リーノ・フォスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リーノ・フォスキ

リーノ・フォスキRino Foschi1946年7月11日 - )は、イタリアチェゼーナ出身のサッカースポーツディレクター(SD)である。フィオレンティーナのSDパンタレオ・コルヴィーノとは盟友、良きライバルである。

来歴[編集]

エラス・ヴェローナなどでの活動を経て、2002年よりUSチッタ・ディ・パレルモのスポーツディレクター(SD)に就任。野心溢れるマウリツィオ・ザンパリーニ会長の精力的な補強策を優れた頭脳で支える。シモーネ・バローネアンドレア・バルツァッリファビオ・グロッソルカ・トーニなどを無名のうちから発掘し、彼らはイタリア代表メンバーに選ばれるほどの活躍を見せた。パレルモは2004年セリエA昇格を果たし、UEFAカップ出場権を獲得するなど躍進したが、フォスキの貢献は計り知れない。

2008年6月にパレルモとの契約が満了すると、エンリコ・プレツィオージ会長率いるジェノアCFCと契約。2009年1月から2010年1月まで、トリノFCのSDとなった。

発掘した主な選手[編集]

所属クラブ[編集]