リーランド・スカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リーランド・スカラー
Leland Sklar 2017.jpg
リーランド・スカラー(2017年)
基本情報
出生名 Leland Bruce Sklar
生誕 (1947-05-28) 1947年5月28日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州
ジャンル AOR
ジャズ
ロック
フュージョン
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
共同作業者 ザ・セクション

リーランド・スカラーLeland Sklar, リーランド・スクラーとも、1947年5月28日 - )は、アメリカウィスコンシン州ミルウォーキー出身のベーシスト歌手作曲家。本名は、リーランド・ブルース・スカラー(Leland Bruce Sklar)で、CDなどには「Lee Sklar」として時々クレジットされる。ジェームス・テイラーを始め、数多くのアルバムに参加し、日本でも人気の高いセッションミュージシャンである。髪の毛と髭を伸ばした特徴的なスタイルで有名。

略歴[編集]

ウィスコンシン州に生まれ、幼少期に家族でカリフォルニア州に移り住む。4歳の時にピアノの練習をはじめ、十代前半ベーシストに転向する。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校で音楽を専攻している際に、バンドのオーディションを通じてジェームス・テイラーと出会い、以後、コンサートツアーやアルバム製作を通じて活動を共にする。テイラーの音楽性が評価されるとスクラー自身にも注目が集まり、以後、西海岸を中心にスタジオミュージシャンとしての活動に拍車をかけることとなった。特に同じくテイラーをサポートしていたドラマーラス・カンケルギタリストダニー・コーチマーキーボーディストのクレイグ・ダーギと結成した「ザ・セクション」は、その演奏力が評判を浴び、音楽業界に大きな影響を与えた。

以後はジャクソン・ブラウンリタ・クーリッジミッシェル・ポルナレフフィル・コリンズホール&オーツなど様々な歌手のセッションに参加し、デヴィッド・フォスターなどのAORから、ビリー・ゴブハムなどのジャズ・フュージョンにいたる幅広いジャンルの音楽を手掛け、また、映画テレビサウンドトラックの録音にも多数参加している。

日本でもジェームス・テイラーや「ザ・セクション」の影響を受けた日本人ミュージシャン、松任谷由実五輪真弓中島みゆき、浜田麻里などの作品に参加している。

2007年からはマイク・ポーカロが病気療養離脱したTOTOにツアーメンバーとして同行している。

参加作品[編集]

