リンゼイ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
リンゼイ・アンダーソン
Lindsay Anderson
本名 Lindsay Gordon Anderson
生年月日 1923年4月17日
没年月日 1994年8月30日(満71歳没)
出生地 インドの旗 インドバンガロール
死没地 フランスの旗 フランスアングレーム
国籍 イギリスの旗 イギリス

リンゼイ・アンダーソンLindsay Anderson, 1923年4月17日 - 1994年8月30日)は、イギリス出身の映画監督

略歴[編集]

父親が陸軍に所属しており、その関係でインドバンガロールで生まれた。オックスフォード大学で学び、第二次世界大戦中は暗号作成に携わる。1947年には映画雑誌Sequenceをギャヴィン・ランバートやカレル・ライスと共に創刊し、映画批評の分野で活躍する。

その後、ドキュメンタリー映画の監督を経て、1963年に初の長編劇映画『孤独の報酬』を監督した。1968年の『If もしも....』で、第22回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。

主な監督作品[編集]

  • 孤独の報酬 This Sporting Life (1963)
  • If もしも.... If... (1968)
  • オー!ラッキーマン O Lucky Man! (1973)
  • 怒りを込めて振り返れ Look Back In Anger (1980)
  • ブリタニア・ホスピタル Britannia Hospital (1982)
  • 八月の鯨 The Whales of August (1987)
  • 逆転無罪 Prisoner for Honor (1991)

脚注[編集]