リーフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リーフィア
全国
メガヤンマ - リーフィア(#470) - グレイシア
シンオウ
ブラッキー - リーフィア(#169) - グレイシア
基礎データ
英語名 Leafeon
進化体系 1進化ポケモン
進化前 イーブイ
進化後 なし
世代 第4世代
ポケモン学
分類 しんりょくポケモン
タイプ くさ
高さ 1.0m
重さ 25.5kg
特性 リーフガード
かくれ特性 ようりょくそ
テンプレートを表示

リーフィアは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

イーブイの進化形の一つでタイプはくさ。体色はクリーム色に変わり、首周りを覆う毛が無くなりスマートな体型となる。

体の各所からが生え、緑色の耳や尾の先にはのような切れ込みや葉脈が存在する。哺乳類に近い姿をしているが細胞は植物に近く、光合成を行う。

イーブイの進化形の中では、最も争いごとを好まない温和な性格。

ゲームでのリーフィア [編集]

ダイヤモンド・パール』より登場。同作では、「ハクタイのもり」にある不思議な岩周辺でイーブイをレベルアップさせることで進化する。『ブラック・ホワイト』、『ブラック2・ホワイト2』では「ヤグルマの森」に同じ岩が存在し、進化させることができる。

ハートゴールド・ソウルシルバー』では進化させることは出来ず、通信交換で入手するしかない(森のエリアである「ウバメのもり」と「トキワのもり」は登場するが、進化に必要な岩が置かれていない)。

イーブイの進化形の中では「ぼうぎょ」が最も高く、次いで「こうげき」、「すばやさ」も高いが、「HP」・「とくこう」・「とくぼう」は低い。天気が「はれ」の時、状態異常にならなくなる特性「リーフガード」を持つ。『ルビー・サファイア』まではジュプトルジュカイン以外覚えられなかった技「リーフブレード」を覚える。

外伝作品でのリーフィア [編集]

みんなのポケモン牧場』では、牧場レベルが15になると、ユカリがリーフィアとフィオネを交換するといったイベントを持ちかけてくる。

ポケモン不思議のダンジョン』シリーズでは、先述の不思議な岩が「こけむしたいわ」という専用の進化アイテムとして登場し、これを使うことで進化できる。

アニメでのリーフィア [編集]

ダイヤモンド&パール』ではノゾミのポケモンとして登場。ノゾミ (アニメポケットモンスター)#ノゾミのポケモンを参照。

ベストウイッシュ シーズン2』では102話にて“ポケモンレスキュー隊・チームイーブイ”として活躍するトレーナー・バージルの手持ちとして登場。

映画でのリーフィア [編集]

ギラティナと氷空の花束 シェイミ』のOPに他のイーブイの進化形と共に出演している。

ポケモンカードでのリーフィア [編集]

草タイプの1進化ポケモン。初登場したポケモンカードDP 拡張パック「夜明けの疾走」では、グレイシアとともにパッケージを飾っている。同商品には通常のリーフィアに加え、Lv.Xのリーフィアも収録されている。

2007年11月から2008年1月にかけて行われたイベント「ウィンターチャレンジ」では、来場者に「イベントあそびかたガイド」と共にリーフィアのカードが配布された。[1]

2007年11月25日に放送されたポケモン☆サンデーの「ポケディアンポーカー」では、馬場隊員がリーフィアのカードを使用した。

漫画でのリーフィア [編集]

ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語 ポケモンDP』では、ヒロインのミツミが使用する。

関連項目 [編集]

脚注 [編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウィンターチャレンジ│イベント情報|ポケモンカードゲーム トレーナーズウェブサイト