  • Aaron Neville's Soulful Christmasアーロン・ネヴィル — (1993)
  • To Make Me Who I Am — アーロン・ネヴィル — (1997)
  • The Vanishing Raceエア・サプライ — (1993)
  • Algo Naturalアレハンドラ・グスマン — (1999)
  • Amanda Marshallアマンダ・マーシャル — (1996)
  • Alibiアメリカ — (1980)
  • Legacy...Hymns and Faithエイミー・グラント — (2002)
  • Simple Things — エイミー・グラント — (2003)
  • Vivencias — アナ・ガブリエル — (1996)
  • What's Wrong With This Picture? — アンドリュー・ゴールド — (1976)
  • All This And Heaven Too — アンドリュー・ゴールド — (1978)
  • Everything I Am — アンナ・ヴィッシ — (2001)
  • Last of the Brooklyn Cowboys — アーロ・ガスリー — (1973)
  • Breakawayアート・ガーファンクル — (1975)
  • Songs from a Parent to a Child — アート・ガーファンクル — (1997)
  • Something New — バービ・ベントン — (1975)
  • Love Like Oursバーブラ・ストライサンド — (1999)
  • Barefoot Servants 2 — ベアフット・サーヴァンツ — (2005)
  • Bernadette Petersバーナデット・ピータース — (1980)
  • Bernadette — バーナデット・ピータース — (1992)
  • Broken Blossomベット・ミドラー — (1977)
  • Spectrumビリー・コブハム — (1973)
  • Nine Livesボニー・レイット — (1986)
  • Brian Hylandブライアン・ハイランド — (1970)
  • Playing Possumカーリー・サイモン — (1975)
  • Carole Bayer Sagerキャロル・ベイヤー・セイガー — (1977)
  • Too — キャロル・ベイヤー・セイガー — (1978)
  • Sometimes Late at Night — キャロル・ベイヤー・セイガー — (1981)
  • Thoroughbred — キャロル・キング — (1976)
  • Casey Kellyケイシー・ケリー — (1972)
  • Catie Curtis — ケイティ・カーティス — (1997)
  • Wonderful World — クリス・イートン — (1995)
  • Clay Walker — クレイ・ウォーカー — (1993)
  • Live, Laugh, Love — クレイ・ウォーカー — (1999)
  • Few Questions — クレイ・ウォーカー — (2003)
  • Hard Way — クリント・ブラック — (1992)
  • No Time to Kill — クリント・ブラック — (1993)
  • Looking for Christmas — クリント・ブラック — (1995)
  • Nothin' but the Taillights — クリント・ブラック — (1997)
  • Christmas With You — クリント・ブラック — (2004)
  • Graham Nash/David Crosbyクロスビー&ナッシュ — (1972)
  • Wind on the Water — クロスビー&ナッシュ — (1975)
  • Whistling Down the Wire — クロスビー&ナッシュ — (1976)
  • Crosby & Nash — クロスビー&ナッシュ — (2004)
  • Daylight Again — クロスビー、スティルス&ナッシュ — (1982)
  • Live It Up — クロスビー、スティルス&ナッシュ — (1990)
  • Carry On — クロスビー、スティルス&ナッシュ — (1998)
  • Replay — クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング — (1980)
  • Woman to Man — ダニエル・ラヴォワ — (1994)
  • Innuendoダニー・コーチマー — (1980)
  • Family Tree — ダレル・スコット — (1999)
  • Live & Learn — ダリル・ステューマー — (1998)
  • The Higher They Climb — デビッド・キャシディ — (1975)
  • Home Is Where the Heart Is — デビッド・キャシディ — (1976)
  • Thousand Roads — デビッド・キャシディ — (1993)
  • Love Songsデヴィッド・サンボーン — (1976)
  • To Love Againダイアナ・ロス — (1981)
  • Force Behind the Power — ダイアナ・ロス — (1991)
  • Streetheart — ダイオン — (1976)
  • 9 to 5 and Odd Jobsドリー・パートン — (1980)
  • Dolly, Dolly, Dolly — ドリー・パートン — (1980)
  • Heartbreak Express — ドリー・パートン — (1982)
  • Rainbow — ドリー・パートン — (1988)
  • I Can't Stand Stillドン・ヘンリー — (1982)
  • The Wandererドナ・サマー — (1980)
  • 7-Teaseドノヴァン — (1973)
  • Cosmic Wheels — ドノヴァン — (1973)
  • Slow Down World — ドノヴァン — (1976)
  • Full Circleドアーズ — (1972)
  • After Darkエンゲルベルト・フンパーディンク — (1996)
  • Dr. Heckle & Mr. Jive — イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー — (1978)
