ルイ・フレスティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルイ・フレスティエ(Louis Fourestier, 1892年[1]3月31日 - 1976年9月30日)は、フランス出身のオーケストラ指揮者作曲家

モンペリエの生まれ。 生地の音楽院でチェロを学び、パリ音楽院でアンドレ・ジェダルジュアレクサンドル・ギルマン、クサヴィエ・ルルー、ポール・デュカスヴァンサン・ダンディらに師事。 1924年に発表した《パトリア》でロッシーニ賞を獲得し、さらに1925年に発表した《アドニスの死》でローマ大賞を受賞した。また、1927年に書いた交響詩《ポリニケス》はウジェル賞を得た。1927年からオペラ=コミック座のチェロ奏者として働いていたが、1928年にはパリ交響楽団の指揮者陣に加わり、マルセイユやボルドーでも指揮活動を行った。1938年からパリ・オペラ座の首席指揮者を務め、1946年から翌年にかけてニューヨークのメトロポリタン歌劇場の指揮者を務めた。

1946年から1963年までパリ音楽院で指揮法を教え、教え子にはピエール=ミシェル・ル・コントルイ・ド・フロマンダニエル・シャブルンロジェ・ブトリーらがいる。 1963年からはニースで指揮法の夏期講習を開いていた。

ブローニュ=ビヤンクールで死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]