de Britto
愛称 リンスヴァンドフスキ(Linswandowski)
平和のプリンス(Príncipe da Paz),
仕上げのリンス
ラテン文字 LINS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1987-09-11) 1987年9月11日(31歳)
出身地 カマサリ
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 北京北体大足球倶楽部
ポジション FW (ST, WG)
利き足 右足
ユース
2000-2006 ブラジルの旗 カマサリエンセポルトガル語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 ブラジルの旗 モジミリン
2008 ブラジルの旗 パウリスタ (loan)
2008 ブラジルの旗 サンカエターノ (loan)
2009 ブラジルの旗 グアラチンゲタ 8 (2)
2009 ブラジルの旗 ポンチ・プレッタ 27 (7)
2010 ブラジルの旗 ミラソウ 18 (6)
2010-2011 ブラジルの旗 クリシューマ 11 (1)
2011 ブラジルの旗 グレミオ (loan) 7 (0)
2011 ブラジルの旗 ABC (loan) 18 (8)
2012 ブラジルの旗 イツンビアラ 16 (5)
2013 ブラジルの旗 クリシューマ 35 (11)
2014-2015 日本の旗 ガンバ大阪 46 (6)
2016 ブラジルの旗 フィゲイレンセ 25 (3)
2017 ブラジルの旗 ポンチ・プレッタ 10 (0)
2017-2018 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 28 (11)
2018 日本の旗 FC東京 (loan) 18 (3)
2019- 中華人民共和国の旗 北京北体大足球倶楽部
1. 国内リーグ戦に限る。2019年3月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

リンス・リマ・デ・ブリット(Lins Lima de Britto、1987年9月11日 - )は、ブラジルバイーア州出身のプロサッカー選手北京北体大足球倶楽部所属。ポジションフォワード。Jリーグでの登録名表記は”LINS”及びリンス

経歴[編集]

地元のSCカマナリエンセの下部組織出身で、モジミリンECでプロデビュー。クリシューマECに所属していた2013年シーズン、クラブはブラジル1部選手権で残留争いの渦中に立たされたが、自身は11得点を記録し、ブラジルのサッカー雑誌「プラカール」が選定したFWランキングでは、5位の高評価を得た。

2014年、ブラジルの強豪クラブであるパルメイラスフラメンゴKリーグ水原三星ブルーウィングスといったクラブが獲得に乗り出す争奪戦の末[1]、クリシューマからJリーグガンバ大阪に完全移籍で加入した[2]。スタメンで起用された開幕当初は結果を残すことができなかったが、後半戦はスーパーサブとして随所で存在感を発揮。第27節鹿島戦ではアディショナルタイムに決勝ゴールを決め、優勝争いの天王山となった第32節浦和戦では佐藤晃大の決勝ゴールをアシストするなど、特に試合終了間際に多くの成果をもたらした。そんな試合終盤の活躍がサポーター間で話題となり、「仕上げのリンス」という言葉が話題となった[3]

2015年もACLのグループリーグ突破がかかった城南FC戦で決勝ゴールを決めるなど存在感を見せた。シーズン終了後、契約満了により退団[4]

2016年からは母国に戻りフィゲイレンセFCに所属。

2017年8月、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍で加入した[5]

2018年7月、FC東京へ期限付き移籍[6]。8月5日、第20節のヴィッセル神戸戦では途中出場から終了間際に得点を決めて勝利に貢献した[7]

2019年3月、北京北体大足球倶楽部への完全移籍が発表された[8]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2006 モジミリン セリエC
2007
2008  
パウリスタ SP州選手権
サンカエターノ セリエA
2009 グアラチンゲタ セリエC 8 2 8 2
ポンチ・プレッタ セリエB 27 7 27 7
2010 ミラソウ SP州選手権 18 6 18 6
クリシューマ セリエC 11 1 11 1
2011 セリエB 0 0 0 0
グレミオ セリエA 7 0 7 0
ABC セリエB 18 8 18 8
2012 イツンビアラ GO州選手権 16 5 16 5
2013 クリシューマ セリエA 35 11 35 11
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 G大阪 9 J1 26 5 7 1 6 2 39 8
2015 20 1 4 0 0 0 24 1
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2016 フィゲイレンセ 90 セリエA 25 3 7 8 5 4 37 15
2017 ポンチ・プレッタ 10 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 甲府 39 J1 12 6 - - 12 6
2018 10 J2 16 5 1 0 1 0 18 5
FC東京 13 J1 18 3 - 0 0 18 3
通算 ブラジル セリエA
ブラジル セリエB 45 15 45 15
ブラジル セリエC
ブラジル SP州選手権
ブラジル GO州選手権 16 5 16 5
日本 J1 64 9 11 1 6 2 81 12
日本 J2 16 5 1 0 1 0 18 5
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2015 G大阪 9 10 3
通算 AFC 10 3

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

クリシューマEC
ガンバ大阪

出典・脚注[編集]

  1. ^ Acertado com time do Japão, atacante Lins tenta liberação do Criciúma” (ポルトガル語). Lancenet (2013年12月22日). 2014年1月10日閲覧。
  2. ^ FW リンス選手 ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ” (日本語). ガンバ大阪公式サイト (2014年1月10日). 2014年1月10日閲覧。
  3. ^ G大阪、劇的勝利で6連勝!“仕上げ”はリンスで鹿島に並ぶ勝ち点49”. スポニチ (2014年10月5日). 2016年1月16日閲覧。
  4. ^ リンス選手 契約満了のお知らせ” (日本語). ガンバ大阪公式サイト (2016年1月2日). 2016年1月4日閲覧。
  5. ^ リンス選手 加入のお知らせ” (日本語). ヴァンフォーレ甲府公式サイト (2017年8月4日). 2017年8月4日閲覧。
  6. ^ リンス選手 期限付き移籍加入のお知らせ” (日本語). FC東京公式サイト (2018年7月5日). 2018年7月6日閲覧。
  7. ^ “仕上げのリンス”が2戦連続決勝点!味スタ満員マッチ、FC東京がイニエスタ欠場の神戸下す ゲキサカ(2018年8月5日)
  8. ^ リンス選手 北京北体大足球俱乐部[中国へ完全移籍のお知らせ]”. ヴァンフォーレ甲府公式サイト (2019年3月5日). 2019年3月5日閲覧。

関連項目[編集]