ルイス・クルーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はクルーズ第二姓(母方の)はポホルケスです。
ルイス・クルーズ
Luis Cruz
メキシコシティ・レッドデビルズ #18
L a cruz20170803.jpg
東北楽天ゴールデンイーグルス時代
メットライフドームにて(2017年)
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ソノラ州ナボホアスペイン語版
生年月日 (1984-02-10) 1984年2月10日(34歳)
身長
体重
183[1] cm
95[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2000年 アマチュア・フリーエージェントとしてボストン・レッドソックスと契約
初出場 MLB / 2008年9月2日
NPB / 2014年3月28日
最終出場 MLB / 2013年7月22日
NPB / 2017年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2006年2013年2017年

ルイス・アルフォンソ・クルーズ・ボホルケスLuis Alfonso Cruz Bojorquez1984年2月10日 - )は、メキシコ合衆国ソノラ州ナボホアスペイン語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

2013年2017年WBCメキシコ代表に選出された。

経歴[編集]

アメリカ・マイナーリーグ時代[編集]

2000年8月29日にボストン・レッドソックスとアマチュアフリーエージェントとして契約した。

2002年12月16日にシーザー・クレスポとのトレードでサンディエゴ・パドレスへ移籍した。

2006年第1回WBCメキシコ代表に選出されている。

2007年10月29日にFAとなった。

パイレーツ時代[編集]

2007年12月11日にピッツバーグ・パイレーツと契約。

2008年9月2日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー。2番・遊撃手としてスタメン起用され、4打数1安打だった。

ブルワーズ時代[編集]

2009年12月7日にウェーバーでミルウォーキー・ブルワーズへ移籍。

2011年3月28日に放出された。

レンジャーズ傘下時代[編集]

2011年3月29日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。11月2日にFAとなった。

ドジャース時代[編集]

ロサンゼルス・ドジャース時代
(2013年4月20日)

2011年11月20日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。

2012年は、正遊撃手ディー・ゴードンの負傷で、7月4日にメジャーへ昇格。ヨハン・サンタナから本塁打を放つなど打撃が好調だっため、ゴードンの復帰後も三塁手として起用された。シーズン通算では、メジャー公式戦で自己最多の78試合に出場。自己最多の296打席で、打率.297、6本塁打という好成績を残した。

2013年には、シーズン前に開催の第3回ワールドベースボール・クラシック(WBC)メキシコ代表として出場。メジャーの開幕戦をスタメンで迎えたものの、不振を極めたため、6月28日に40人枠から外れた[2]。7月2日に、DFAとなりFAとなった[3]

ヤンキース時代[編集]

2013年7月3日にニューヨーク・ヤンキースと契約を結んだ[4]。16試合に出場して打率.182だった。7月24日にを負傷しDL入りとなった[5]。8月16日にDFAとなり、19日に放出された。

ロッテ時代[編集]

2013年11月27日に、千葉ロッテマリーンズがクルーズの獲得を発表した[6]。背番号は、ドジャース時代と同じ「47」。

2014年には、オープン戦の途中まで遊撃手として出場。しかし、正三塁手の今江敏晃が負傷で欠場したことを機に、三塁手として安定した守備力を披露した[7]。レギュラーシーズンでは、5月27日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で左手首付近に死球を受けて[8]一時戦線を離脱したが、一軍公式戦で規定打席に到達。打率は.238にとどまったものの、チームトップの16本塁打・61打点を記録した。また、守備面では内野の全ポジションを経験(詳細後述)。随所で華麗なプレーを見せた一方で、全ポジション通算の失策数は、今宮健太と並んでパシフィック・リーグ最多の15に達した。

2015年には、二塁手として一軍公式戦132試合、遊撃手として2試合に出場。レギュラーシーズンでは、前半戦だけで14本の本塁打を放った。球団幹部が「二遊間が守れて打てる助っ人はなかなかいない」と評価する[9]ほどの好調を受けて、オールスターゲームには、パシフィック・リーグの監督推薦選手として初出場[10]。その一方で、レギュラーシーズンの終盤以降は、右太腿裏の肉離れや両脚の痙攣に見舞われた[11]。結局、レギュラーシーズン全体では、打率.255、16本塁打、73打点を記録。また、同リーグの二塁手部門でゴールデングラブ賞を受賞した。しかし、翌年の契約条件をめぐって折り合いが付かなかったため、球団は11月27日にクルーズの退団を発表した[12]

