リヴィウ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リヴィウ国際空港
Міжнародний аеропорт «Львів» імені Данила Галицького
Danylo Halytskyi International Airport "Lviv"
TerminalLWO.png
IATA: LWO - ICAO: UKLL
概要
国・地域  ウクライナ
所在地 リヴィウ州リヴィウ
種類 民間[1]
運営者 リヴィウ国際空港(国有企業)
開港 1929年
ターミナル 2
拠点航空会社
標高 326 m (1071 ft)
座標 北緯49度48分45.00秒 東経23度57分22.00秒 / 北緯49.8125000度 東経23.9561111度 / 49.8125000; 23.9561111座標: 北緯49度48分45.00秒 東経23度57分22.00秒 / 北緯49.8125000度 東経23.9561111度 / 49.8125000; 23.9561111
公式サイト http://www.airport.lviv.ua/
地図
LWOの位置(ウクライナ内)
LWO
LWO
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
13/31 YES 3,305×45 舗装
統計 (2018)
旅客数 1,598,700人
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

リヴィウ国際空港(リヴィウこくさいくうこう、ウクライナ語: Міжнародний аеропорт «Львів» імені Данила Галицького: Danylo Halytskyi International Airport "Lviv")は、ウクライナ西部の都市リヴィウにある国際空港である。中世の王の名を冠してダヌィーロ・ロマーノヴィチ記念リヴィウ国際空港とも称する。

概要[編集]

1929年に「リヴィウ・スクニロウ空港」として開業した。第二次世界大戦以前である当初は、ワルシャワクラクフへの路線が運行されていた。1930年ブカレスト1931年ソフィアテッサロニキへの国際線を開設した。近年、UEFA EURO 2012の開催にあわせ滑走路の延長をはじめとする日本円で約240億円規模の拡張工事が実施された。新たに新設されたターミナルAは34,000平方メートルの規模で年間569万人の乗客に対応できる。ターミナルA内には出発ゲートが9か所、チェックインカウンターが28か所、自動チェックイン機が2か所設置されている。施設に関しては、カフェが2店舗、免税店が4店舗、空港ラウンジが2つある。

就航路線[編集]

国際線[編集]

航空会社 就航都市
ラトビアの旗エア・バルティック 季節運航リガ
オーストリアの旗オーストリア航空 ウィーン
アゼルバイジャンの旗アゼルバイジャン航空 季節運航バクー
ウクライナの旗アズール・エア・ウクライナ 季節運航アンタルヤ、ダラマン、シャルム・エル・シェイク
ベラルーシの旗ベラヴィア ミンスク
ギリシャの旗エリン航空 季節運航テッサロニキイラクリオン
イタリアの旗アーネスト航空 オーリオ・アル・セーリオナポリローマヴェネツィア
ポーランドの旗LOTポーランド航空 ポズナン、ワルシャワ
季節運航ブィドゴシュチュ、シュチトノ
ドイツの旗ルフトハンザドイツ航空 ミュンヘン
トルコの旗ペガサス航空 イスタンブール
アイルランドの旗ライアンエアー ワルシャワ、ブダペスト(2020年4月1日から)、クレーヴェクラクラ、メンミンガーベルク、ロンドン
ウクライナの旗スカイアップ航空 パリ(2019年11月9日から)、プラハ(2019年10月17日から)、ロッド(2019年11月24日から)、シャールジャ(2019年10月26日から)
季節運航アリカンテアンタルヤフルガダ、モナスティル、シャルム・エル・シェイクティヴァト
トルコの旗ターキッシュ エアラインズ イスタンブール
ウクライナの旗ウクライナ国際航空 マドリードロッド
季節運航バルセロナボローニャローマアンタルヤ、ボドルム、シャルム・エル・シェイク
ハンガリーの旗ウィズエアー ベルリンブラチスラヴァブダペスト(2020年6月3日から)、ヴィリニュス、ヴロツワフ、グダニスクドルトムントカトヴィツェコペンハーゲンラルナカ(2019年10月28日から[2]) 、ロンドンフランクフルト

国内線[編集]

航空会社 就航都市
ウクライナの旗モトール・シーチ航空 キエフ
ウクライナの旗ウクライナ国際航空 キエフ
ウクライナの旗スカイアップ航空 キエフ(2019年10月17日から)、ハルキウ(2019年10月17日から)

旅客数推移[編集]

年度 旅客数[3] 増減率 2002年から2018年の年別旅客数推移 (百万人)
2002 110,200 -
2003 144,100 増加035.8%
2004 198,200 増加035.5%
2005 235,900 増加019.0%
2006 278,200 増加018.0%
2007 427,100 増加052.4%
2008 532,100 増加025.5%
2009 452,300 減少015.0%
2010 481,900 増加06.5%
2011 297,000 減少038.4%
2012 576,000 増加094.0%
2013 700,800 増加021.0%
2014 585,200 減少016.5%
2015 570,570 減少02.5%
2016 738,000 増加029.4%
2017 1,080,000 増加046.3%
2018 1,598,700 増加048.0%

市内へのアクセス[編集]

空港は市内中心部から15kmほどに位置し、車で約17分ほどでアクセスできる。市内中心部へのアクセスには以下の公共交通機関が利用できる。

高速バス[編集]

ターミナルA正面にあるバス停「Аеропорт - Головний залізничний вокзал」から30分間隔で運行されている。始発は10時30分で終電は20時30分である。料金は20.00UAHで、停留場は「Будинок меблів」と「ТЦ «Скриня»」。

市バス[編集]

48番系統がバス停「Аеропорт (Термінал "А")」から10-15分間隔で運行されている。運行時間は7時から22時である。料金は5.00UAH。

トロリーバス[編集]

29番系統が市バス同様に「Аеропорт (Термінал "А")」から9-16分間隔で運行されている。運行時間は6時8分から22時54分。料金は5.00UAH。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WorldAeroData.com
  2. ^ Wizzair.com
  3. ^ Archived copy”. 2008年11月17日閲覧。

関連項目[編集]