ルイ・ブレゲー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリンピック
セーリング
1924 パリ 8メートル級

ルイ・シャルル・ブレゲーLouis Charles Breguet1880年1月2日 - 1955年5月4日)はフランスの航空技術者、企業家。セーリング選手。

ジャイロプレーン 1号機
パリ工芸博物館蔵)

人物と業績[編集]

時計師アブラアム=ルイ・ブレゲの末裔。即ち家業はブレゲ時計店である。

兄のジャック・ブレゲーとリシャ博士(Charles Robert Richet )と共同製作した「ジャイロプレーン1号機」(Gyroplane No.I )は、40hpのアントワネット・エンジンと4つの複葉回転翼を持つ回転翼機で、1907年9月19日に地上60cmまで浮揚したが、操縦性不十分で4人の助手が機体の四隅で支える必要があったため、正式な飛行とは認められなかった。

1909年から固定翼機の試作に着手し、1911年ブレゲー航空機を設立、第一次世界大戦ではブレゲー 14偵察機等を量産し、業界大手に成長した。戦後製作した高速複座戦闘機ブレゲー 19は輸出にも成功し各国で用いられた。

1919年には、フランス航空郵便社(Compagnie Des Messageries Avienne エール・フランスの母体の一つ)を設立した。

1924年パリオリンピックにセーリングで出場し、8メートル級で銅メダルを獲得している。