巨人時代[編集]

巨人時代

2015年12月11日に、読売ジャイアンツ(巨人)がクルーズと2年契約を結んだことを発表した[13]。契約期間中の推定年俸総額は4億8,000万円。背番号は、自身の希望で「11」を着用した。巨人でこの番号を背負う野手は、内野手として1978年から3シーズン在籍したジョン・シピン以来である[14]

2016年には、公式戦の開幕を一軍でスタート。しかし、4月28日の対阪神タイガース阪神甲子園球場)戦1回表の打席で、自ら放った打球によって左足首を負傷[15]したため、戦線離脱を余儀なくされた。5月13日から一軍へ復帰したものの、左足首の状態が回復しないまま、6月11日に出場選手登録を再び抹消[16]。8月9日に一軍へ戻って[17]からは、チームの方針に従わないプレーが増えたため、レギュラーシーズン終盤の10月3日に出場選手登録を外れた[18]。結局、レギュラーシーズンでは、一軍公式戦81試合に出場。打率.252、11本塁打、37打点を記録したが、チームがレギュラーシーズン2位で迎えたポストシーズンの試合には出場の機会がなかった。

2017年には、NPBのオープン戦期間中に開かれた第4回WBCの本大会に、メキシコ代表の一員として1次ラウンド・グループDの全3試合に出場した。「7番・遊撃手」として出場した2017 ワールド・ベースボール・クラシック・イタリア代表との初戦では、2点リードで迎えた9回表無死2塁の守備でゴロをファンブル。結局、チームはこの失策から逆転負けを喫した[19]ことを皮切りに、通算1勝2敗ながら失点率に関する大会規定によって1次ラウンドで敗退した[20]。クルーズ自身も、2大会連続の本大会出場を果たしながら、通算9打数2安打という成績で大会を終えた。さらに、巨人ではこの年に、新外国人にケーシー・マギーアルキメデス・カミネロなどを獲得。外国人枠との兼ね合いで、チームが外国人投手3人(スコット・マシソンマイルズ・マイコラス、カミネロ)・外国人野手1人(マギー)を登録する方針を取ったことも相まって、公式戦の開幕を二軍で迎えた。チームが7連敗中だった6月2日にカミネロと入れ替わる格好でシーズン初の出場選手登録を果たすと、一軍公式戦9試合に出場。しかし、打率.156、0本塁打、3打点と振るわず、6月12日に登録を抹消された。

楽天時代[編集]

2017年7月26日に、東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することが発表された[21]。巨人からの金銭トレードによる移籍で、背番号は「67」[22]。楽天はこの年の前半戦を首位で折り返していたが、主力野手の茂木栄五郎藤田一也カルロス・ペゲーロ岡島豪郎が、前半戦の終盤から相次いで故障で戦線を離脱。7月26日から本拠地のKoboパーク宮城で2位・ソフトバンクとの首位攻防戦を控えていたことや、NPBにおけるレギュラーシーズン中のトレード期限が7月31日に迫っていたことも背景に、かねてから一軍公式戦への出場機会を求めていたクルーズの緊急獲得に踏み切った。このような事情から、7月26日の入団発表直後には、クルーズの支配下選手登録と出場選手登録も済ませている。

7月26日の対ソフトバンク戦に「6番・遊撃手」としてスタメンで出場[23]すると、7回裏の第4打席で放った適時打によって移籍後初安打・初打点を記録[24]。正遊撃手の茂木が一軍に復帰した7月30日の対オリックス戦(京セラドーム)以降も、右肘痛の影響で守備や送球に不安の残る茂木を指名打者としてスタメンで起用するチーム方針の下で、遊撃手として出場を続けていた。しかし、8月には8試合で打率.053と精彩を欠き、茂木に遊撃守備[25]、ペゲーロに一軍復帰の目途が立った[26]ことから、8月11日付で出場選手登録を抹消[27]11月27日に来季の契約を結ばないことが球団から発表された[28]12月2日に自由契約となった[29]

メキシコリーグ時代[編集]

2018年2月、メキシカンリーグディアブロス・ロホス・デル・メヒコと契約。同チームには2005年以来の復帰となる。[30]

選手としての特徴[編集]

内野ならどこでもこなすユーティリティープレーヤー[31]。グラブ捌きに定評があり[32]、グラブトスを得意とする[33]。MLB通算5年間で三塁に92試合、遊撃で86試合、二塁で9試合、一塁、左翼で1試合に出場し[31]、三塁手としての通算UZR14.5を記録している。「守備でメジャー昇格した」と自負し、捕球から投げるまでのタイムが0.46秒[34]

