ルイーゼ・マルガレーテ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルイーズ・マーガレット
Louise Margaret of Prussia
Louise Marguerite Prussia.png
出生 (1860-07-25) 1860年7月25日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ポツダム近郊、大理石宮殿
死去 (1917-07-14) 1917年7月14日(56歳没)
イギリスの旗 イギリスクラレンス・ハウス
埋葬  
イギリスの旗 イギリスウィンザー、フラッグモア王室墓地
配偶者 コノート公アーサー
子女 マーガレット
アーサー
パトリシア
父親 プロイセン王子フリードリヒ・カール
母親 マリア・アンナ・フォン・アンハルト=デッサウ
テンプレートを表示
夫と来日した頃

ルイーゼ・マルガレーテ・フォン・プロイセン(ドイツ語: Luise Margareta von Preußen, 1860年7月25日 - 1917年7月14日)は、プロイセン王国の王族。プロイセン王子フリードリヒ・カールの四女で、イギリス王子・コノート公アーサーの妃となった。全名はドイツ語ルイーゼ・マルガレーテ・アレクサンドラ・ヴィクトリア・アグネスLuise Margarete Alexandra Viktoria Agnes)、英語ではルイーズ・マーガレット・アレグザンドラ・ヴィクトリア・アグネスLouise Margaret Alexandra Victoria Agnes)。

生涯[編集]

1860年7月25日、フリードリヒ・カールとその妃でアンハルト=デッサウ公レオポルト4世の娘であるマリア・アンナの間に第4子としてポツダム近郊の大理石宮殿で生まれた。父はプロイセン王子カールとその妃マリーの間に生まれた長男で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の甥にあたる。フリードリヒ・カールは普仏戦争に従軍した軍人であった。

1878年ポツダムでコノート公アーサーと出会い、婚約が成立する。姑のヴィクトリア女王はルイーゼ・マルガレーテの両親が不仲であることを心配した[1]が、積極的に反対する理由がないため、この結婚を認めた。

1879年3月13日ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で結婚した。結婚後20年間は、夫の赴任先について各地を転々とし、アーサーがカナダ総督を務めた間も同行していた。夫との間に1男2女をもうけた。

1917年、2年にかけて大流行したインフルエンザにルイーズも感染し、気管支炎を併発して、クラレンス・ハウスで急死した。ウィンザー・フラッグモアにあるイギリス王室の墓所に埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ 自身の夫アルバート公の両親は離婚しており、そのことがアルバート公のトラウマとなっていたため。

ウィキメディア・コモンズには、ルイーゼ・マルガレーテ・フォン・プロイセンに関するカテゴリがあります。