リー・セルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リー・セルビー
Lee Selby 2015.png
基本情報
通称 The Barry Boy Assassin(バーリーの暗殺者)
Lightning(ライトニング、稲妻)
The Welsh Mayweather(ウェールズのメイウェザー)
階級 フェザー級
身長 174cm
リーチ 177cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1987-02-14) 1987年2月14日(33歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズバリー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 26
KO勝ち 9
敗け 2
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

リー・セルビーLee Selby1987年2月14日 - )は、ウェールズプロボクサーバリー出身。元IBF世界フェザー級王者。

来歴[編集]

2008年7月12日、ニューポートニューポート・センターでデビュー戦を行い、6回判定勝ちを収めた。

2009年5月29日、サミー・モウネミーと対戦し、4回判定負けで初敗戦した。

2010年4月27日、BBBofCウェールズフェザー級王者ダイ・ダビエスと対戦し2回1分53秒KO勝ちで王座を獲得。

2011年7月30日、ジェームズ・アンシリフィとBBBofCケルトフェザー級王座決定戦を行い、6回2分12秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年9月17日、コモンウェルスイギリス連邦フェザー級並びにBBBofC英国フェザー級王者ステファン・スミスと対戦し、8回2分4秒TKO勝ちを収めコモンウェルスイギリス連邦王座とBBBofC英国王座獲得に成功した[1]

2011年12月14日、ジョン・シンプソンと対戦し、5回2分2秒TKO勝ちを収めコモンウェルスイギリス連邦王座とBBBofC英国王座初防衛に成功した。

2012年5月2日、パトリック・オーキンと対戦し、5回1分54秒TKO勝ちを収めコモンウェルス王座の2度目の防衛に成功した。

2013年2月9日、オデッセイ・アリーナでマーティン・リンゼイと対戦し、3-0の判定勝ちを収めコモンウェルスイギリス連邦王座は3度目、BBBofC英国王座は2度目の防衛に成功した。

2013年4月20日、コーリー・マコーネルと対戦し、5回1分16秒TKO勝ちを収めコモンウェルスイギリス連邦王座の4度目の防衛に成功した。

2013年4月20日、WBCインターナショナルフェザー級王者ビオネル・シミオンと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年10月5日、ライアン・ウェルズと対戦し、3-0の判定勝ちを収めコモンウェルスイギリス連邦王座の5度目の防衛に成功、BBBofC英国王座の3度目の防衛にも成功した。

2014年2月1日、BBBofC英国王座の防衛とEBU欧州フェザー級王座決定戦でレンドール・ムンローと対戦し、6回1分31秒TKO勝ちを収めEBU王座獲得、BBBofC英国王座の4度目の防衛に成功した。

2014年5月17日、ロムロ・コアシチャと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWBCインターナショナル王座の初防衛に成功した。

2015年2月19日、IBF世界フェザー級王者エフゲニー・グラドビッチとの間で行われる指名試合に関する対戦交渉は興行権をめぐり入札に持ち込まれる予定だったが、同年4月25日に指名試合を行うことでグラドビッチ陣営(トップランク)とセルビー陣営(マッチルーム・スポルト)が合意し、入札は回避された[2][3]

2015年4月10日、同月25日にIBF世界フェザー級王者エフゲニー・グラドビッチとの指名試合を行うことで合意していたのだが、同年5月30日に指名試合を行うこととなった[4][5]

2015年5月30日、ロンドンにあるO2アリーナケル・ブルックVSフランキー・ギャビンの前座でIBF世界フェザー級王者エフゲニー・グラドビッチとの指名試合で対戦し、偶然のバッティングによりグラドビッチの左目蓋がカットし試合続行不可能となり、8回3-0(2者が79-73、80-72)の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した[6]

2015年8月5日、有力ボクシングマネージャーのアル・ヘイモンと契約[7]

2015年10月14日、アメリカのアリゾナ州グレンデールヒラ・リバー・アリーナで、アーロン・マルティネスvsデボン・アレクサンダーの前座で元世界3階級制覇王者でIBF世界フェザー級10位のフェルナンド・モンティエルと対戦し、12回3-0(119-109、118-110、116-112)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[8]

2016年1月11日、IBFがIBF世界フェザー級3位のエリック・ハンターと対戦するよう指令を出した[9]

2016年4月9日、ロンドンのO2アリーナでチャールズ・マーティンVSアンソニー・ジョシュアの前座でIBF世界フェザー級3位の指名挑戦者エリック・ハンターと12回3-0(115-111、2者が116-110)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[10]

2017年1月28日、MGMグランド・ガーデン・アリーナで元WBA世界フェザー級王者でIBF世界フェザー級1位のジョナサン・ビクター・バロスと対戦し、3度目の防衛を目指す予定だったが、バロスが医学的検査で不合格となったため、試合は中止となった[11][12]

