ルクソール熱気球墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルクソール熱気球墜落事故
Ultramagic N-425 balloon, registration SU-283.jpg
事故で墜落した熱気球
(後方中央の気球・2013年2月26日撮影)
日付 2013年2月26日
時間 午前6時30分 (UTC+02:00)
場所  エジプト ルクソール県ルクソール
死者 19人
負傷者 2人
テンプレートを表示
事故現場の位置
事故現場の位置
事故現場
事故現場の位置

ルクソール熱気球墜落事故(ルクソールねつききゅうついらくじこ)は、2013年2月26日(現地時間)にエジプトルクソール熱気球墜落した事故である。この熱気球には各国からの観光客が搭乗していたが、乗員・乗客21人のうち19人が死亡した。これは1989年にオーストラリアアリススプリングスで起きた熱気球同士の衝突により13人が死亡した事故(1989年アリススプリングス熱気球衝突事故英語版)を越え、熱気球事故として史上最多の死者数を出す事故となった[1]

詳細[編集]

死傷者
国籍 死亡 負傷
香港の旗 香港 9
日本の旗 日本 4
イギリスの旗 イギリス 2 1
フランスの旗 フランス 2
エジプトの旗 エジプト 1 1
ハンガリーの旗 ハンガリー 1
合計 19 2

事故はエジプトの首都カイロから南東へ車で約9時間の距離にある有名な観光地ルクソールの上空で起きた[2]。現地時間午前6時半ごろ、観光客20人と操縦士1人を乗せた熱気球が遊覧飛行を終えて、着陸するために高度5メートル前後にまで降下した段階で火災が発生した。

出火とともに気球内の空気が一気に暖められて急上昇を始めると、炎に包まれたエジプト人操縦士が最初に飛び降り(重傷)、高度10メートル付近でイギリス人2人が飛び降りた(内1人死亡、1人重傷)。気球が煙を上げながら、さらに200メートルほど上昇する間にも8人が次々と飛び降りた。その後、ゴンドラの重量が軽くなったことで、飛び降りることが出来なかった10人を乗せたまま急上昇した後、上空300メートル付近で気嚢が萎み、カンショに墜落した[3][4]

乗員乗客合わせて21人のうちの19人(観光客の日本人4人、香港人9人、イギリス人2人、フランス人2人、ハンガリー人1人、添乗員エジプト人1人)が死亡し、2人(観光客のイギリス人1人と操縦士のエジプト人1人)が怪我をした[5]。事故現場から数キロメートル離れたルクソールの市街地でも爆発音が聞こえたという[6]

調査[編集]

エジプト政府は独立の調査委員会を設置し、事故原因を調べることになった。マダウィ民間航空相は「再発防止策がとられない限り、気球の運航は再開しない」と述べた[7]

脚注[編集]

  1. ^ 観光客向け熱気球が墜落、日本人など19人死亡―過去最悪の事故 International Business Times 日本語版 2013年2月27日付記事
  2. ^ エジプトで熱気球墜落、日本人含む外国人観光客ら死亡 CNN.co.jp 2013年2月26日付 同27日閲覧
  3. ^ Tourists killed in Egypt hot air balloon crash” (英語). The National. 2019年2月6日閲覧。
  4. ^ 着陸寸前、出火で気球急上昇…邦人夫婦2組判明 2013年2月27日 YOMIURI ONLINE[リンク切れ]
  5. ^ ルクソール気球墜落:死者は19人 日本人は4人[リンク切れ] 毎日jp 2013年2月26日付 同27日閲覧 Archived 2013年5月1日, at Archive.is
  6. ^ 火に包まれ飛び降りているのを見た…熱気球事故 2013年2月27日 YOMIURI ONLINE[リンク切れ]
  7. ^ エジプト政府 調査委で事故原因究明へ[リンク切れ] NHKニュース 2013年2月27日付 Archived 2013年3月2日, at the Wayback Machine.



座標: 北緯25度41分49.0秒 東経32度38分32.0秒 / 北緯25.696944度 東経32.642222度 / 25.696944; 32.642222