リヴ・フォーエヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リヴ・フォーエヴァー
クイーンシングル
初出アルバム『カインド・オブ・マジック
B面 キラー・クイーン (7インチ, 12インチ)
フォーエヴァー (ピアノ・ヴァージョン) (12インチ)
リリース
規格 7インチシングル
12インチシングル
録音 1985年/1986年
ジャンル ロック
時間
レーベル EMI
作詞・作曲 ブライアン・メイ
プロデュース クイーン
デイビット・リチャーズ
チャート最高順位
クイーン シングル 年表
喜びへの道
1986年
リヴ・フォーエヴァー
(1986年)
アイ・ウォント・イット・オール
1989年
ミュージックビデオ
「Who Wants To Live Forever」 - YouTube
テンプレートを表示

リヴ・フォーエヴァー」(Who Wants to Live Forever)は、イギリスロックバンドクイーンの楽曲。1986年9月15日EMIよりシングルとしてリリースされており、1986年発売のアルバム『カインド・オブ・マジック』に収録されている。

2014年ローリング・ストーン誌が発表した「10 Greatest Queen Songs」では、5位にランクインしている[2]

解説[編集]

この曲は、映画『ハイランダー 悪魔の戦士』のためにブライアン・メイによって書き下ろされた[3]。ブライアンは、ヘザーが死去するシーンの最初の20分のカットを見た後、車の後部座席でこの曲を書いた[4]

クイーンの曲として初めてオーケストラ(ナショナル・フィルハーモニック管弦楽団)が入っている。オーケストラ編曲はマイケル・ケイメンとブライアン・メイの共同。

アメリカン・アイドル等、ボーカルコンテストの課題曲として長年使われている。

また、YAMAHA DX7をブライアンが弾いている。ライブで演奏された際、この曲の前半はギターを演奏せずにDX7を演奏していた。

ライブでも演奏され、DVD『ラストツアー/クイーン1986』で視聴できる。

ベスト・アルバムグレイテスト・ヒッツII』などにも収録されている。

2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』でこの曲が使用されており、サウンドトラック盤『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』にも収録されている。

プロモーションビデオ[編集]

メンバーが登場するプロモーションビデオが製作され、ジョンがコントラバスを弾いている。この映像はDVDグレイテスト・ビデオ・ヒッツ2』などで視聴することができる。

担当[編集]

収録曲[編集]

7インチ盤[編集]

  1. リヴ・フォーエヴァー - Who Wants to Live Forever (May)
  2. キラー・クイーン - Killer Queen (Mercury)

12インチ盤[編集]

  1. リヴ・フォーエヴァー (7インチ・ヴァージョン) - Who Wants To Live Forever (7" Version) (May)
  2. リヴ・フォーエヴァー (アルバム・ヴァージョン) - Who Wants To Live Forever (Album Version) (May)
  3. キラー・クイーン - Killer Queen (Mercury)
  4. フォーエヴァー (ピアノ・ヴァージョン) - Forever (Piano Version) (May)

カバー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums. London: Guinness World Records Limited
  2. ^ Readers’ Poll: 10 Greatest Queen Songs”. Rolling Stone (2014年3月12日). 2019年1月11日閲覧。
  3. ^ Who Wants To Live Forever UltimateQueen.co.uk, 2019年1月11日閲覧
  4. ^ Georg Purvis (28 August 2012). Queen: The Complete Works. Titan. p. 935. ISBN 978-1-78116-287-3. https://books.google.com/books?id=c084CgAAQBAJ&pg=PT935 2017年8月9日閲覧。.