ルス・マリナ・スールアガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルス・マリナ・スールアガ[1]
Luz Marina Zuluaga
プロフィール
生年月日 1938年10月31日
没年月日 2015年12月2日
没年齢 77歳(数え78)
出身地 リサラルダ県ペレイラ
死没地 マニサレス
瞳の色 ブラウン[2]
毛髪の色 ブラック[2]
公称サイズ(1958[3]時点)
身長 / 体重 168 cm / kg
スリーサイズ 90 - 60 - 90 cm
活動
ジャンル ファッション
備考 第7回ミス・ユニバース(1958)
モデル: テンプレート - カテゴリ

ルス・マリナ・スールアガ(Luz Marina Zuluaga、1938年10月31日2015年12月2日)は、コロンビアのファッションモデル。1958年、第7回ミス・ユニバース世界大会で優勝。画家のアントニオ・スールアガはいとこである。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1938年10月31日、父Francisco Zuluagaと母Margarita Zuluagaのもと、リサラルダ県ペレイラに生まれる。出生名Luz Marina Zuluaga Zuluaga[2]幼少時にカルダス県マニサレスに移り、この町で育つ。

1957年10月12日、地元のミスコンSeñorita Caldasに出場。優勝[2]

1957年、Concurso Nacional de Belleza de Colombia 1957(ミス・コロンビア1957)で準優勝[3]。ミス・コロンビアのDoris Inés Gil Santamaríaはミス・ユニバース1958の前に結婚したため、規定により参加資格を失う。

ミス・ユニバース[編集]

1958年7月25日、カリフォルニア州ロングビーチで開催された世界大会で優勝。コロンビア代表として初のミス・ユニバースとなる。コロンビア唯一(当時)のテレビ局と大部分のラジオ局は速報番組を流した[3]

表彰式の後、彼女はすぐに帰国できなかった。当時コロンビアでは軍事政権が成立した直後で、政情不安を考慮した主催者サイドのセキュリティ担当者が待ったをかけた。最終的に帰国した際、当時の軍事政権を含む国民各層から大歓迎を受けた。

彼女の家庭があまり裕福でないと知られると、多くのマニサレス市民はお金を寄付した。それによって彼女は家を建て替えた。

その後[編集]

1959年、彼女の記念切手が発行される。存命中の人物の肖像が切手になるのは同国の歴史上初めてである[4]

2015年マニサレスの自宅で死去。享年77[4]。友人宅で死亡とする資料[5]もある。

ミスユニバースの王冠と笏を持つ彼女の写真と、そこで授与されたトロフィーはボゴタのコロンビア国立博物館で保管されている[4]

私生活とゴシップ[編集]

1966年、耳鼻科医のEnrique Vélez結婚[5]。一人の子を設けたのち米国に移住。米国でさらに3人の子を設ける[6]

1991年、娘のAndreaはミス・コロンビアに出場。5人のファイナリストに残れなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Luz Marina Zuluaga(Q2231039)”. Wikidata (2018年11月2日). 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Armando Silva (1998年8月2日). “LUZ MARINA ZULUAGA”. EL TIEMPO 
  3. ^ a b c Cortesía Todelar. “LUZ MARINA ZULUAGA (Reina)”. Colombia.com. 2018年12月11日閲覧。
  4. ^ a b c First Colombian Miss Universe Luz Marina Zuluaga dies suddenly at age 77”. FOX NEWS LATINO (2015年12月2日). 2016年2月22日閲覧。
  5. ^ a b María del Mar Velásquez et Fernando Umaña Mejía (2015年12月2日). “Luz Marina Zuluaga, la Miss Universo de la eterna sonrisa”. EL TIEMPO 
  6. ^ Luz Marina, nuestra primera Miss Universo”. elCOLOMBIANO (2015年1月26日). 2018年12月11日閲覧。