ルクセンブルクの地方行政区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルクセンブルクのカントン
: Canton du Luxembourg
: Kantone im Luxemburg
ルクセンブルク語: Lëtzebuerger Kantonen
カテゴリー単一国家
位置ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
12(1851年以降)
区分ルクセンブルクの基礎自治体フランス語版

ルクセンブルクは12のカントンと102の基礎自治体に区分される。ただしカントンに行政機能はなく[1]、地方行政を担うのは実質的に基礎自治体のみである。2015年までは広域行政区 、カントン、基礎自治体の3層構造であった。

カントン[編集]

カントン

カントンフランス語: Cantonドイツ語: Kantoneルクセンブルク語: Kantonen)は、ルクセンブルクの第一級行政区画である。ただし行政機能はなく、カントン独自の政府・議会・裁判所などは存在しない。現在は主に選挙区や司法区、統計などの行政上の区分として使用されている。2015年以降ISO 3166-2:LUが割り当てられているが[2]欧州連合(EU)が定める地域統計分類単位には使用されていない[3]

カントンはフランス支配下、フランス革命期の1789年12月22日に設置された。1795年8月31日の布告では37郡あった。その後も変更が行われ現在と同じ形となったのは、広域行政区が設置されたのと同じ1843年2月24日で、当時は11郡であった。1851年4月4日にヴィアンデン郡が設置され、現在に至る。

カントンにはなどといった訳語が当てられているが、ここでは郡に統一する。日本語名称はルクセンブルク政府広報局のものを参考にした[4]

# 名称 フランス語 ドイツ語 ルクセンブルク語 中心地 人口[5]
(2019)
面積[6]
(km2)
自治体数
1 カペレン郡フランス語版 Capellen Capellen Kapellen カペレンフランス語版 49,066 199.2 9
2 クレルヴォー郡フランス語版 Clervaux Clerf Klierf クレルヴォーフランス語版 18,436 342.2 5
3 ディーキルヒ郡フランス語版 Diekirch Diekirch Dikrech ディーキルヒフランス語版 33,216 204.5 10
4 エヒタナハ郡フランス語版 Echternach Echternach Iechternach エヒタナハ 18,944 185.5 7
5 エシュ=シュル=アルゼット郡フランス語版 Esch-sur-Alzette Esch an der Alzette Esch-Uelzecht エシュ=シュル=アルゼット 180,275 242.8 14
6 グレーヴェンマハ郡フランス語版 Grevenmacher Grevenmacher Gréiwemaacher グレーヴェンマハ 30,361 211.4 8
7 ルクセンブルク郡フランス語版 Luxembourg Luxemburg Lëtzebuerg ルクセンブルク市 186,533 238.5 11
8 メルシュ郡フランス語版 Mersch Mersch Miersch メルシュフランス語版 32,725 223.9 10
9 ルダンジュ郡フランス語版 Redange Redingen Réiden ルダンジュフランス語版 19,096 267.5 10
10 レーミッヒ郡フランス語版 Remich Remich Réimech レーミッヒフランス語版 22,806 127.9 8
11 ヴィアンデン郡フランス語版 Vianden Vianden Veianen ヴィアンデンフランス語版 5,288 54.1 3
12 ヴィルツ郡フランス語版 Wiltz Wiltz Wolz ヴィルツフランス語版 17,148 264.6 7

基礎自治体[編集]

基礎自治体

基礎自治体フランス語: commune / communes コミューンドイツ語: Gemeinde / Gemeinden ゲマインデルクセンブルク語: Gemeinde / Gemeinden(単数 / 複数形))は、ルクセンブルクの第二級行政区画で、地方行政を担う。内務省フランス語版の管轄下にある。

基礎自治体の合計は2018年時点で102。このうち12の自治体は「」(フランス語: Villeドイツ語: Städteルクセンブルク語: Stad)の称号を有しているが、ほかの自治体と行政上の違いはない(市はルクセンブルクの都市の一覧の項を参照)。

ルクセンブルク市一覧フランス語版やエシュ=シュル=アルゼット市一覧英語版には、さらに下位区分として行政区フランス語: Quartiersドイツ語: Stadtteileルクセンブルク語: Quartierën)が設置されている。

広域行政区(廃止)[編集]

広域行政区
広域行政区(1857年 - 1867年)

広域行政区フランス語: Districtsドイツ語: Distrikteルクセンブルク語: Distrikter)は、かつて存在した行政区画である。内務省と基礎自治体の中継機関であった。なお司法権は持っていなかった[7]。2015年まではISO 3166-2:LUが割り当てられていた。