NPB移籍1年目の2014年には二塁手として63試合、遊撃手として48試合、三塁手として15試合、一塁手として2試合起用されたが[35]、一塁手を除く3ポジションでUZRマイナスを記録した[36]。2015年にも二塁手として1024.1イニングに出場したが、UZRでマイナスを記録[37]。クルーズ自身は、二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞した2015年に、「遊撃や三塁の方が(守備に)自信がある」と述べている[38]

人物[編集]

クルーズの父親もメキシカンリーグの野球選手で、主に中堅手として通算打率.297、200本塁打以上を打って活躍した人物である[34]

あだ名は「コチート」[1]。コチートは小さな豚という意味で、父から譲り受けた名前だという[34]

自身の家族構成は親兄弟を除けば妻と子供が4人いる[39]。大好物はメキシコで有名なお菓子「タマリンド」[40]。このタマリンドは、メキシコではおやつといえば「タマリンド」というほど有名で、「タマリンド」とはアフリカ原産のマメ科の植物。色は茶褐色で“さや”の中に入っている暗赤色の果実がお菓子の原材料に使われる。クルーズ曰く、これらタマリンドを原料に使ったお菓子をすべてを「タマリンド」と呼んでいる[41]

2014年1月31日、千葉ロッテマリーンズ入団会見時に、マスコミから覚えた日本語はと問われ「オナカガイタイ」と回答しながらお腹をさすり、笑いを誘った。ヤンキースでチームメイトだったイチローから教わったのだという[42][43]。来日して以降、チームメイトに話しかけコミュニケーションを欠かさず取ろうとするなど、チームになじむための積極的な姿勢をみせている[40]

ルイス・メンドーサとは親友で家族ぐるみの付き合いがある[44]。ロッテ時代には、自身と同じスペイン語圏出身のチームメイト(キューバ出身のアルフレド・デスパイネドミニカ共和国出身のカルロス・ロサ)と仲が良く、千葉県内の焼き肉店へ一緒に出掛けることもあった[45]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 PIT 22 74 67 6 15 3 0 0 18 3 1 1 2 0 3 0 2 2 3 .224 .278 .269 .546
2009 27 78 70 5 15 1 0 0 16 2 0 0 0 1 6 1 1 7 1 .214 .282 .229 .511
2010 MIL 7 17 17 2 4 0 1 0 6 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .235 .235 .353 .588
2012 LAD 78 296 283 26 84 20 0 6 122 40 2 1 1 1 9 1 2 34 7 .297 .322 .431 .753
2013 45 128 118 12 15 2 0 1 20 6 0 0 2 1 5 1 2 20 3 .127 .175 .169 .344
NYY 16 59 55 6 10 1 0 0 11 5 1 0 1 0 1 0 2 13 3 .182 .224 .200 .424
'13計 61 187 173 18 25 3 0 1 31 11 1 0 3 1 6 1 4 33 6 .145 .190 .179 .369
2014 ロッテ 126 478 453 38 108 32 1 16 190 61 1 2 0 5 18 1 2 47 13 .238 .268 .419 .687
2015 133 532 501 48 128 23 1 16 201 73 0 0 0 5 24 1 2 66 7 .255 .289 .401 .691
2016 巨人 81 314 298 26 75 14 0 11 122 37 0 2 0 3 11 0 2 40 7 .252 .280 .409 .690
2017 巨人・楽天 22 70 69 4 11 3 0 0 14 5 0 0 0 1 0 0 0 7 2 .159 .157 .203 .360
MLB:5年 195 652 610 57 143 27 1 7 193 57 4 2 6 3 24 3 9 78 18 .234 .272 .316 .588
NPB:4年 366 1394 1321 116 322 72 2 43 527 176 1 4 0 14 53 2 6 160 29 .244 .273 .399 .672
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS)
















































