ルイ・ド・ロレーヌ (1641-1718)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ルイ・ド・ロレーヌ
Louis de Lorraine
アルマニャック伯
Louis of Lorraine, Count of Armagnac (1641-1718) by Alexandre Debacq (Versailles).jpg
アルマニャック伯ルイ、アレクサンドル・ドバック(Alexandre Debacq)画

出生 (1641-12-07) 1641年12月7日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 (1718-06-13) 1718年6月13日(76歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、パリ[1]
埋葬  
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ロワイヨモン修道院英語版
配偶者 カトリーヌ・ド・ヌフヴィル
子女 一覧参照
父親 アルクール伯アンリ
母親 マルグリット・フィリップ・デュ・カンブ
テンプレートを表示
乗馬中のアルマニャック伯爵夫人カトリーヌ、ジョゼフ・パロセル(Joseph Parrocel)画

ルイ・ド・ロレーヌLouis de Lorraine, comte d'Armagnac, 1641年12月7日 - 1718年6月13日)は、ブルボン朝時代のフランスの宮廷貴族、廷臣。アルマニャック伯。

生涯[編集]

アルクール伯アンリとその妻のマルグリット・フィリップ・デュ・カンブの間の長男として生まれた。父の死後、その王室厩舎長の職を引き継いだ。1660年、ヴィルロワ公ニコラ・ド・ヌフヴィルの娘カトリーヌ・ド・ヌフヴィルと結婚し、間に14人の子女をもうけた。死後、息子の1人が修道院長を務めるパリ南郊のロワイヨモン修道院英語版ヴァル=ドワーズ県アニエール=シュル=オワーズ英語版に埋葬された。

子女[編集]

  • アンリ(1661年 - 1713年) - ブリオンヌ伯
  • マルグリット(1662年 - 1730年) - 1675年初代カダヴァル公爵ヌノ・アルヴァレス・ペレイラ・デ・メロと結婚
  • フランソワーズ(1664年生、夭折)
  • フランソワ・アルマン(1665年 - 1728年) - ロワイヨモン修道院長
  • カミーユ(1666年 - 1715年) - シャミイ伯
  • アルマンド(1668年 - 1681年)
  • イザベル(1671年生、夭折)
  • フィリップ(1673年 - 1677年)
  • マリー(1674年 - 1724年) - 1688年モナコ公アントワーヌ1世と結婚
  • ルイ・アルフォンス(1675年 - 1704年) - マラガの海戦で戦死
  • シャルロット(1678年 - 1757年)
  • アンヌ・マリー(1680年 - 1712年)
  • マルグリット(1681年生、夭折)
  • シャルル(1684年 - 1751年) - アルマニャック伯

脚注[編集]

  1. ^ van de Pas, Leo. “Louis de Lorraine, Count of Armagnac”. Genealogics .org. 2010年3月1日閲覧。
先代:
アンリ
アルマニャック伯
1666年 - 1718年
次代:
シャルル