リヴォニア・アベニュー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リヴォニア・アベニュー駅
Livonia Avenue
NYCS-bull-trans-L.svg
ニューヨーク市地下鉄
Livonia BMT sta jeh.jpg
地上のエントランス
駅情報
住所 Livonia Avenue & Van Sinderen Avenue
Brooklyn, NY 11207
ブルックリン区
地区 ブラウンズヴィル英語版イーストニューヨーク英語版
座標 北緯40度39分49秒 西経73度54分02秒 / 北緯40.663745度 西経73.90048度 / 40.663745; -73.90048座標: 北緯40度39分49秒 西経73度54分02秒 / 北緯40.663745度 西経73.90048度 / 40.663745; -73.90048
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTカナーシー線
運行系統       L Stops all times (終日)
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1906年12月28日(112年前) (1906-12-28
利用状況
乗客数 (2015)1,001,522[1]増加 1.4%
順位 366位(422駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 サッター・アベニュー駅: L Stops all times
南側の隣駅 ニューロッツ・アベニュー駅: L Stops all times

リヴォニア・アベニュー駅: Livonia Avenue)は、ブルックリン区ブラウンズヴィル英語版イーストニューヨーク英語版の境にあたるリヴォニア・アベニューとヴァン・シンデリン・アベニューの交差点に位置するニューヨーク市地下鉄BMTカナーシー線の駅である。L系統が終日停車する。

駅構造[編集]

P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-L.svg 8番街駅行きサッター・アベニュー駅
南行線 NYCS-bull-trans-L.svg カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅行きニューロッツ・アベニュー駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
出口 ロングアイランド鉄道を越える歩道橋
G 地上階 出入口
駅舎 改札、駅員詰所、メトロカード自動券売機
カナーシー方面ホームにある無人改札

リヴォニア・アベニュー駅は相対式ホーム2面2線の高架駅で、1906年12月28日に開業した。2005年から2006年にかけて改装工事を受けている。ホームは2本とも中央部にベージュの風防と赤い屋根が設けられ、ホーム両端は有刺鉄線のフェンスになっている。支柱やフレームはすべて緑に塗られている。

駅にはフィレモナ・ウィリアムソン(Philemona Williamson)が2007年に制作した Seasons という作品が飾られている。これは四季の出来事を描いたステンドグラスで、ホームの風防に取り付けられている。

リヴォニア・アベニュー駅のすぐ南側でリンデン工場への支線が分岐している。IRTニューロッツ線からも別の支線が延びており、リヴォニア・アベニューの上を越えた後、カナーシー線からの支線と合流してリンデン工場に繋がっている。この支線とリンデン工場構内には第三軌条が設けられていないため、入出区の際はニューヨークシティ・トランジット・オーソリティディーゼル機関車が牽引する。

出入口[編集]

エントランスは1箇所で、ホームの真下に設けられた地上駅舎に設けられている。駅舎はヴァン・シンデリン・アベニューとリヴォニア・アベニューのT字路北側に面しており、自動改札機とトークン・ブース、各ホーム中央に出る階段が設けられている。

駅舎の右隣にはロングアイランド鉄道ベイ・リッジ支線英語版に並行して西に延びる歩道橋があり、1ブロックも行かないうちにIRTニューロッツ線ジュニアス・ストリート駅のエントランスに出る。現在はリヴォニア・アベニュー駅とジュニアス・ストリート駅の間は改札外乗換となり有料だが、利用者の増加や周辺の宅地開発計画を受けて、この歩道橋を両駅間の改札内連絡通路にしようという提案がなされている[2]。この提案は2015年-2019年の投資計画において予算の割り当てを受けた。また、障害を持つアメリカ人法で定められたアクセシビリティ・ガイドラインを満足するよう改修することも計画されている[3]

カナーシー方面ホームには歩道橋に直接出られる出口があり、HEET自動改札機2台と非常口、小さな階段が設けられている。

 脚注[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2016年4月19日閲覧。
  2. ^ Brooklyn official wants transfer at 2 nearby subway stations in East New York”. Daily News (New York) (2015年7月6日). 2015年10月25日閲覧。
  3. ^ MTA Capital Program 2016-2019: Renew. Enhance. Expand.”. Metropolitan Transportation Authority (New York) (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。[リンク切れ]