2008 PIT - 2 6 5 0 2 1.000 - 20 32 61 1 14 .989
2009 - 5 6 11 0 1 1.000 - 17 37 48 2 9 .977
2010 MIN - - - 5 7 7 0 1 1.000
2012 LAD - 2 5 9 0 2 1.000 51 29 92 2 9 .984 24 44 58 2 12 .981
2013 1 5 0 0 1 1.000 - 28 21 49 2 6 .972 15 12 46 1 9 .983
NYY - - 13 9 29 1 0 .974 5 9 13 2 1 .917
'13計 1 5 0 0 1 1.000 - 41 30 78 3 6 .973 20 21 59 3 10 .964
2014 ロッテ 2 8 1 0 2 1.000 63 153 181 6 40 .982 15 6 25 3 2 .912 48 85 120 6 29 .972
2015 - 123 298 386 12 78 .983 - 2 0 0 0 0 .000
2016 巨人 - 72 186 236 5 58 .988 1 0 1 0 0 1.000 8 10 25 1 4 .972
2017 楽天 - 10 18 29 0 7 1.000 - 15 16 40 1 9 .982
MLB 1 5 0 0 1 1.000 9 17 25 0 5 1.000 92 59 170 5 15 .979 86 141 233 8 46 .979
NPB 2 8 1 0 2 1.000 268 655 832 23 183 .985 16 6 26 3 2 .914 73 111 185 8 42 .974

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB初記録
NPB初記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 63(2008年)
  • 36(2009年)
  • 10(2010年)
  • 47(2012年 - 2013年途中、2014年 - 2015年)
  • 61(2013年途中 - 同年終了)
  • 11(2016年 - 2017年途中)
  • 67(2017年途中 - 同年終了)

代表歴[編集]

  • [2006 ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表]
  • [2013 ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表]
  • [2017 ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表]

登場曲[編集]

