ルイス・カルハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルイス・カルハーン
Louis Calhern
Louis Calhern
Woman Wanted』(1935年)予告編より
本名 Carl Henry Vogt
生年月日 (1895-02-19) 1895年2月19日
没年月日 (1956-05-12) 1956年5月12日(61歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区
死没地 日本の旗 日本奈良県
身長 191 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 舞台・映画
活動期間 1921年 - 1956年
配偶者 イルカ・チェイス(1926年)
ジュリア・ホイット(1927年 - 1932年)
ナタリー・シェイファー(1934年 - 1942年)
マリアンヌ・スチュワート(1946年 - 1955年)
主な作品
アニーよ銃をとれ』(1950年)
アスファルト・ジャングル』(1950年)
ジュリアス・シーザー』(1953年)

ルイス・カルハーンLouis Calhern1895年2月19日[2] - 1956年5月12日)はアメリカ合衆国俳優

略歴[編集]

1895年にニューヨーク市で生まれ、家族で移り住んだセントルイスで子供時代を過ごす。高校時代はアメフト部に所属していたが、その姿が劇場の支配人の目に留まり、地元の舞台に端役で出演する。これをきっかけに俳優を目指し、ニューヨークに渡ると、第一次世界大戦が勃発する中、ドイツ風(en:Teutonic)の本名Carl Henry Vogtを変えた方が都合が良いと考え、CarlとHenryの文字を並び替えてCalhernの芸名を付ける。

第一次世界大戦に従軍し、キャリアは一旦中断するものの、舞台で経験を積み、1921年に映画デビューする。その後はブロードウェイの舞台にも立つようになり、高身長と美声でアイドル的人気を獲得、活動の中心は舞台となる。映画がトーキーに移行すると、再び映画にも出演するようになり、知的な悪役で成功する。一時はアルコール依存症によって仕事にも影響が出るようになるが、1940年代の後半にはきっぱりとアルコールを断ち、完全復帰する。

数々の映画に助演を中心に印象的な役で出演しており、中でも『アスファルト・ジャングル』(1950年)で演じた、娘ほどに若い愛人(スターになる前のマリリン・モンロー)を囲っている悪徳弁護士や、『アニーよ銃をとれ』(1950年)のバッファロー・ビルシェイクスピア戯曲の映画化作品『ジュリアス・シーザー』(1953年)のシーザーなどで知られる。また、『The Magnificent Yankee』(1950年)では実在の法律家オリバー・ウェンデル・ホームズを演じ、第23回アカデミー賞主演男優賞第8回ゴールデングローブ賞ドラマ部門主演男優賞にノミネートされた(いずれも受賞はならず)。なお、同原作の舞台化作品(1946年初演)でも同じ役を演じている[3]

様々な映画に出演する一方、1920年代から1950年代に至るまで、ブロードウェイの舞台にも立ち続けた。

1956年、映画『八月十五夜の茶屋』の撮影で訪れていた奈良県心筋梗塞により急死する。同作の代役はポール・フォード英語版が務めた。因みにフォードは同原作の舞台化作品(1953年初演)で同じ役を演じている[4]

私生活[編集]

生涯で4回結婚し、いずれも離婚している[5]。また相手は全て女優である。

  • イルカ・チェイス英語版(1926年)
  • ジュリア・ホイット(1927年 - 1932年)
  • ナタリー・シェイファー(1934年 - 1942年)
  • マリアンヌ・スチュワート(1946年 - 1955年)

主な出演作品[編集]

『アニーよ銃をとれ』(1950年)予告編より
公開年 邦題
原題
役名 備考
1921 汚点
The Blot
フィル・ウエスト
1931 盗まれた天国
Stolen Heaven
スティーヴ・ペリー
シンガポール航路
The Road to Singapore
ジョージ・マーチ
腕の男
Blonde Crazy
ダッパー・ダン・ベイカー
1932 O・Kアメリカ
Okay, America!
マイルアウェイ・ロッソ
夜毎来る女
Night After Night
ディック・ボルトン
戦慄街
Afraid to Talk
ジョン・ウェイド検事補
春なき二万年
20,000 Years in Sing Sing
ジョー・フィン
フリスコ・ジェニー
Frisco Jenny
スティーヴ・ダットン
1933 追いつめられた女
The Woman Accused
レオ・ヤング
絶対の秘密
Strictly Personal
マグルーダー
頓珍漢外交ゼネバ行
Diplomaniacs
ウィンクルレイド
我輩はカモである
Duck Soup
トレンティーノ大使
1934 巌窟王
The Count of Monte Cristo
ヴィルフォール
いとしのアデリン
Sweet Adeline
デイ
1935 アリゾニアン
The Arizonian
ジェイク・マネン 別題『建設の嵐』
ポンペイ最後の日
The Last Days of Pompeii
Prefect
1936 豪華一代娘
The Gorgeous Hussy
サンダーランド
1937 命を賭ける男
Her Husband Lies
ジョー・ソレル
ゾラの生涯
The Life of Emile Zola
Major Dort
1943 天国は待ってくれる
Heaven Can Wait
ランドルフ・ヴァン・クレーヴ
1944 情怨の谷
The Bridge of San Luis Rey
ドン・アンドレ
ダニー・ケイの新兵さん
Up in Arms
アシュリー大佐
1946 汚名
Notorious
ポール・プレスコット
1948 凱旋門
Arch of Triumph
ボリス・モロソウ
1949 赤い子馬
The Red Pony
祖父
赤きダニューブ
The Red Danube
Colonel Piniev
1950 アニーよ銃をとれ
Annie Get Your Gun
バッファロー・ビル
アスファルト・ジャングル
The Asphalt Jungle
アロンゾ・D・エメリッヒ
流血の谷
Devil's Doorway
ヴァーン・クーラン
[The Magnificent Yankee オリヴァー・ウェンデル・ホームズ
1952 結婚協奏曲
We're Not Married!
フレディ・メルローズ
ゼンダ城の虜
The Prisoner of Zenda
Col. Zapt
1953 ジュリアス・シーザー
Julius Caesar
ジュリアス・シーザー
1954 ラプソディー
Rhapsody
ニコラス・デュラン
重役室
Executive Suite
ジョージ・ナイル・カズウェル
第八ジェット戦闘機隊
Men of the Fighting Lady
ジェームズ・A・ミッチェナー
皇太子の初恋
The Student Prince
フェルディナンド国王
叛逆者
Betrayed
テン・エイク
1955 プロディガル
The Prodigal
ナリーヴ
暴力教室
Blackboard Jungle
ジム・マードック
1956 上流社会
High Society
ウィリーおじさん

参考文献[編集]