ルチアーノ・ミーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif ルチアーノ・ミーロ
Luciano Milo
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: イタリアの旗 イタリア
生年月日: (1980-04-29) 1980年4月29日(37歳)
出生地: ラツィオ州ローマ
身長: 174 cm
元パートナー: フェデリカ・ファイエラ
グロリア・アゴリアーティ
元コーチ: パオラ・メッツァドリ
元振付師: リュドミラ・ウラソワ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
1998 セントジョン アイスダンス
1999 ザグレブ アイスダンス
ジュニアグランプリファイナル
1997 ローザンヌ アイスダンス
1998 デトロイト アイスダンス

ルチアーノ・ミーロ(Luciano Milo、1980年4月29日 - )は、イタリアローマ出身の男子フィギュアスケートアイスダンス選手。1998年、1999年世界ジュニア選手権2位。パートナーはフェデリカ・ファイエラグロリア・アゴリアーティ

経歴[編集]

ローマに生まれ、6歳のころにスケートをはじめた。やがてフェデリカ・ファイエラとカップルを結成し、1996-1997年シーズンの世界ジュニア選手権に初出場し7位となる。翌1997-1998年シーズンには創設されたばかりのISUジュニアグランプリに参戦し、JGPファイナルで優勝。初代アイスダンスチャンピオンとなった。また世界ジュニア選手権でも2位となる。1998-1999年シーズン、再びISUジュニアグランプリに出場。2連覇を目指したJGPファイナルでは2位、世界ジュニア選手権でも再び2位に終わった。

1999-2000年シーズンからシニアクラスに完全転向し、フィンランディア杯で2位。ISUグランプリシリーズにも出場を果たしネイションズ杯では5位となった。また、イタリア選手権で2位となり、2000年欧州選手権および2000年世界選手権の代表に選出された。しかし、2000年欧州選手権では11位に終わり、2000年世界選手権ではオリジナルダンスを終えて途中棄権。このシーズンをもってフェデリカ・ファイエラとのカップルを解消し、新たにグロリア・アゴリアーティとカップルを結成した。

2000-2001年シーズン、グロリア・アゴリアーティと臨んだエリック・ボンパール杯およびネイションズ杯であったが、ともに10位と奮わず、2001年欧州選手権は15位、2001年世界選手権21位に終わった。このシーズンをもってカップルは解散した。

主な戦績[編集]

大会/年 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01
世界選手権 棄権 21
欧州選手権 11 15
イタリア選手権 2 J 1 J 1 J 2 3
GPエリック杯 10
GPネイションズ杯 5 10
フィンランディア杯 2
世界Jr.選手権 7 2 2
JGPファイナル 1 2
JGPメキシコ杯 1
JGPブラオエン・シュベルター杯 2 2
JGPソフィア杯 1
  • J = ジュニアクラス