ルクレシア・マルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルクレシア・マルテル
Lucrecia Martel
生年月日 (1966-12-14) 1966年12月14日(53歳)
出生地 サルタ
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
テンプレートを表示

ルクレシア・マルテル(Lucrecia Martel, 1966年12月14日 - )は、アルゼンチン映画監督脚本家

経歴[編集]

ブエノスアイレスのNational Experimentation Filmmaking Schoolで学ぶ[1]

1998年から1994年まではテレビや短編映画を制作。2001年に監督したコメディ・ドラマ『沼地という名の町』で世界的に高い評価を得た。2008年の『頭のない女』ではスール賞作品賞を受賞した。

主な作品[編集]

  • 沼地という名の町 La Ciénaga (2001)
  • La niña santa (2004)
  • 頭のない女 La mujer sin cabeza (2008)
  • サマ Zama (2017)

参照[編集]

  1. ^ Cannes Film Festival Archived 2006年11月21日, at the Wayback Machine. - bio and filmography at Cannes.