ルステラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルステラ古代ギリシア語: Λύστρα / Lystra)は小アジアの南部、南ガラテヤ地方の町でイコニオムの南西40kmにあったルカオニヤ地方の町の名前である。新約聖書使徒行伝に登場する。現在のトルコ共和国コンヤの南30キロメートル、ハトゥンサライ(Hatunsaray)という村から、北西1.5kmにある丘の遺跡がルステラであったと考えられている。ハトゥンサライの村には、ルステラに関する展示のある小さな博物館がある。

町は丘の上にあり、肥沃な平原に囲まれ、小さな2本の川が待ちの近くを流れていた。

文語訳口語訳はルステラ、新共同訳聖書はリストラとする。

新約聖書[編集]

パウロバルナバは第1回伝道旅行の際に町を訪問した。パウロが足の不自由な人を癒した時に、町の住民はパウロとバルナバをゼウスヘルメースであると言った。

第2次伝道旅行の時にもこの町を訪れて、この町の出身者であったテモテに割礼を受けさせて、同伴者にした。第3回伝道旅行の際にはエペソに行く途中で訪れた。

参考文献[編集]