ルオコラハティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルオコラハティ
Ruokolahti
ルオコラハティ教会
ルオコラハティ教会
ルオコラハティの市章
町章
位置
フィンランドにおけるルオコラハティの位置の位置図
フィンランドにおけるルオコラハティの位置
座標 : 北緯61度17分30秒 東経28度49分0秒 / 北緯61.29167度 東経28.81667度 / 61.29167; 28.81667
歴史
建設 1868年
行政
 フィンランド
  Etelä-Karjala.vaakuna.svg 南カルヤラ県
  イマトラ郡
 町 ルオコラハティ
町長 アンティ・パティラ
地理
面積  
  町域 1219.90 km2 (471.01 mi2)
    陸上   943.50 km2 (364.29 mi2)
    水面   276.4 km2 (106.7 mi2)
      水面面積比率     23%
人口
人口 (2013年8月31日現在)
  町域 5578人
    人口密度   5.92人/km2(15.3人/mi2
  備考 人口フィンランド175位
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
公式ウェブサイト : ruokolahti.fi

ルオコラハティフィンランド語: Ruokolahtiスウェーデン語名:ルオコラックスRuokolax))は、フィンランド自治体南カルヤラ県イマトラ郡に属する。過去には南スオミ州に属していた。イマトララッペーンランタ、タイパルサーリ、パリッカラ、ラウトヤルヴィ、プーマラ(南サヴォ県)、スルカヴァ(南サヴォ県)、プンカハルユ(南サヴォ県)が隣接する自治体である。ロシア連邦北西連邦管区レニングラード州と国境を接している町でもある。町の面積は1219.90km2だが、その内276.4km2が水面積である[1]。総面積ではフィンランド国内で94位の面積を持つ自治体である。2013年8月31日現在の人口は5587人[2]でフィンランド国内で175位の自治体である。人口密度は、5.92人/km2。しかしながら、夏には人口は倍増する。これは、ルオコラハティは避暑地として著名で、避暑用のコテージが3000棟も建設されており、夏季休暇中に人々が滞在するためである[3]

ルオコラハティは、自然の美しい土地として特に著名である。町の西にはフィンランド最大のサイマー湖があり、東には数百の小さな湖が点在している。

冬戦争で、ソビエト赤軍から“白い死神”と呼ばれ恐れられた伝説のスナイパーシモ・ヘイヘが晩年を過ごした街でもある。

ゆかりのある著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.maanmittauslaitos.fi/sites/default/files/pinta-alat_2011_kunnannimenmukaan.xls
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月15日閲覧。
  3. ^ Hupponen, Paula (2003年12月14日). “General Information”. Discover Ruokolahti. Ruokolahti: Municipality of Ruokolahti. 2009年2月15日閲覧。 (Text from Discover Ruokolahti web site with a permission.)
  4. ^ The Sniper Log Book—World War II

ウィキメディア・コモンズには、ルオコラハティに関するカテゴリがあります。