ルイ・ファリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・クーニャ第二姓(父方の)はファリアです。
ルイ・ファリア Football pictogram.svg
名前
本名 ルイ・フェリペ・ダ・クーニャ・ファリア
Rui Filipe da Cunha Faria
ラテン文字 Rui Faria
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1975-06-14) 1975年6月14日(43歳)
出身地 バルセロス
監督歴
チーム
2001-2002 ポルトガルの旗 ウニオン・レイリア(フィットネスコーチ)
2002-2004 ポルトガルの旗 ポルト(フィットネスコーチ)
2004-2007 イングランドの旗 チェルシー(アシスタントコーチ)
2008-2010 イタリアの旗 インテル・ミラノ(アシスタントコーチ)
2010-2013 スペインの旗 レアル・マドリード(アシスタントコーチ)
2013-2015 イングランドの旗 チェルシー(アシスタントコーチ)
2016-2018 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド(アシスタントコーチ)
2019- カタールの旗 アル・ドゥハイルSC
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイ・ファリアRui Faria)ことルイ・フェリペ・ダ・クーニャ・ファリアRui Filipe da Cunha Faria1975年6月14日 - )は、ポルトガルブラガ県バルセロス出身のサッカー指導者。カタール・スターズリーグ1部のアル・ドゥハイルSC監督。

経歴[編集]

1975年バルセロスで誕生。ポルト大学ではビトール・フラデ教授から「戦術的ピリオダイゼーション理論」(PTP理論)を学ぶ(この理論は後にモウリーニョに取り入れられる)。転機となったのは1999年11月、自身の卒業論文の題材として当時、FCバルセロナのアシスタントコーチを務めていたジョゼ・モウリーニョを取材、後に師となるモウリーニョと出会う。

2001年ウニオン・レイリアの監督に就任したモウリーニョはフィットネスコーチにルイ・ファリアを抜擢、ここから師弟関係が始まり、その後もモウリーニョに付き添ってFCポルトではUEFAチャンピオンズリーグ優勝の快挙に貢献する。この頃から”モウリーニョの右腕”、”名参謀”との評価を得るようになり、2004年にモウリーニョがチェルシーFCの監督に就任した時も必要不可欠な存在としてファリアの入閣を強く求めたことを明かしている。

その後も17年間に渡ってモウリーニョの腹心としてインテルレアル・マドリード、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを歴任、対戦相手の分析から選手のコンディション管理、トレーニングの統括まで担当し、モウリーニョに唯一、直言出来る存在として影の立役者とまで評される。しかし家庭の事情を理由にマンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチを務めていた2017-2018シーズンをもって退任、モウリーニョも惜しみながらもファリアの独立を応援するコメントを残した。その後、腹心であったファリア不在を懸念されたモウリーニョは選手との対立の末に2018年12月に解任され、ファリアの存在の大きさを指摘する声が挙がった[1]

休養を経た2019年1月19日、キャリア初となるカタール・スターズリーグアル・ドゥハイルSCの監督に就任することが発表された[2]

指導者時代[編集]

脚注[編集]

関連人物[編集]