  • Vivirエンリケ・イグレシアス — (1997)
  • Change of Heartエリック・カルメン — (1978)
  • Cryフェイス・ヒル — (2002)
  • Partnersフラコ・ヒメネス — (1992)
  • Time for Loveフレディ・ジャクソン — (1992)
  • Seul — ガルゥ — (2000)
  • Ocean Front Propertyジョージ・ストレイト — (1987)
  • Strait Out of the Box — ジョージ・ストレイト — (1995)
  • Cat Peopleジョルジオ・モロダー — (1982)
  • Bloodlineグレン・キャンベル — (1976)
  • Innocent Eyesグレアム・ナッシュ — (1986)
  • Daryl Hall & John Oatesホール&オーツ — (1975)
  • Bigger Than the Both of Us — ホール&オーツ — (1976)
  • Beauty on a Back Street — ホール&オーツ — (1977)
  • Helen Reddyヘレン・レディ — (1971)
  • Southwest — ハーブ・ピーターソン — (1976)
  • Sandman — ハーブ・ピーターソン — (1977)
  • Lonesome Feeling — ハーブ・ピーターソン — (1984)
  • Hooked — フック — (1968)
  • Will Grab You — フック — (1968)
  • Road Songsホイト・アクストン — (1977)
  • Pistol Packin' Mama/Spin of the Wheel — ホイト・アクストン — (1998)
  • New Arrangement — ジャッキー・デシャノン — (1975)
  • Jackson Browneジャクソン・ブラウン — (1972)
  • For Everyman — ジャクソン・ブラウン — (1973)
  • The Pretender — ジャクソン・ブラウン — (1976)
  • Running on Empty — ジャクソン・ブラウン — (1977)
  • Breakin' Up Is Easy — ジェイムス・グリフィン — (1974)
  • Mud Slide Slim and the Blue Horizonジェームス・テイラー — (1971)
  • One Man Dog — ジェームス・テイラー — (1972)
  • Gorilla — ジェームス・テイラー — (1975)
  • Greatest Hits — ジェームス・テイラー — (1976)
  • In the Pocket — ジェームス・テイラー — (1976)
  • JT — ジェームス・テイラー — (1977)
  • Flag — ジェームス・テイラー — (1979)
  • Dad Loves His Work — ジェームス・テイラー — (1981)
  • That's Why I'm Here — ジェームス・テイラー — (1985)
  • Never Die Young — ジェームス・テイラー — (1988)
  • Live in Rio — ジェームス・テイラー — (1991)
  • The Best of James Taylor — ジェームス・テイラー — (2003)
  • Heart Over Mind — ジェニファー・ラッシュ — (1987)
  • Wellジェニファー・ウォーンズ — (2001)
  • Walk the Talk — ジェシ・コリン・ヤング — (2003)
  • The Original Tap Dancing Kid — ジミー・スフィーリス — (1973)
  • Boats, Beaches, Bars & Balladsジミー・バフェット — (1992)
  • Angel Heartジミー・ウェッブ — (1982)
  • Suspending Disbelief — ジミー・ウェッブ — (1993)
  • America's Greatest Hero — ジョイ・スキャベリー — (1981)
  • My Sportin' Life — ジョン・ケイ — (1973)
  • Lonesome Picker Rides Again — ジョン・ステュアート — (1971)
  • Last Train to Memphis — ジョニー リヴァース — (1998)
  • Crazyフリオ・イグレシアス — (1994)
  • Karla Bonoffカーラ・ボノフ — (1977)
  • Sister Kate — ケイト・テイラー — (1971)
  • Kim Carnesキム・カーンズ — (1975)
  • St. Vincent's Court — キム・カーンズ — (1979)
  • View from the House — キム・カーンズ — (1988)
  • Kinky Friedman — キンキー・フリードマン — (1974)
  • Spooky Lady's Sideshowクリス・クリストファーソン — (1974)
  • Who's to Bless and Who's to Blame — クリス・クリストファーソン — (1975)
  • Surreal Thing — クリス・クリストファーソン — (1976)
  • Full Moon — クリス・クリストファーソン & リタ・クーリッジ — (1973)
  • Wonderful Life — ララ・ファビアン — (2004)
  • Braniganローラ・ブラニガン — (1982)
  • Entre Tu y Mil Maresラウラ・パウジーニ — (2000)
  • Tra Te e il Mare — ラウラ・パウジーニ — (2000)
  • Leah Kunkel — リア・カンケル — (1979)
  • Twisted Angelリアン・ライムス — (2002)
  • What a Wonderful World — リアン・ライムス — (2004)
  • Something Worth Leaving Behind — リー・アン・ウーマック — (2002)
  • Banded Togetherリー・リトナー — (1984)
  • Leo Sayerレオ・セイヤー — (1978)
  • The Futureレナード・コーエン — (1992)
  • Don't Cry Nowリンダ・ロンシュタット — (1973)
