リヴァイヴァル (オールマン・ブラザーズ・バンドの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リヴァイヴァル
オールマン・ブラザーズ・バンドシングル
初出アルバム『アイドルワイルド・サウス
B面 マイ・ブルース・アット・ホーム
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1970年2月 - 7月
ジャンル サザン・ロック
時間
レーベル カプリコーン・レコード
作詞・作曲 ディッキー・ベッツ
プロデュース トム・ダウド
チャート最高順位
オールマン・ブラザーズ・バンド シングル 年表
腹黒い女
(1970年)
リヴァイヴァル
(1970年)
ミッドナイト・ライダー
(1971年)
テンプレートを表示

リヴァイヴァル」(Revival)は、オールマン・ブラザーズ・バンド1970年に発表した楽曲。

概要[編集]

ディッキー・ベッツは当初本作品をインストゥルメンタルとして書いたという。演奏の過程で歌詞が生まれ、今ある形となった[2]。リード・ボーカルはグレッグが担当した。1970年9月23日発売のセカンド・アルバム『アイドルワイルド・サウス』に収録され、同年11月にシングルカットされた。B面は「マイ・ブルース・アット・ホーム(Leave My Blues at Home)」。

1971年1月9日から16日にかけて2週連続でビルボード・Hot 100の92位を記録した[3][4]

ベッツは60年代後半に花咲いたヒッピー文化、カウンターカルチャーの気運をそのまま歌詞にあらわした。「僕らは革命の只中にいる/正しいのはもちろん僕らだ/みんな歌っている/そうさ、争う奴なんてそのうちいなくなる/感じるだろ? 愛は至る所にあることを」

1991年9月6日に行ったライブの映像がDVD『Live at Great Woods』(2014年)に収録されている。1992年6月発売のライブ・アルバム『An Evening with the Allman Brothers Band: First Set』にも収録されている。

脚注[編集]