ルクセンブルク大公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ルクセンブルク
大公
Grand-duc de Luxembourg
Groussherzog vu Lëtzebuerg
Großherzog von Luxemburg
在位
Henri of Luxembourg (2009).jpg
アンリ
2000年10月7日 (2000-10-07)より
詳細
敬称 殿下
第一順位継承者 ギヨーム大公世子
初代
成立 1815年3月15日
宮殿 Grand Ducal Palace in Luxembourg
ウェブサイト Monarchie.lu (フランス語)

ルクセンブルク大公フランス語: Grand-duc de Luxembourgルクセンブルク語: Groussherzog vu Lëtzebuergドイツ語: Großherzog von Luxemburg)は、ルクセンブルク大公国君主大公)で国家元首である。

概要[編集]

1815年の成立当初、ルクセンブルク大公国はオラニエ=ナッサウ家オランダ国王が大公を兼ねる同君連合下にあり、事実上ネーデルラント連合王国(現在のベルギーを含む)の州の一つだった。しかし、1839年にベルギーが独立した際、オランダ本土と分断された上に大公国の西半分がベルギー領(リュクサンブール州)として分割された。以後、独立国家としてのルクセンブルクの体制作りが始まった。

1890年に第3代のオランダ国王兼ルクセンブルク大公ウィレム3世(ギヨーム3世)が没した際、オランダ王位はウィルヘルミナ女王が継いだが、ルクセンブルクには女子の相続権に関する規定がなかったため、サリカ法を採るナッサウ家の家法に基づいてナッサウ=ヴァイルブルク家のアドルフオランダ総督オラニエ公ウィレム4世の玄孫、プロイセン王国に併合されたナッサウ公国の元君主)が大公に即位することとなり、オランダとの同君連合が解消された。

ところが、アドルフの息子ギヨーム4世の代になって、ナッソー=ヴェイユブール家(ナッサウ=ヴァイルブルク家)でも男子の継承者が途絶えた。結局、女子の継承を可能とする法改正が行われ、マリー=アデライードシャルロットの姉妹が相次いで大公位を継承した。シャルロットは家名をリュクサンブール家(ルクセンブルク家)と変えたが、ナッソー=ヴェイユブールの家名は現在でも用いられる。

ルクセンブルクは立憲君主制が確立されているものの、大公は儀礼的な職務のみでなく、内閣とともに行政権を執行する職能を与えられている。

憲法上の役割[編集]

ルクセンブルク憲法英語版大公の地位を以下のように規定している。

大公は国家の元首、その統合の象徴、そして国家の独立の保証人である。大公は国の憲法と法律に従って行政権を行使する[1]

安楽死を合法化する法律にアンリが裁可を拒否したことによって2008年12月に憲法(第34条)が改正された後、法律はもはや大公の正式な裁可英語版(「承認」を意味する)を必要としなくなったが[2]、最高責任者として法律を公布するという大公の職務は残っている。

報酬[編集]

大公は給与を受け取らないが、王室は年間30万金フラン(28万1千ユーロ)を大公の職務のために受け取る[3]。2017年、ルクセンブルク予算は大公の家計費のために1千10万ユーロを計上した[4]

正式な称号[編集]

大公の伝統的な尊称は「神の恩寵による英語版、ルクセンブルク大公、ナッサウ公ライン宮中伯ザインケーニヒシュタインカッツェンエルンボーゲン、およびディーツ伯、ハンマーシュタイン英語版城伯マールベルク英語版ヴィースバーデンイトシュタイン英語版メレンベルク英語版リンブルク英語版、およびエップシュタインの領主」である。しかしながら、多くの称号はサリカ相続の厳格な規定にかかわらず保持されており、ルクセンブルク大公とナッサウ公を除いては、そのほとんどが全く使用されていないことに注意しなければならない。

歴代大公[編集]

ナッソー=ヴェイユブール家の大公はフランス語名で呼ぶのが通例となっているが、ギヨーム4世のみは、オランダ王を兼ねたウィレム1世から3世にならってオランダ語名で呼ぶ場合もある。ここでは全員についてフランス語名で記した上で、オランダ語名を括弧内に併記しておく。

オランジュ=ナッソー家 [編集]

肖像 名前・生没年 在位年 続柄・備考 配偶者
Willem I in kroningsmantel crop.jpg
ギヨーム1世
(ウィレム1世)

1772年 - 1843年
1815年 - 1840年 オランダ国王。オラニエ公ウィレム5世の次男。 ヴィルヘルミーネ
プロイセン王女)
Koning Willem II portret.jpg
ギヨーム2世
(ウィレム2世)

