リーズ・ドゥ・ラ・サール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2008年撮影

リーズ・ドゥ・ラ・サール: Lise de la Salle1988年5月8日 - )は、フランスピアニスト

略歴[編集]

シェルブールに生まれる。4歳でパリのセルゲイ・ラフマニノフ音楽院に学び、8歳でパリ音楽院に入学、12歳でプルミエ・プリ(第1席)で卒業する。

9歳で行われた初リサイタルはラジオ・フランスで放送された。2001年の第7回エトリンゲン国際ピアノ・コンクールに出場して第1位となり、併せてベーレンライター賞を受賞する。1998年から2006年までパリ音楽院の大学院課程でパスカル・ネミロフスキやブルーノ・リグットに学んだほか、ジュヌヴィエーヴ・ジョワから助言を受けている。

2001年から国際的な演奏活動を開始し、ベルリンのコンツェルトハウス、ハリウッド・ボウル東京芸術劇場ウィグモア・ホールメトロポリタン美術館アムステルダム・コンセルトヘボウシャンゼリゼ劇場などで演奏を行っている。

ジェームズ・コンロンファビオ・ルイジフィリップ・ヘレヴェッヘといった指揮者と継続的に共演を行っているほか、チャールズ・マッケラスマレク・ヤノフスキセミヨン・ビシュコフローレンス・フォスターなどと共演している。

ディスコグラフィ[編集]

  • ラフマニノフ、ラヴェル(2003年)
  • バッハ、リスト(2005年)
  • モーツァルト、プロコフィエフ(2007年)
  • ショスタコーヴィチ、リスト、プロコフィエフ ピアノ協奏曲第1番(2008年)
  • ショパン(2010年)