ルディ・サーゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルディ・サーゾ
RudySarzo.jpg
基本情報
出生名 Rodolfo Maximiliano Sarzo Lavieille Grande Ruiz Payret y Chaumont
生誕 (1950-11-18) 1950年11月18日(67歳)
 キューバハバナ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ヘヴィ・メタル
担当楽器 ベース・ギター
活動期間 1978年~現在
共同作業者 クワイエット・ライオット
オジー・オズボーン
ホワイトスネイク
ディオ
公式サイト RudySarzo.com

ルディ・サーゾRudy Sarzo1950年11月18日 - )は、キューバ生まれ、アメリカ合衆国育ちのベーシストアニメーター。実弟は、ハリケーンのギタリスト、ロバート・サーゾ。

来歴[編集]

1950年にキューバハバナで生まれ、1961年にアメリカ合衆国へ移住する。最初はアコースティック・ギターを弾き始め、1967年頃からベースに転向。

1978年にクワイエット・ライオットに参加してアルバムを制作(演奏はしていない)するも、日本でのみ発売というローカルなものであった。1981年3月、親友ランディ・ローズの推薦によりオジー・オズボーンのバンドに加入し、名を広める。アルバム『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』に伴うツアーの模様は後に『トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ』として、さらにブラック・サバスの楽曲ばかりを演奏した『悪魔の囁き』として残っている。

1982年9月にバンドを脱退してクワイエット・ライオットに戻る。この時に発表したアルバム『メタル・ヘルス〜ランディ・ローズに捧ぐ〜』は600万枚を売り、ビルボード・ポップ・チャートで初登場1位を獲得した初めてのヘヴィ・メタル・バンドとなった。続く『コンディション・クリティカル』でも300万枚の大ヒットとなった。

1987年4月にトミー・アルドリッジと共にホワイトスネイクの一員となって『白蛇の紋章〜サーペンス・アルバス』のビデオとアルバムをサポートするツアーに参加、華やかなステージ・パフォーマンスは当時のロック・シーンに合致し、大きな人気を得ることになった。続く『スリップ・オブ・ザ・タング』の制作に参加し、これもマルチ・プラチナに輝く大ヒットとなる。しかしツアー後にバンドは崩壊し、グレイテスト・ヒッツ発売に伴うツアーが終了した1994年9月にホワイトスネイクは完全に解散する(のちの再結成には関与せず)。この頃、ホワイトスネイクの元メンバーやロン・ヤングと共にマニック・エデンを結成し、アルバムを1枚発表。

1997年5月にクワイエット・ライオットの再結成に参加してアルバム『アライブ・アンド・ウェル』『Guilty Pleasures』の制作、さらに2003年8月までツアーを行う。

2004年2月にはイングヴェイ・マルムスティーンのバンド、ライジング・フォースに参加し、アタック!!のアメリカ・ツアーに参加する。終了後の4月にはディオに参加してツアーで世界を回る。その後はブルー・オイスター・カルトにも参加した。2011年にはクリス・インペリテリ(インペリテリ)、スコット・トラヴィス(ジューダス・プリーストレーサーX)、マイク・ヴェセーラ(元ラウドネス)等と共にアニメタルUSAに参加しアルバムをリリース、ファンを驚かせた。同年「LOUDPARK'11」に出演している。

現在もバンドに在籍するかたわら、3Dアニメーターとしても活動している。

ディスコグラフィ[編集]

クワイエット・ライオット[編集]

オジー・オズボーン[編集]

ホワイトスネイク[編集]

ディオ[編集]

  • 情念の炎〜ホーリィ・ダイヴァー・ライヴ Holy Diver - Live (2006)

その他[編集]

  • M.A.R.S. - Project Driver
  • マニック・エデン - Manic Eden
  • Sam Kinison - Wild Thing
  • Sam Kinison - Under My Thumb
  • アリス・クーパー - Got a Line on You (Iron Eagle II Soundtrack)

著作[編集]

  • オフ・ザ・レイルズ(飯村淳子訳、バーン・コーポレーション、ISBN 978-4-401-70162-9) クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドでランディ・ローズと過ごした日々を中心とした自伝