1843年2月24日にディーキルヒ、グレーヴェンマハ、ルクセンブルクの3区が設置される。1857年5月30日にディーキルヒ区とルクセンブルク区から2郡が独立し、メルシュ区が新たに設置されたが、10年後の1867年5月4日に廃止され、当初の行政区画へ戻された[8]。2015年10月3日に全広域行政区は廃止され、内務省が直接自治体へ行政サービスを提供することとなった[9]

# 広域行政区名 フランス語
ドイツ語
ルクセンブルク語
首府 人口
(2012年)
面積
(km2)
所属カントン
1 ディーキルヒ広域行政区 District de Diekirch
Distrikt Diekirch
Distrikt Dikrech
ディーキルヒ 80,234 1,157.24 クレルヴォー
ディーキルヒ
ヴィアンデン
ヴィルツ
ルダンジュ 1
2 グレーヴェンマハ広域行政区 District de Grevenmacher
Distrikt Grevenmacher
Distrikt Gréiwemaacher
グレーヴェンマハ 62,818 524.78 エヒタナハ
グレーヴェンマハ
レーミッヒ
3 ルクセンブルク広域行政区 District de Luxembourg
Distrikt Luxemburg
Distrikt Lëtzebuerg
ルクセンブルク市 381,801 904.84 エシュ=シュル=アルゼット
カペレン
メルシュ 1
ルクセンブルク
2015年以前に消滅した広域行政区
4 メルシュ広域行政区フランス語版 District de Mersch
Distrikt Mersch
Distrikt Miersch
メルシュフランス語版 - (表中 1
ルダンジュ
メルシュ

そのほかの区分[編集]

選挙区[編集]

選挙区と定数

ルクセンブルクの立法府である代議院(一院制)の議員選挙に用いられる。カントンを基にして、国土を4つに分割している。

なお、欧州議会およびルクセンブルクの国民投票フランス語版は国全体を一つの選挙区と規定しているため、この選挙区は使用されない(ルクセンブルク選挙区 (欧州議会)フランス語版)。

選挙区 カントン 議席定数
    北部選挙区フランス語版 クレルヴォー、ディーキルヒ、ヴィアンデン、ヴィルツ、ルダンジュ 9
    中部選挙区フランス語版 メルシュ、ルクセンブルク 21
    南部選挙区フランス語版 カペレン、エシュ=シュル=アルゼット 23
    東部選挙区フランス語版 エヒタナハ、グレーヴェンマハ、レーミッヒ 7

司法管轄区[編集]

3つの治安判事裁判所から成る、2つの司法管轄区がある。

司法管轄区
  • ルクセンブルク司法管轄区フランス語版 - カペレン、エシュ=シュル=アルゼット、グレーヴェンマハ、ルクセンブルク、メルシュ、 レーミッヒの6カントン
  • ディーキルヒ司法管轄区フランス語版 - クレルヴォー、ディーキルヒ、エヒタナハ 、ルダンジュ、ヴィアンデン、ヴィルツの6カントン
治安判事裁判所の所在地
  • ルクセンブルク市
  • エシュ=シュル=アルゼット
  • ディーキルヒ

脚注[編集]

  1. ^ LUXEMBOURG'S TERRITORY”. luxembourg.public.lu. 2020年2月24日閲覧。 (英語)
  2. ^ Luxemburg”. 国際標準化機構 (2015年11月27日). 2020年2月24日閲覧。 (英語)
  3. ^ NATIONAL STRUCTURES”. ユーロスタット (2018年11月30日). 2020年2月24日閲覧。 (英語)
  4. ^ ルクセンブルク大公国徹底解説 (pdf)”. ルクセンブルク政府広報局. 2020年2月24日閲覧。 (日本語)
  5. ^ Population par canton et commune 1821 - 2019”. ルクセンブルク統計ポータル (2019年4月2日). 2020年2月24日閲覧。 (フランス語)
  6. ^ Subdivisions territoriales (Situation au 1er janvier 2018)”. ルクセンブルク統計ポータル (2018年2月5日). 2020年2月24日閲覧。 (フランス語)
  7. ^ Aus dem Parlament: Die Distrikte werden abgeschafft”. de:Luxemburger Wort (2015年7月7日). 2020年2月24日閲覧。 (ドイツ語)
  8. ^ Districts of Luxembourg”. Statoids.com (2015年10月20日). 2020年2月24日閲覧。 (英語)
  9. ^ Fin des commissariats de district”. RTL (2015年7月8日). 2020年2月24日閲覧。 (フランス語)

関連項目[編集]