  • Cry Like A Rainstorm, Howl Like The Wind|Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind — リンダ・ロンシュタット — (1989)
  • Winter Light — リンダ・ロンシュタット — (1994)
  • Feels Like Home — リンダ・ロンシュタット — (1995)
  • We Ran — リンダ・ロンシュタット — (1998)
  • Mi Jardi'n Azul: Las Canciones Favoritas — リンダ・ロンシュタット — (2004)
  • Firecrackerリサ・ローブ — (1997)
  • Cake and Pie — リサ・ローブ — (2002)
  • Hello Lisa — リサ・ローブ — (2002)
  • There You Are Again — リヴィングストン・テイラー — (2005)
  • Lyle Lovett and His Large Bandライル・ラヴェット — (1989)
  • Joshua Judges Ruth — ライル・ラヴェット — (1992)
  • Road to Ensenada — ライル・ラヴェット — (1996)
  • Step Inside This House — ライル・ラヴェット — (1998)
  • Offbeat of Avenuesマンハッタン・トランスファー — (1991)
  • Desconocida — マルタ・サンチェス — (1998)
  • Soy Yo — マルタ・サンチェス — (2002)
  • When You Get a Little Lonely — モーリーン・マコーミック — (1995)
  • Chicago Wind — マール・ハガード — (2005)
  • I'll Lead You Homeマイケル・W・スミス — (1995)
  • Christmastime — マイケル・スミス — (1998)
  • Christmas Collection — マイケル・スミス — (2004)
  • Dreamミシェル・トゥームス — (2001)
  • Mimi Farina & Tom Jans — ミミ・ファリーニャ — (1971)
  • Lovescapeニール・ダイヤモンド — (1991)
  • Christmas Album — ニール・ダイヤモンド — (1992)
  • Hungry Yearsニール・セダカ — (1975)
  • Sedaka's Back — ニール・セダカ — (1975)
  • Steppin' Out — ニール・セダカ — (1976)
  • In the Pocket — ニール・セダカ — (1980)
  • Nigel Olsson — ナイジェル・オルソン — (1978)
  • Heart Beat — オークリッジボーイズ — (1987)
  • Monongahela — オークリッジボーイズ — (1987)
  • Making a Good Thing Betterオリビア・ニュートン=ジョン — (1977)
  • Back to Love Again — ポール・ウィリアムズ — (1999)
  • Born to Loveピーボ・ブライソン/ロバータ・フラック — (1983)
  • I Could Have Been a Sailorピーター・アレン — (1979)
  • Hello, I Must Be Going!フィル・コリンズ — (1982)
  • No Jacket Required — フィル・コリンズ — (1985)
  • ...But Seriously — フィル・コリンズ — (1989)
  • Steady On — ポイント・オブ・グレース — (1998)
  • Christmas Story — ポイント・オブ・グレース — (1999)
  • If Love Is Realランディ・エデルマン — (1977)
  • You're the One — ランディ・エデルマン — (1979)
  • Land of Dreamsランディ・ニューマン — (1988)
  • Randy Newman's Faust — ランディ・ニューマン — (1995)
  • My Worldレイ・チャールズ — (1993)
  • Last One to Knowリーバ・マッキンタイア — (1987)
  • Sweet Sixteen — リーバ・マッキンタイア — (1989)
  • For My Broken Heart — リーバ・マッキンタイア — (1991)
  • Read My Mind — リーバ・マッキンタイア — (1994)
  • Starting Over — リーバ・マッキンタイア — (1995)
  • Greatest Collection — リーバ・マッキンタイア — (2004)
  • Passionレジーナ・ベル — (1993)
  • Mission Magicリック・スプリングフィールド — (1974)
  • Medio Vivirリッキー・マーティン — (1995)
  • Love's Gonna Get Yaリッキー・スキャッグス — (1986)
  • My Father's Son — リッキー・スキャッグス — (1991)
  • Lady's Not for Sale — リタ・クーリッジ — (1972)
  • Fall into Spring — リタ・クーリッジ — (1974)
  • It's Only Love — リタ・クーリッジ — (1975)
  • Anytime, Anywhere — リタ・クーリッジ — (1977)
  • Escapologyロビー・ウィリアムズ — (2002)
  • Atlantic Crossingロッド・スチュワート — (1975)
  • A Night on the Town — ロッド・スチュワート — (1976)
  • Hai Hai — ロジャー・ホジソン — (1987)
  • Roger McGuinnロジャー・マッギン — (1973)
  • Peace on You — ロジャー・マッギン — (1974)
  • Born to Rock & Roll — ロジャー・マッギン — (1992)
  • Ronee Blakley — ロニー・ブレイクリ — (1972)
  • Terence Trent d'Arby's Symphony or Damnテレンス・トレント・ダービー — (1993)
