ルテニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ルテニア英語: Ruthenia)とは、東ヨーロッパの複数国家にまたがる地域を指す言葉。ルシン語を話すルテニア人の居住地として知られる。

解説[編集]

「ルテニア」は、現在のウクライナ西部とポーランド南東部にまたがる地域を指すが、広い意味ではウクライナ[1]あるいはウクライナとベラルーシを合わせた地域を指す[1][2]。ルテニアとは「赤ロシア」の意味を持つ[1]

「ルテニア」の名称は、元素ルテニウム の名前の由来となった[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「ルテニア【Ruthenia】」『世界大百科事典
  2. ^ 福嶋 (2011), p. 197.
  3. ^ イラスト周期表「ルテニウム」”. 愛知教育大学 科学・ものづくり教育推進センター. 2016年1月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • ルテニア【Ruthenia】”. 世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2014年6月21日閲覧。
  • 福嶋千穂「近世ポーランド・リトアニア共和国におけるルテニア - 教会合同問題にみる諸階層 (PDF) 」 『スラヴ研究』第58号、北海道大学スラブ研究センター、2011年、 197-227頁、 NAID 400189081392014年6月21日閲覧。

関連項目[編集]