2017年4月14日、リー・セルビーとジョナサン・ビクター・バロスの指名戦の入札が行われ、セルビー擁するTBGプロモーションズが60万1000ドルで興行権を落札した。バロス陣営のK.O.インターナショナルの入札額は60万ドルだった。報酬はセルビーに75%にあたる45万750ドル、バロスに25%にあたる15万250ドルが配分される[13]

2017年7月15日、ロンドンのウェンブリー・アリーナで元WBA世界フェザー級王者でIBF世界フェザー級1位のジョナサン・ビクター・バロスと対戦し、12回3-0(119-108、117-110×2)の判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[14][15][16]

2017年12月9日、ロンドンのカッパー・ボックスでIBF世界フェザー級11位のエデュアルド・ラミレスと対戦し、4度目の防衛を目指す予定だったが前日計量でラミレスがフェザー級の規定体重である126ポンドを2.5ポンド体重超過の128.5ポンドを計測し失格となったためセルビーが勝てば王座防衛となるがラミレスが勝っても王座交代とはならない条件で試合は行われ[17][18]、セルビーが12回3-0(118-110、119-109、116-112)の判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[19][20]

2017年12月13日、フランク・ウォーレンのクィーンズ・ベリープロモーションズと3試合契約を発表し、ヘイモンから離脱した[21]

2018年5月19日、リーズエランド・ロードにて、IBF世界フェザー級1位ジョシュ・ワーリントンと対戦し、12回1-2(112-116、113-115、115-113)の判定負けを喫し5度目の防衛に失敗、王座から陥落した[22][23]

獲得タイトル[編集]

  • BBBofCウェールズフェザー級王座
  • BBBofCケルトフェザー級王座
  • コモンウェルスイギリス連邦フェザー級王座
  • BBBofC英国フェザー級王座
  • WBCインターナショナルフェザー級王座
  • EBU欧州フェザー級王座
  • IBF世界フェザー級王座(防衛4)

脚注[編集]

  1. ^ Lee Selby stops Stephen Smith to claim titles BBC.com 2011年9月18日
  2. ^ Evgeny Gradovich-Lee Selby Set For April 25 in London Boxing Scene.com 2015年2月19日
  3. ^ グラドビッチvsセルビー、IBFフェザー4.25ロンドン Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月20日
  4. ^ Kell Brook, Kevin Mitchell and Lee Selby fight for world titles live on Sky Sports Box Office Sky Sports 2015年4月10日
  5. ^ ブルックがギャビンと防衛戦、アブリルは休養王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月11日
  6. ^ ブルックTKO防衛、セルビーはグラドビッチ下し戴冠 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月31日
  7. ^ Lee Selby signs with Al Haymon”. Bad Left Hook (2015年8月5日). 2015年9月16日閲覧。
  8. ^ セルビー初防衛、モンティエルに3-0勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月15日
  9. ^ Lee Selby-Eric Hunter Featherweight Title Fight Ordered By IBF”. Boxing Scene.com (2016年1月11日). 2016年1月21日閲覧。
  10. ^ Fe級セルビー、B級マクドネルが防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月10日
  11. ^ Update: Selby-Barros fight is off Fightnews.com 2017年1月27日
  12. ^ フランプトンvsサンタクルス計量、セルビー戦中止 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月28日
  13. ^ Lee Selby to put featherweight title on the line vs. Jonathan Victor Barros”. ESPN.com (2017年4月14日). 2017年5月17日閲覧。
  14. ^ Selby dominates Barros to retain IBF featherweight title Fightnews.com 2017年7月15日
  15. ^ セルビー大差判定でV3、ノックアウトも防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月16日
  16. ^ Lee Selby faces 'harsh truth' of mother's death after title defence BBC.com 2017年7月16日
  17. ^ DeGale, Truax make weight Fightnews.com 2017年12月8日
  18. ^ セルビーの挑戦者失格、刈谷で注目の日本ユース戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月9日
  19. ^ Selby outpoints Ramirez Fightnews.com 2017年12月9日
  20. ^ デゲールまさかの王座陥落、セルビーはV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月10日
  21. ^ Lee Selby Inks Three-Fight Deal With Frank Warren”. Boxing Scene.com (2017年12月13日). 2017年12月14日閲覧。
  22. ^ Warrington dethrones IBF feather champ Selby Fightnews.com 2018年5月19日
  23. ^ ウォーリントンIBF・Fe級奪取、セルビーに2-1勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月20日

関連項目[編集]

前王者
エフゲニー・グラドビッチ
IBF世界フェザー級王者

2015年5月30日 - 2018年5月19日

次王者
ジョシュ・ワーリントン