ルイス・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルイス・クラーク Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ルイス・アルフレッド「ピンキー」・クラーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
所属 Johns Hopkins Blue Jays, Baltimore (USA)
生年月日 (1901-11-23) 1901年11月23日
生誕地 アメリカ合衆国ノースカロライナ州ステイツビル
没年月日 (1977-02-24) 1977年2月24日(75歳没)
死没地 アメリカ合衆国ニューヨーク州フィッシュキル
身長 178cm
体重 70kg
自己ベスト 100m:10秒7(1924年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1924 パリ 4×100mリレー
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ルイス・クラークLouis Alfred "Pinky" Clarke1901年11月23日 - 1977年2月24日)は、アメリカ合衆国陸上競技選手である。彼は、1924年に開催されたパリオリンピック4×100メートルリレー走金メダルを獲得した。

経歴[編集]

ジョンズ・ホプキンス大学の学生だったクラークは、AAU主催のジュニア競技会220ヤード[1] 走に優勝した後、翌年のIC4A(en:IC4A)主催競技会で100ヤード[2] 走で2位、220ヤード走で3位の成績となり、NCAAの100ヤード走で優勝した実績がある。1924年2月には、100ヤード走で当時の室内世界最高にあたる9秒8を記録している。同年のIC4A主催競技会では、100ヤード走と220ヤード走の両方で3位となった。

1924年のパリオリンピックでの4×100メートルリレー走は、スタッド・オランピック・イヴ=ドゥ=マノワールを会場に15の国から代表チームが出場して7月12日(予選)、7月13日(準決勝と決勝)の日程で実施された。クラークはフランク・ハッシーアルフレッド・リコニーローレン・マーチソンとともに4×100メートルリレー走のアメリカ合衆国代表となり、第2走者を任された。アメリカ代表チームは予選、準決勝とも世界記録を更新しながら1位で勝ち進み、決勝を迎えた。決勝では、準決勝と同じ41秒0の当時の世界タイ記録で金メダル獲得を果たした[3]

1977年、ニューヨーク州フィッシュキルで死去している。

脚注[編集]

  1. ^ 201.168m。
  2. ^ 91.44m。
  3. ^ Athletics at the 1924 Paris Summer Games:Men's 4 × 100 metres Relay 2011年1月8日閲覧(英語)

関連項目[編集]