ルイ・エドゥアール・ビューロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Édouard Bureau

ルイ・エドゥアール・ビューロー(Louis Édouard Bureau、1830年5月20日 - 1918年12月14日)は、フランス植物学者である。

ナントに生まれる。父親のルイ・マルセラン・ビューローは船主である。兄弟に動物学者 ルイ・マルセラン・ビューロー(1847-1936)や言語学者としても知られるレオン・ジャック・ビューロー(1837-1900)がいる。

1848年からナントで医学を学び始め、1856年にパリで学位を得た。1872年に国立自然史博物館アドルフ・ブロンニャールの研究室で、菌学者のエドモン・テュラーヌ(Louis René Tulasne、別名 Edmond Tulasne:1815-1885 )の後を継いだ。1874年から分類学の分野の仕事にもついた。アドリアン・ルネ・フランシェ(Adrien Franchet)とともにチベットの植物の研究を行った。

1875年にフランス昆虫学会の設立者の1人となり、何度か会長を務めた。1904年に国立医学アカデミー(l’Académie nationale de médecine)の会員に選ばれた。

アンリ・エルネスト・バイヨンの『植物学事典』("Dictionnaire de botanique")やオーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールの編集した植物カタログ、『プロドロムス』("Prodromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilis")やマルティウス(Carl Friedrich Philipp von Martius)の『ブラジルの植物』("Flora brasiliensis")などに執筆や協力を行った。

ツツジ属(Rhododendron)の種、Rhododendron bureavii献名されている。

著作の一部[編集]

  • Monographie des Bignoniacées, …, 1864
  • Plantes nouvelles du Thibet et de la Chine occidentale, recueillies pendant le voyage de M. Bonvalot et du prince Henri d'Orléans en 1890, Adrien Franchetと共著、Paris, 1891.
  • De la famille des Loganiacées et des plantes qu'elle fournít a la médecine. 1856.
  • Notice sur les travaux scientifiques de M. É. Bureau. 1901, 1864.
  • Révision du genre Catalpa. 1894.
  • Notice sur la géologie de la Loire-Inférieure… avec listes des végétaux fossiles, Nantes, E. Grimaud et fils, 1900
  • Études des gîtes minéraux de la France, Bassin houiller de la Basse Loire. 2, Description des flores fossiles. Texte, Paris, Imprimerie nationale, 1910
  • Études des gîtes minéraux de la France, Bassin houiller de la Basse Loire. 2, Description des flores fossiles. Atlas, Paris, Imprimerie nationale, 1910

参考文献[編集]

  • Philippe Jaussaud & Édouard R. Brygoo (2004). Du Jardin au Muséum en 516 biographies. Muséum national d’histoire naturelle de Paris : 630 p. 2-85653-565-8