ルイ・クロード・カデ・ド・ガシクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイ・クロード・カデ・ド・ガシクール
生誕 (1731-07-24) 1731年7月24日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没 1799年10月17日(1799-10-17)(68歳)
Flag of France (1794-1815).svg フランス共和国、パリ
居住 フランス
国籍 フランス
研究分野 化学者
研究機関 Hotel Royal des Invalides in Paris
出身校 コレージュ・デ・キャトル・ナシオン
主な業績 初めての有機金属の合成
プロジェクト:人物伝

ルイ・クロード・カデ・ド・ガシクール(Louis Claude Cadet de Gassicourt, 1731年7月24日 - 1799年10月17日)は、初めて有機金属を合成したフランス化学者である。

彼は、酢酸カリウム三酸化二ヒ素の反応により赤色の液体を得た。この液体は「カデの発煙液体」として知られ、カコジル酸化カコジルの2つの構造を含む。

カデは、パリ大学の附属校にあたるコレージュ・デ・キャトル・ナシオンで学び、パリのオテル・デ・ザンヴァリッドの薬剤師となった。

1771年にルイ15世の愛だったマリー・テレーズ・フランソワーズ・ボワスルと結婚したが、この時点で彼女にはルイ15世との間に2歳の息子がいた。この息子はカデの養子となり、シャルル・ルイ・カデと名付けられた。

出典[編集]