  • 「Vivir Mi Vida」Marc Anthony(2014年 - 2017年)
  • 「Visionary」Farruko(2016年 - 2017年)
  • 「Mi Gente」J. Balvin, Willy William(2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “47 ルイス・クルーズ選手”. 千葉ロッテマリーンズ. (2014年1月31日). http://www.marines.co.jp/team/player/detail/47.html 
  2. ^ Dodgers get Van Slyke back, designate Cruz
  3. ^ Infielder Cruz opts for free agency instead of demotion
  4. ^ Yanks sign infielder Cruz, place Nix on disabled list
  5. ^ Yankees lose Cruz to disabled list
  6. ^ ルイス・クルーズ選手の獲得について|千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト 2013年11月27日配信
  7. ^ “【ロッテ】クルーズ、2戦連発!「開幕が待ち遠しい」”. スポーツ報知. (2014年3月21日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20140321-OHT1T00163.htm 2014年3月24日閲覧。 
  8. ^ “ロッテ・クルーズ左手死球で緊急搬送”. 日刊スポーツ. (2014年5月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140527-1308010.html 2015年11月27日閲覧。 
  9. ^ “ロッテ クルーズに来季残留要請へ「なかなかいない」”. スポーツニッポン. (2015年7月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/20/kiji/K20150720010771610.html 2015年11月28日閲覧。 
  10. ^ マツダオールスターゲーム2015 出場者(パシフィック・リーグ)日本野球機構オフィシャルサイト
  11. ^ “ロッテ痛っ!攻守で大活躍のクルーズ、7回の打席後負傷交代”. スポーツニッポン. (2015年10月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/10/kiji/K20151010011296550.html 2015年11月28日閲覧。 
  12. ^ “クルーズ選手の退団について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト. (2015年11月27日). http://www.marines.co.jp/news/detail/16507.html 2015年11月27日閲覧。 
  13. ^ “新外国人選手との契約合意について”. 読売巨人軍公式サイト. (2015年12月11日). http://www.giants.jp/G/gnews/news_3910188.html 2015年12月11日閲覧。 
  14. ^ “【巨人】クルーズ、本人の希望でシピン以来の背番「11」野手”. スポーツ報知. (2015年12月12日). http://www.hochi.co.jp/giants/20151211-OHT1T50206.html 2015年12月13日閲覧。 
  15. ^ 巨人クルーズが負傷交代 自打球が左足首周辺に直撃日刊スポーツ 2016年4月28日掲載
  16. ^ 左足首痛か…巨人クルーズ 2度目抹消 故障箇所や全治公表せずスポニチアネックス 2016年6月12日掲載
  17. ^ 巨人クルーズ1軍復帰後初打席で先制2ラン日刊スポーツ 2016年8月9日掲載
  18. ^ 巨人クルーズは反省「従うだけ」二軍残留練習に合流日刊スポーツ 2016年10月5日掲載
  19. ^ メキシコ、巨人の名手クルーズが9回痛恨エラー 4点差大逆転サヨナラ負けFullCount 2017年3月10日掲載
  20. ^ メキシコ大喜びのち敗退決定…勝ってプレーオフ進出のはずが失点率で解釈違い産経ニュース 2017年3月14日掲載
  21. ^ 巨人・クルーズ、楽天に移籍…金銭トレード読売新聞 2017年7月26日掲載
  22. ^ 【楽天】緊急トレード!巨人・クルーズを金銭で獲得スポーツ報知 2017年7月26日掲載
  23. ^ 楽天クルーズ獲得、即出場「チームの力になりたい」日刊スポーツ 2017年7月26日掲載
  24. ^ 楽天 移籍のクルーズ即活躍!首位攻防戦先勝!則本10勝一番乗りスポーツニッポン 2017年7月26日掲載
  25. ^ 楽天・茂木、復帰後初の守備「七回まで守れたのは前進」サンケイスポーツ 2017年8月11日掲載
  26. ^ 楽天ペゲーロが一軍合流「できるだけ早く戻りたい」日刊スポーツ 2017年8月9日掲載
  27. ^ 【セ・パ公示速報】楽天がクルーズ抹消ほかスポーツ報知 2017年8月11日掲載
  28. ^ 外国人選手の退団に関して.東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト.(2017-11-27掲載)
  29. ^ 自由契約選手 | 2017年度公示”. 日本野球機構 (2017年12月2日). 2017年12月6日閲覧。
  30. ^ Regresa Luis Cruz a Diablos Rojos, quadratin.com[1]
  31. ^ a b “ロッテ ヤンキース万能内野手獲得 Aロッド&ジーターの代役務める”. スポーツニッポン. (2013年11月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/27/kiji/K20131127007090980.html 2014年3月24日閲覧。 
  32. ^ “本当に「守備のベストナイン」? データから振りかえる、2015年ゴールデングラブ賞【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】”. ベースボールチャンネル. (2015年11月18日). http://www.baseballchannel.jp/npb/12632/ 2015年11月26日閲覧。 
  33. ^ “ロッテ・クルーズ「両足つってしまった」負傷交代 ”. 日刊スポーツ. (2015年10月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1551020.html 2015年11月26日閲覧。 
  34. ^ a b c “ロッテ新助っ人クルーズはジーター仕込み”. 日刊スポーツ. (2014年2月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140204-1252889.html 2015年11月26日閲覧。 
  35. ^ 2014年度 千葉ロッテマリーンズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2015年11月26日閲覧。
  36. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁、神事努、市川博久、大南淳 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート4』 水曜社、2015年、147頁。ISBN 978-4-88065-357-0。
  37. ^ 『数字で斬る! 2015年プロ野球 パ・リーグ編』 ベースボール・マガジン社、2015年、66頁。
  38. ^ “ロッテ・クルーズ 国内他球団へ移籍示唆「日本でプレーしたい」”. スポーツニッポン. (2015年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/19/kiji/K20151019011347790.html 2015年11月28日閲覧。 
  39. ^ “初アーチのロッテ・クルーズ、日本語で「がんばります!」”. サンケイスポーツ. (2014年3月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140320/mar14032004520001-n1.html 2014年3月24日閲覧。 
  40. ^ a b “【乾坤一筆】ロッテ新助っ人・クルーズに注目”. サンケイスポーツ. (2014年4月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140416/npb14041611300004-n1.html 2014年4月16日閲覧。 
  41. ^ “【選手の相棒】ロッテ・クルーズ「おやつといえばタマリンド」”. サンケイスポーツ. (2014年2月21日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140221/mar14022105010000-n1.html 2014年4月16日閲覧。 
  42. ^ “ロッテ:新外国人クルーズ「イチローに日本語教わった」”. 毎日新聞(毎日.jp). (2014年1月31日). http://mainichi.jp/sports/news/20140201k0000m050120000c.html 2014年3月24日閲覧。 
  43. ^ “ロッテ新外国人、イチロー直伝の日本語”. デイリースポーツ. (2014年1月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/01/31/0006676429.shtml 2014年3月24日閲覧。 
  44. ^ “【ロッテ】クルーズ、親友メンドーサ狙い打ち!打点リーグトップ”. スポーツ報知. (2015年4月14日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150414-OHT1T50176.html 2015年4月15日閲覧。 
  45. ^ "キューバの至宝"ロッテ・デスパイネ 解雇DeNA・グリエルとの「差」とは zakzak (2015年4月15日) 2015年6月21日閲覧

関連項目[編集]