  • As I Came of Ageサラ・ブライトマン — (1998)
  • Singer Sower — 2nd Chapter of Acts — (1984)
  • Roar of Love — 2nd Chapter of Acts — (1991)
  • Section — ザ・セクション — (1972)
  • Forward Motion — ザ・セクション — (1973)
  • Fork It Over — ザ・セクション — (1977)
  • Faces — ショーン・フィリプス — (1972)
  • Bright White — ショーン・フィリプス — (1973)
  • Spaced — ショーン・フィリプス — (1977)
  • Transcendence — ショーン・フィリプス — (1978)
  • Mousetrapスペンサー・デイヴィス・グループ — (1972)
  • Bish — スティーヴン・ビショップ — (1978)
  • Stillsスティーヴン・スティルス — (1975)
  • Turnin' Back the Pages — スティーヴン・スティルス — (2003)
  • Consider the Cost — スティーブ・キャンプ — (1991)
  • Lukatherスティーヴ・ルカサー — (1998)
  • One Left Shoe — スティーブ・ポルツ — (1998)
  • Aces — スージー・ボガス — (1991)
  • Voices in the Wind — スージー・ボガス — (1992)
  • Something Up My Sleeve — スージー・ボガス — (1993)
  • Simpatico — スージー・ボガス — (1994)
  • Give Me Some Wheels — スージー・ボガス— (1996)
  • Nobody Love, Nobody Gets Hurt — スージー・ボガス — (1998)
  • Should I Do It — タニヤ・タッカー — (1981)
  • Astronauts and Hereticsトーマス・ドルビー — (1992)
  • Everybody Knows — トリーシャ・イヤウッド — (1996)
  • Expressions — ターリー・リチャーズ — (1971)
  • Perennial: Songs for the Seasons of Life — トゥイラ・パリス — (1998)
  • Moonlighting: Live at the Ash Groveヴァン・ダイク・パークス — (1998)
  • Comme ils l'imaginant — ヴェロニック・サンソン — (1996)
  • Indestructible — ヴェロニック・サンソン — (1998)
  • D'un papillon a` une e'toile — ヴェロニック・サンソン — (1999)
  • Way Back Homeヴィンス・ギル — (1987)
  • Let There Be Peace on Earth — ヴィンス・ギル — (1993)
  • High Lonesome Sound — ヴィンス・ギル — (1996)
  • Heart and Soul: New Songs From Ally McBeal Featuringヴォンダ・シェパード — (1999)
  • Excitable Boyウォーレン・ジヴォン — (1978)
  • Bad Luck Streak in Dancing School — ウォーレン・ジヴォン — (1980)
  • The Envoy — ウォーレン・ジヴォン — (1982)
  • Sentimental Hygiene — ウォーレン・ジヴォン — (1987)
  • I'll Sleep When I'm Dead (An Anthology) — ウォーレン・ジヴォン — (1996)
  • Success — ウェザー・ガールズ — (1983)
  • Willis Alan Ramsey — ウィリス・アラン・ラムゼイ — (1972)
  • Shadows and Lightウィルソン・フィリップス — (1992)
  • Wynonnaワイノナ・ジャッド — (1992)
  • Night Flightイヴォンヌ・エリマン — (1978)
  • Yvonne — イヴォンヌ・エリマン — (1979)
  • GORO IN LOS ANGELES U.S.A. / 北回帰線野口五郎 — (1976)
  • 14番目の月荒井由実 — (1976)
  • 天国のドア松任谷由実 — (1990)
  • DAWN PURPLE — 松任谷由実 — (1991)
  • TEARS AND REASONS — 松任谷由実 — (1992)
  • U-miz — 松任谷由実 — (1993)
  • THE DANCING SUN — 松任谷由実 — (1994)
  • KATHMANDU — 松任谷由実 — (1995)
  • Cowgirl Dreamin' — 松任谷由実 — (1997)
  • スユアの波 — 松任谷由実 — (1997)
  • Frozen Roses — 松任谷由実 — (1999)
  • acacia — 松任谷由実 — (2001)
  • sweet,bitter sweet~YUMING BALLAD BEST — 松任谷由実 — (2001)
  • Wings of Winter, Shades of Summer — 松任谷由実 — (2002)
  • LOVE SONGS竹内まりや — (1980)

主な映画・テレビのサウンドトラック[編集]

  • Annabelle's Wish — (1997)
  • Black Dog — (1998)
  • Catwalk — (1994)
  • Conspiracy Theory — (1997)
  • Coyote Ugly — (2000)
  • Doctor Detroit
  • Dr. T & the Women — (2000)
  • For Love of the Game — (1999)
  • キューティ・ブロンド — (2001)
  • Message in a Bottle — (1999)
  • Metropolis — (1984)
  • Phantom of the Paradise — (1974)
  • The Postman — (1997)
  • The Prince of Egypt — (1998)
  • Sleepwalkers — (1992)