1792年 - 1849年
1840年 - 1849年 オランダ国王。ギヨーム1世の長男。 アンナ
ロシア大公女
Koningwillem3.JPG
ギヨーム3世
(ウィレム3世)

1817年 - 1890年
1849年 - 1890年 オランダ国王。ギヨーム2世の長男。 ゾフィ
ヴュルテンベルク王女)
及び
エンマ
ヴァルデック侯女)

ナッソー=ヴェイユブール家/リュクサンブール家 [編集]

肖像 名前・生没年 在位年 続柄・備考 配偶者
Adolfluxembourg1817-6.jpg
アドルフ
1817年 - 1905年
1890年 - 1905年 オラニエ公ウィレム4世の玄孫(ウィレム5世の姉カロリーネの曽孫)。ナッサウ公。 エリーザベト
ロシア大公女
及び
アーデルハイト・マリー
アスカーニエン家
Guillaume IV of Luxembourg.png
ギヨーム4世
(ウィレム4世)

1852年 - 1912年
1905年 - 1912年 アドルフの長男。 マリー=アンヌ
ポルトガル王女)
Marie-Adélaïde, Grand Duchess of Luxembourg.jpg
マリー=アデライード
1894年 - 1924年
1912年 - 1919年 ギヨーム4世の長女。 -
Charlotte, Grand Duchess of Luxembourg.jpg
シャルロット
1896年 - 1985年
1919年 - 1964年 ギヨーム4世の次女。
(先代の妹)
フェリックス
ブルボン=パルマ家

パルム=リュクサンブール家 [編集]

肖像 名前・生没年 在位年 続柄・備考 配偶者
Grand Duke Jean 29.09.2006.jpg
ジャン
1921年 - 2019年
1964年 - 2000年 シャルロットの長男。 ヨゼフィーネ=シャルロッテ
ベルギー王女)
Henri of Luxembourg (2009).jpg
アンリ
1955年 -
2000年 - ジャンの長男。 マリア・テレサ

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ウィレム4世
オラニエ公
 
アンナ・ファン・ハノーファー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
プロイセン王
 
ウィルヘルミナ・ファン・プロイセン
 
ウィレム5世
オラニエ公
 
 
 
 
 
カロリーナ・ファン・オラニエ=ナッサウ
 
カール・クリスティアン
ナッサウ=ヴァイルブルク侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルヘルミナ・ファン・プロイセン
 
ギヨーム1世
(1)
オランダ王
ウィレム1世
 
パウル・フォン・ヴュルテンベルク
 
シャルロッテ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム
ナッサウ=ヴァイルブルク侯
 
ルイーゼ・イザベル・フォン・キルヒベルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナ・パウローナ
 
ギヨーム2世
(2)
オランダ王
ウィレム2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
 
ヴィルヘルム
ナッサウ公
 
ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム3世
(3)
オランダ王
ウィレム3世
 
 
 
 
ゲオルク・ヴィクトル
ヴァルデック侯
 
ヘレーネ・フォン・ナッサウ
 
ゾフィア・フォン・ナッサウ
(スウェーデン王オスカル2世妃)
 
ニコラウス・ヴィルヘルム
 
アドルフ
(4)
ナッサウ公
 
アーデルハイト・マリー・フォン・アンハルト=デッサウ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモント
 
 
ロベルト1世
パルマ公
 
マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ
 
マリー=アンヌ・ド・ポルテュガル
 
ギヨーム4世
(5)
 
ヒルダ・フォン・ナッサウ
(バーデン大公フリードリヒ2世妃)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルヘルミナ
オランダ女王
 
マリー=アデライード
(6)
 
シャルロット
(7)
 
フェリックス・ド・ブルボン=パルム
 
イルダ
 
アントニア
 
エリザベート
 
ソフィー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョゼフィーヌ=シャルロット・ド・ベルジック
 
ジャン
(8)
 
エリザベート
 
マリー=アデライード
 
マリー=ガブリエル
 
シャルル
 
アリックス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー=アストリッド
 
マリア・テレサ・メストレ
 
アンリ
(9)
 
ジャン
 
マルガレータ
 
ギヨーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム
 
フェリックス
 
ルイ
 
アレクサンドラ
 
セバスティアン
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Constitution de Luxembourg” (フランス語). Service central de législation. 2016年4月3日閲覧。
  2. ^ “Luxembourg strips monarch of legislative role”. The Guardian (London). (2008年12月12日). https://www.theguardian.com/world/2008/dec/12/luxembourg-monarchy 2010年5月4日閲覧。 
  3. ^ http://www.monarchie.lu/fr/monarchie/finances/index.html
  4. ^ Richest royals: what Europe's royal families get from their taxpayers – Business Insider”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

関連項目[編集]