ルイス・ヒメネス (1982年生の内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヒメネス第二姓(母方の)はカマカーロです。
ルイス・ヒメネス
Luis Jiménez
オアハカ・ウォーリアーズ
Luis Antonio Jiménez on November 7, 2015.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ララ州バルキシメト
生年月日 (1982-05-07) 1982年5月7日(37歳)
身長
体重
194 cm
120 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手左翼手
プロ入り 1999年
初出場 NPB / 2009年4月3日
MLB / 2012年9月4日
KBO / 2014年4月10日
最終出場 NPB / 2009年6月8日
KBO / 2014年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
プレミア12 2015年

ルイス・アントニオ・ヒメネス・カマカーロLuis Antonio Jiménez Camacaro, 1982年5月7日 - )は、ベネズエラ出身のプロ野球選手内野手)。メキシカンリーグオアハカ・ウォーリアーズに所属。

経歴[編集]

マイナー時代[編集]

1999年オークランド・アスレチックスと契約。

その後、ボルチモア・オリオールズロサンゼルス・ドジャース傘下のマイナーリーグチームでプレーする。

2006年2月1日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。この年はAA級ポートランド・シードッグスでプレー。オフの12月20日にマイナー契約で再契約した。

2007年はスプリング・トレーニングに招待選手として参加する。同年はボルチモア・オリオールズ傘下のAA級ボウイ・ベイソックスでプレー。オフの11月27日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。

2008年はAA級ハリスバーグ・セネターズでプレー。マイナーリーグ通算100本塁打を記録した。シーズン終了後にFAとなった。

日本ハム時代[編集]

2009年日本プロ野球(NPB)の北海道日本ハムファイターズの春季キャンプにテスト生として参加し、2月16日に契約を結んだ。シーズン開幕から一軍登録され、4月3日の東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦に「6番・一塁手」でスタメン出場した。その後は主に相手チームの先発投手が右投手の際に、一塁手として試合に出場した。しかし、5月以降は2割を下回る程の打撃不振に陥り6月9日に打撃不振のため登録抹消された。そして7月27日に戦力外通告を受けた。8月3日に自由契約公示されシーズン中途で退団した。最終成績は39試合で打率.231、5本塁打、14打点だった。チーム統轄本部長の島田利正は戦力外の理由として、故障や成績不振に加えて練習態度などにも問題があったためとした[1]

マリナーズ時代[編集]

2011年1月7日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び[2]、AAA級タコマ・レイニアーズでプレー。

2012年は開幕からAAA級タコマでプレーし、125試合の出場で打率.312、20本塁打、OPS.911の好成績を残し、9月4日の対ボストン・レッドソックス戦(セーフコ・フィールド)でメジャーデビュー。9月7日の対オークランド・アスレチックス戦でメジャー初安打を放つ。

マリナーズ退団後[編集]

2012年12月11日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

2013年はAAA級バッファロー・バイソンズでプレーした。オフの12月11日に韓国プロ野球(KBO)のロッテ・ジャイアンツと契約した。

2014年はひざなどの故障もあり80試合の出場にとどまり、同年限りでロッテを退団した。オフは母国ベネズエラウィンターリーグでプレー。

2015年7月6日にメキシカンリーグメキシコシティ・レッドデビルズと契約。オフには、第1回WBSCプレミア12ベネズエラ代表に選出された[3]。チームが勝利したアメリカドミニカ戦ではいずれも決勝打を打ち、打率.389、1本塁打、8打点をマークした。

2017年4月2日にレッドデビルズを解雇となる。

2018年5月3日にメキシカンリーグのオアハカ・ウォーリアーズと契約。

プレースタイル・人物[編集]

巨体を生かした長打力と、巨体に似合わない全力疾走が持ち味。プロフィールの体重120kgは日本球界在籍時、最重量だった。

2009年シーズン開幕前、札幌テレビ放送の『どさんこワイド180』にターメル・スレッジと共演した際、出された寿司に苦手のワサビが入っており悶絶。愛嬌のあるキャラクターとして認知されるようになった。

ダボダボのズボンや気温の低い試合での大袈裟なネックウォーマー、デーゲームでの大きなサングラスカイロを手で持ちながら守備に就くなどの姿が話題になった。 毎日のようにマクドナルドに行き、てりやきマックバーガーをよく食べる。ついたあだ名は「マックの怪人」。

北海道日本ハムファイターズの主催する東京ドームの試合中に、エキサイトシートの子供に対しボールを投げてプレゼントしようとしたところ、スーツを着た会社員風男性が横取りをしたのを見て猛烈に怒り、ボールを取り損ねた子供に対し「NEXT!」(次な!)と言って実際に次のイニングの際にボールを持ってその子供に手渡し、観客から拍手を浴びた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 日本ハム 39 127 121 13 28 5 0 5 48 14 0 0 0 0 5 0 1 35 4 .231 .268 .397 .664
2012 SEA 7 18 17 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .059 .111 .059 .170
NPB:1年 39 127 121 13 28 5 0 5 48 14 0 0 0 0 5 0 1 35 4 .231 .268 .397 .664
MLB:1年 7 18 17 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .059 .111 .059 .170
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB
MLB

背番号[編集]

  • 14 (2009年)
  • 39 (2012年)
  • 53 (2014年)
  • 45 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハム、ヒメネスに戦力外通告”. 日刊スポーツ (2009年7月28日). 2009年7月30日閲覧。
  2. ^ Luis Jimenez signs a Minor League deal with the Mariners PRO Rumors[リンク切れ]
  3. ^ Venezuela reveals Final Roster for #Premier12[リンク切れ] Mister Baseball (英語) (2015年10月14日) 2015年10月25日閲覧

関連項目[編集]