ルイーゼロッテ・エンダーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ルイーゼロッテ・エンダーレ
誕生 (1908-01-19) 1908年1月19日
ザクセン王国の旗 ザクセン王国ライプツィヒ
死没 (1991-11-03) 1991年11月3日(83歳没)
ドイツの旗 ドイツ連邦共和国バイエルン州ミュンヘン
職業 ジャーナリスト著作家
ジャンル 伝記脚本
代表作 『Kästner: Eine Bildbiographie』
『Erich Kästner』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ルイーゼロッテ・エンダーレ(Luiselotte Enderle、1908年1月19日 - 1991年11月3日)は、エーリッヒ・ケストナーのパートナー及び伝記作家として知られるドイツジャーナリスト。1958年の映画『Das Wirtshaus im Spessart(英語版『The Spessart Inn』)の脚本を書いた。

来歴[編集]

1927年、ライプツィヒの出版社オットー・ベイヤードイツ語版のジャーナリストとして、エーリッヒ・ケストナーに会った。1935年、2人はベルリンで再会し、親しい関係になった。1944年にケストナーのアパートが爆撃された時、エンダーレとともに転居した。

エンダーレはウーファで脚本家として働き、1945年にベルリンから逃亡した。ケストナーが脚本を担当した映画『Das verlorene Gesicht』に携わっているという口実で、彼らは60人のチームで戦乱の首都を離れ、チロル州ツィラータール英語版マイヤーホーフェン英語版に避難した。彼らはカメラに空のフィルムカセットを装着して偽装した。

1945年、エンダーレとケストナーはミュンヘンのノイエ・ツァイトゥング英語版の編集者として働いた。

ケストナーは彼女と40年近く暮らしていたが、1度も結婚したことはなく、ケストナーの息子トーマスの母親でもなかった。

彼女のケストナーの伝記では以下の理由で、ケストナーと息子の母親である女性(フリーデル・ジーベルト)との関係についての記述は無い。

「もちろん、女性関係についての質問もしました。エーリッヒ・ケストナーはこれについて話すことを拒否しました。推測も禁じられています。従って女性関係は公表されているものが全てです。」
ルイーゼロッテ・エンダーレ著: 『Erich Kästner』Rowohlt, 1966年

ルイーゼロッテ・エンダーレは『ふたりのロッテ』の双子のルイーゼとロッテの母親、ルイーゼロッテ・ケルナーのモデルであった。 彼女はミュンヘンボーゲンハウゼン墓地ドイツ語版にある彼女のパートナーの墓に葬られた[1]

著書[編集]

脚注[編集]