ルイス・マルティネス (捕手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイス・マルティネス
Luis Martinez
Luis Martinez on August 18, 2012.jpg
レンジャーズ時代 (2012年8月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 (1985-04-03) 1985年4月3日(32歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2007年 ドラフト12巡目(全体387位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 2011年7月15日 サンフランシスコ・ジャイアンツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア
WBC 2013年2017年

ルイス・M・マルティネスLuis M. Martinez1985年4月3日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手(捕手)。現在はフリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2005年MLBドラフト11巡目(全体329位)でニューヨーク・メッツから指名された[1]が、契約を結ばなかった。

パドレス時代[編集]

2007年MLBドラフト12巡目(全体387位)でサンディエゴ・パドレスに指名され[1]、6月14日に契約。A-級ユージーン・エメラルズで21試合に出場し、打率.278・1本塁打・11打点・20安打を記録した[1]。7月にA級フォートウェイン・ウィザーズへ昇格し、24試合の出場で、打率.231・1本塁打・6打点・18安打を記録した[1]

2008年はA級フォートウェインで94試合に出場し、打率.223・3本塁打・19打点・68安打を記録[1]

2009年はA+級レイクエルシノア・ストームで開幕を迎え、45試合に出場。打率.290を記録し、6月にAAA級ポートランド・ビーバーズへ昇格。昇格1試合目のラスベガス・フィフティワンズ戦は2安打を記録したものの、その後は結果を残せず、11試合で打率.171と落ち込み、7月19日にA+級レイクエルシノアへ降格した。降格後は25試合で打率.353を記録した。

2010年はAA級サンアントニオ・ミッションズで106試合に出場し、打率.282・2本塁打・31打点・101安打を記録した[1]

2011年7月15日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で代打として出場し、メジャーデビューを果たした[2]。この年は、メジャーで22試合に出場し、打率.203・1本塁打・10打点・12安打を記録した[3]。AAA級エル・パソ・チワワズでは58試合に出場し、打率.323・1本塁打・28打点・64安打を記録した[1]

レンジャーズ時代[編集]

2011年11月21日ライアン・ケリーとのトレードテキサス・レンジャーズへ移籍した[4]

2012年はAAA級ラウンドロック・エクスプレスで開幕を迎え、65試合に出場し、打率.270・2本塁打・22打点・58安打を記録した[1]8月11日マイク・ナポリ故障者リスト入りに伴いメジャーに昇格した[5]。この年はメジャーで10試合に出場し、打率.111だった[3]。オフの11月には、第3回WBC予選のコロンビア代表に選出された[6]。大会終了後の12月26日DFAとなった。

オリオールズ傘下時代[編集]

2013年1月4日にウェーバーでボルチモア・オリオールズへ移籍したが、2月5日にDFAとなり、2月8日にAAA級ノーフォーク・タイズと契約した。開幕をAA級ボウイ・ベイソックスで迎え、12試合に出場すると、打率.349、5打点を記録し、4月28日にAAA級ノーフォークへ昇格。昇格から2試合連続安打を記録したものの、出場はその2試合にとどまり、5月5日にAA級ボウイへ降格。降格後は48試合に出場し、打率.233と結果を残せず、オフの11月4日にFAとなった。

エンゼルス傘下時代[編集]

2013年11月20日ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとマイナー契約を結んだ。

2014年はAAA級ソルトレイク・ビーズで53試合に出場し、打率.262、4本塁打、22打点を記録したが、8月2日に放出された。

アスレチックス傘下時代[編集]

2014年8月2日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ。AAA級サクラメント・リバーキャッツで14試合に出場し、打率.150だった。

レッドソックス傘下時代[編集]

2015年1月23日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。開幕をAA級ポートランド・シードッグスで迎え、50試合に出場。打率.226、1本塁打、18打点の成績で、6月28日にAAA級ポータケット・レッドソックスへ昇格した。しかし、14試合で打率.125と結果を残せず、7月31日にAA級ポートランドへ降格。AA級で15試合に出場後、9月1日に再びAAA級へ昇格した。オフの11月7日にFAとなった。

レッドソックス退団後[編集]

2016年3月11日に第4回WBC予選のコロンビア代表に選出されたことが発表され[7]、2大会連続2度目の選出を果たした。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 29 (2011年)
  • 15 (2012年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Baseball Reference (Minors)
  2. ^ Giants 6, Padres 1 MLB.com (2011年7月15日) 2015年1月30日閲覧
  3. ^ a b MLB
  4. ^ Padres acquire RHP Ryan Kelly from Texas Rangers in exchange for C Luis Martinez MLB.com Press Release (2011年12月21日) 2015年1月30日閲覧
  5. ^ Strained left quad forces Napoli to disabled list MLB.com Todd Wills (2012年8月12日) 2015年1月30日閲覧
  6. ^ 2012 Qualifier Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。
  7. ^ Managers, rosters and game schedules announced for the Mexicali and Panama City WBC Qualifiers MLB.com Press Release (英語) (2016年3月11日) 2016年6月1日閲覧