ルイス・アストン・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川辺で絵を描くナイト

ルイス・アストン・ナイト(Louis Aston Knight、1873年8月3日 - 1948年5月8日)は、アメリカ合衆国の画家である。水辺の風景画を得意とした。

略歴[編集]

パリで生まれた。父親はフィラデルフィア生まれの画家でフランスに住んで、フランスの農家の女性を描いた画家のダニエル・リッジウェイ・ナイトである。父親から絵画を学んだ後、アカデミー・ジュリアンジュール・ジョゼフ・ルフェーブルトニ・ロベール=フルーリーに学んだ。1894年からサロン・ド・パリに出展を始めた。1900年のパリ万国博覧会の展覧会では銅メダルを受賞し、1901年にサロンで選外佳作(honorable mention)を受賞した。地方の展覧会で受賞した後、1905年にサロンで金賞を受賞した。

1905年に両親の祖国、アメリカ合衆国を訪れ、1907年にアメリカ人の女性と結婚した[1]。1907年以降は毎年9月は、得意の題材である水辺の風景を描くために、ヴェネツィアで過ごすようになった。第一次世界大戦がはじまるとアメリカに移った。

1919年にフランスに戻り、ノルマンディー、ウール県ボーモン=ル=ロジェに邸を買った。印象派の画家、クロード・モネを尊敬していて、しばしばジヴェルニーのモネの邸を訪ねた。モネが作った庭園に感銘を受け、自らも庭園をデザインした[2]

ノルマンディなどの、川辺の多くの風景画を残した。水面の透明感や反射や揺らぎ( "the transparency, the reflections and the movements of water.")を表現するのが得意であった[3]

1927年にレジオンドヌール勲章(オフィシエ)を受勲し、1934年にレジオンドヌール勲章(コマンドゥール)を受勲した[4]

作品[編集]

参考文献[編集]